スターダムで外敵勢が躍進!PROMINENCE、7Upp、COSMIC ANGELS、暴れん坊GEが6人タッグリーグ決勝トーナメント進出!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 17日、東京都・後楽園ホールにて、スターダム『TRIANGLE DERBY I』が開催され、【7Upp】【COSMIC ANGELS】【暴れん坊GE】【PROMINENCE】が決勝トーナメントへ駒を進めた。

 今年1月3日に開幕したスターダムの6人タッグリーグ戦『TRIANGLE DERBY』も今大会でリーグ最終戦。3月4日の国立代々木競技場大会で両リーグの上位2チーム、計4チームによる決勝トーナメントが行われる。

 トライアングル・レッドは、【Queens Quest】林下詩美&上谷沙弥&AZM、【7Upp】高橋奈七永&優宇&水森由菜が9点、【COSMIC ANGELS】中野たむ&なつぽい&SAKIが8点で続く混戦状態。
 トライアングル・ブルーは、【暴れん坊GE】朱里&壮麗亜美&MIRAIが無敗の10点で単独首位を走り、既に決勝トーナメント進出が決定済み。現アーティスト・オブ・スターダム王者(6人タッグ王者)である【PROMINENCE】世羅りさ&鈴季すず&柊くるみが8点で追う。


 第3試合で行われた【7Upp】高橋奈七永&優宇&水森由菜vs【Lollipop】月山和香&網倉理奈&櫻井裕子の試合では、リーグ戦全敗のLollipopが意地を見せ月山の初勝利のために奮戦するも、7Uppが圧倒的な実力差で粉砕。最後は水森がトロピカル☆スマッシャーで月山を沈め、危なげなく勝利。一足先に決勝トーナメント進出を決める。

 第4試合で行われた【Queens Quest】林下詩美&上谷沙弥&AZMvs【同級生ず】葉月&コグマ&飯田沙耶の試合では、AZMとコグマのコミカルを交えたハイスピードファイトや詩美と飯田の真っ向からのパワーファイトで会場が沸き、白いベルトを強く意識する葉月が上谷を徹底マーク。終盤の上谷と葉月との一騎打ちでは上谷がやや優勢も、同級生ずが先に合体攻撃を決め、葉月が垂直落下式ブレーンバスターで上谷から直接フォール勝ち。試合後には葉月が白いベルトへの挑戦表明を行い、上谷もこれを承諾した。

 第6試合で行われた【COSMIC ANGELS】中野たむ&なつぽい&SAKIvs【暴れん坊GE】朱里&壮麗亜美&MIRAIの試合では、軽快なコンビネーションを決めていくコズエンに対して壮麗&MIRAIが武骨なファイトで真っ向から突っ込んでいき、朱里の巧みなアシストもあって優勢に。プランチャを狙うたむを壮麗が持ち上げて場外へ投げ落とすといった力技から流れをつかんだ壮麗だったが、たむのタイガー・スープレックスからコズエンのトリプルトラースキックを被弾。最後はたむが壮麗をバイオレット・スクリュー・ドライバーで突き刺して3カウント。
 これにより、トライアングル・レッドは7Upp、COSMIC ANGELSが決勝トーナメント進出となった。

 メインイベントで行われた【バリバリボンバーズ】ジュリア&桜井まい&テクラvs【PROMINENCE】世羅りさ&鈴季すず&柊くるみの試合では、6人中5人がアイスリボン出身とあってか互いの手を読み合う高度な攻防が展開。プロミネンスは常に3vs1の場面を作るよう心がけて攻め込んでいき、最初は桜井が捕まる展開となり、中盤にはジュリアが、終盤にはテクラが集中砲火を浴びる。奮戦するテクラだったが、くるみのパワースラム、世羅&すずの合体ダイビングダブルニードロップ、すずのバズソーキックからのテキーラ・ショットと連撃を食らって3カウントを聞いた。
 これにより、トライアングル・ブルーは暴れん坊GE、PROMINENCEが決勝トーナメント進出となった。

 暴れん坊GEとPROMINENCEはともに10点で同点だが、スターダム公式HPによると勝ち数の多いPROMINENCEがトーナメント1位通過へ。3月4日の国立代々木競技場・第二体育館大会ではPROMINENCEvsCOSMIC ANGELS、7Uppvs暴れん坊GEの組み合わせで決勝トーナメントが行われる予定だ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る