『PANCRASE 330』の前日計量で全26選手が初回パス!猿飛流と鶴屋怜が年内ラストのメインイベンターでフライ級王座戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12月24日午後、都内新宿区のパンクラスにおいて、『PANCRASE 330』(12月25日、横浜武道館)の前日計量が行われた。
 メインカードに出場する26全選手が初回パスした。
 各選手のコメントは以下。

【メインカード】


▼第1試合 女子アトム級 5分3R
沙弥子(リバーサルジム横浜グランドスラム/47.5kg)
VS
ジェニー・ファン(AACC/46.55kg)

沙弥子「世界で闘ってきた選手とこのタイミングで試合をすることは、すごく貴重な経験となると思います。明日は挑戦者という気持ちを忘れずに、攻め続けて勝ちたいと思います」

ファン「素晴らしい機会を作ってくださって、パンクラスには感謝しています。強い相手なので、明日はベストを尽くして良い試合をしたいです」


▼第2試合 バンタム級 5分3R
井村 塁(Nexsense/61.4kg)
VS
佐久間 健太(パラエストラ柏/61.55kg)

井村「明日、横浜でビッグマッチを組んでいただいてありがとうございます。相手は佐久間選手ですけど、自分らしくフィニッシュしていいクリスマスを迎えます」

佐久間「久しぶりなんですけど、パンチを当てられるように頑張ります」


▼第3試合 ライト級 5分3R
岡野裕城(マッハ道場/70.5kg)
VS
粕谷優介(総合格闘技道場CROWN/70.3kg)

岡野「パンクラスデビュー戦なので頑張ります」

粕谷「また子どもたちにカッコイイところを見せます」


▼第4試合 フェザー級 5分3R
高木 凌(パラエストラ八王子/66.2kg)
VS
新居 すぐる(HI ROLLERS ENTERTAINMENT/66.1kg)

高木「明日の試合、死んでも勝ちます」

新居「試合が決まってからずっと、高木選手のことばかり考えてたんで、明日は練習してきたことを全部出して勝ちに行きたいと思います」


▼第5試合 ウェルター級 5分3R
村山暁洋(暁道場/77.5kg)
VS
長岡弘樹(DOBUITA/76.75kg)

村山「久しぶりですが、体調はかなり良いと思います。
 長岡選手は組みの強い、気持ちの強い選手で、年齢もほぼ一緒の相手なので、それに向けて、組みというか、色々やってきました。
 プライベートで変化(長女誕生)があって、頑張らなきゃいけないなという気持ちは強くなったと思いますが、格闘技に対しての気持ちはそこまで大きくは変わっていないかなと思います。
 以前、ちょっと違うんですけど横浜文体にも出させていただいて(※2014年3月、チアゴ・ジャンボ戦)、今回もこういう大きな会場に出させていただくということで、すごく気合いも入っていて、また、強い相手とやれるので、すごく楽しみです。タフな相手ですけど、ずっとやるかも知れないと思っていた相手です。一本、KOで勝てるように頑張ります。明日は勝ちます!」

長岡「オファーが来た時は、嬉しかったです。ずっとヤン坊の試合のセコンドでパンクラスに来ていたので、またパンクラスに出られることをすごく嬉しく思いましたし、村山選手というすごく強い選手とのオファーだったので、そこに対してもすごくモチベーションが高くて、やってやるぞっていう感じです。
 一緒の大会に出られるということで、一緒に作ってきたんで、明日は一緒に2人揃って勝とうと高めてきました。それを実現できるように頑張りたいなと思います。
 村山選手は、実績は自分なんかより本当にすごくて、元チャンピオンですし。自分がたどり着けなかったチャンピオンの座についた選手として憧れもありますし。
 ファイトスタイル的には自分と同じ粘り強い選手だと思いますけど、ファイトスタイルそのものは、ちょっと距離とかが違いますね。自分は近い距離で闘いたい、」村山選手は足を使って永井距離で闘いたいっていうところ。組み技も得意だと思うんですけど、組み技の種類も違いますし、お互いにやりたいことを根気強くやっていく、多分すごくタフな試合になると、明日は間違いなく酸欠だと思います。
 自分は1R目から結構行こうと思っているので、自分のペースで進めば。○○のフィニッシュ、という感じではないですけど、いつも通り前に出て、パンチを打って、組み付いて、制圧して、という感じで。でも村山選手はそれに対して対応してくると思うので、そこの凌ぎ合い、根性の張り合いで上回れれば、必然的に良い結果、フィニッシュにつながると思いますし、いい試合にもなると思います。ヤン坊みたいなハデな、カッコイイ試合はできないですけど、それが自分のファイトスタイルなので。
 村山選手とは同い年なので、ど根性オヤジファイトみたいなのを2人で見せられれば。でももちろん120%勝ちに行きます。どんな試合内容でもいいから自分は勝ちたいので。でも、そういうつもりで共に(試合を)作っていけたらと思います。
 明日は根性出して、魂を燃やして、村山選手と闘いたいなと思います。よろしくお願いします」


