渡辺未詩がトリッシュ・アドラを破りIP王座V2! 芸能活動と二刀流の上原わかなは黒星デビュー

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが新春恒例のイッテンヨン(1月4日)・後楽園ホール大会『東京女子プロレス '23』を開催。インターナショナル・プリンセス(IP)王者の渡辺未詩が、米国のインディーマットで活躍するトリッシュ・アドラを破りV2に成功した。

 序盤、アドラの腕攻めに苦しんだ渡辺だが、ショルダータックル連発で攻め込んだ。アドラがジャーマン、変型羽根折り固めを繰り出すと、脱出した渡辺はジャイアントスイングでぶん回した。アドラはビッグブーツ、セントーンを見舞うも、渡辺はダブルチョップ連打で形勢逆転。レーザービームからティアドロップを決めて3カウントを奪った。

 渡辺は「初めて防衛戦で海外の選手を迎え撃って。あの体格の選手って、今まで東京女子に来た選手のなかでも、だいぶ違うので怖かったんですけど、なんとか防衛できました。3月に有明(コロシアム)があって、その後、米国が決まってる。(有明は)米国に行けるかどうかみたいな大会になると思うんで。私はインターナショナルのベルトを持った状態で。これを持ってたら絶対米国に行けると思うんで」と米国興行のメンバー入りを期していた。

 また、今大会で2人の新人選手がデビュー。タレントで先に企画された『夢プロレス‐dream on the ring -』でプロレスに挑戦し、その後もプロレス活動を継続して練習を積んだ上原わかなは、遠藤有栖とのタッグで、宮本もか&長野じゅりあの空手コンビと対戦。上原は宮本にボディスラム、スリーパー、ドロップキックを繰り出すなど奮戦したが、宮本の羅生門でギブアップ負け。上原は「これから成長した姿を見てもらいたい。ドロップキックとボディスラムができたので、そこはよかった。プロレスを始めたいと思ったきっかけが中島翔子さんの試合を見てだったので、私もいつか空中戦とかできるような選手になりたい」とコメント。

 愛野ユキとのシングル戦に臨んだHIMAWARIはエルボー連打、ドロップキック、逆片エビ固めなどを出して食い下がったが、愛野のヴィーナスDDTに沈んだ。HIMAWARIは「初めてプロレスラーとしてリングに上がれたという実感が痛みで味わうことができました。ここから東京女子の選手として、団体を盛り上げていきたい。笑っていただけて楽しませることのできる、感動も起きる試合ができるようなレスラーになっていきたい」と話した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る