「ブレイキングダウンは相撲ではない」安保瑠輝也が愛弟子ジョリーに負けて不満爆発の啓之輔に辛辣リプ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 19日、幕張メッセで『BreakingDown7』が開催。セミファイナルでは【安保瑠輝也の愛弟子】ジョリーvs【キング・オブ・アウトサイダー】啓之輔が行われた。

 『BreakingDown7』オーディションではジョリーから啓之輔を挑発し試合が決定。啓之輔は「安保の金魚のフン」とジョリーを罵倒し格の違いを見せつけ、ジョリーも「膝対策してきた」と必死にアピールを続けていた。

 試合が始まると啓之輔が前に出てプレッシャーをかけていき、ジョリーが下がってリングを周ると啓之輔は前蹴りで牽制。ジョリーがローを返していくと、啓之輔は首を掴んで顔面に膝を叩き込む。しかしブレイキングダウンでは1分という短さから首相撲はすぐにブレイクされる傾向にあり、その後も啓之輔は首相撲からの膝やジョリーのパンチをスカして組んで転がす場面も多く、ドローからの延長戦でも果敢にパンチを出し続けたジョリーが判定4-1で勝利した。
 この日はTHE OUTSIDER出身の高垣勇二や秀虎、元DEEP王者の横田一則も相手を待って見る場面やMMA的な動きをして判定負けになっており、ブレイキングダウン代表の朝倉未来も「総合格闘技だったら啓之輔選手の勝利かもしれないですけどここはブレイキングダウンなんで」と判定に関してコメント。


 啓之輔は試合直後も納得しておらず、SNSでも「俺の負けなの?wどこ見てねん」と不満爆発。しかしこれに安保は「啓之輔さん、悔しい気持ちはわかりますがブレイキングダウンは相撲ではないので打撃で有効打を沢山当てたジョリーに票が入るのは当然かと思います。ただ格下のジョリーとの対戦を受けてくれてありがとうございました」とリプライを送り、ジョリーに対しては「正直僕最初から言ってたんですけど、啓之輔選手よりもジョリーのほうが強いと思ってたんで、それをただまああそこまで自分で大口叩いて自分を追い込んで結果を出したことに関してはそのプロセスはほんとにすごいなと思ってます。よくやったと思ってます。皆も今日だけは褒めてげて」と優しくねぎらった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る