▼第6試合 ウェルター級 5分3R
押忍マン洸太(DESTINY JIU-JITSU/77.4kg)
VS
林 源平(和術慧舟會IGGY HANDS/77.45kg)

押忍マン「押忍マン洸太です。明日は思いっきり暴れます、押忍」

林「ぶっ飛ばします」


▼第7試合 フェザー級 5分3R
田村一聖(IJC/65.75kg)
VS
Ryo(RINGS/グランドスラム/65.35kg)

田村「明日はフィニッシュできるように頑張ります」

Ryo「田村選手とは、本当にずっとやりたかったです。明日、気持ちをしっかり込めて頑張ります」


▼第8試合 フライ級 5分3R
上田将竜(G-face/Team緒方道場/57.0kg)
VS
伊藤 盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム/56.95kg)

上田「伊藤選手、パンクラスに来てくれてありがとうございます。伊藤選手はイケメンで試合も面白くて、いつもジェラシーを感じていました。でも、こっちもパンクラスで10年間闘ってきた意地があります。さらに明日はクリスマスなので、家族も子どもも置いて闘いに来ているので、明日はポイズンな試合をしましょう」

伊藤「今回、パンクラスのデビュー戦になるんですけど、ZST、グランドスラムで育ってきた自分らしく、しっかり一本、KOで勝ちたいと思います」


▼第9試合 女子ストロー級 5分3R
KAREN(PRAVAJRA/51.85kg)
VS
ソルト(マルスジム/52.45kg)

「しっかりKO、一本で勝って、血祭りクリスマスで連勝して2022年を締めくくります」

ソルト「パンクラスに初参戦できて嬉しいです。試合を組んでいただいてありがとうございます。明日はチャンピオンのKAREN選手と試合なので、連勝を止めていこうと思っています」


▼第10試合 バンタム級暫定王座決定戦 5分5 R
TSUNE(リバーサルジム新宿Me,We/60.95kg)
VS
田嶋 椋(OOTA DOJO/61.05kg)

TSUNE「TSUNEです。明日のためにしっかり仕上げてきました。(その成果を)試合で見せます。応援お願いします」

田嶋「明日はしっかりやり切って勝ちます。応援よろしくお願いします」


▼第11試合 ライト級 5分3R
雑賀ヤン坊達也(DOBUITA/70.15kg)
VS
シュウジ ヤマウチ(YAMAUCHI TEAM/70.45kg)

雑賀「どうも、ヤン坊です。まずはシュウジ選手、ブラジルから日本までありがとうございました(お辞儀)。明日は最高の試合をして、皆さまにクリスマスプレゼントできればいいなと思っています。しっかりKOするので、よく見ていてください」

ヤマウチ「初めまして、ヤマウチ シュウジです。パンクラスに上がれることを非常に嬉しく思っています。明日、必ずいい試合をしますので、皆さん期待してください」


▼第12試合 コーメイン フェザー級 5分3R
透暉鷹(ISHITSUNA MMA/66.25kg)
VS
パン・ジェヒョク(Korean Top Team/66.15kg)

透暉鷹「初の国際戦なんですけど、ただ勝つだけじゃなくて、しっかり自分の強さを証明して勝ちたいと思います」

ジェヒョク「コンバンハ。お会いできて光栄です。明日は記憶に残る試合をしたいと思いますので、ぜひよろしくお願い致します」


▼第13試合 メインイベント フライ級キング・オブ・パンクラス チャンピオンシップ 5分5R
猿飛流(リバーサルジム川口REDIPS/56.5kg)
VS
鶴屋 怜(パラエストラ松戸/56.45kg)

猿飛流「明日はメインイベンターとして、チャンピオンとしての試合を見せます。見ていてください、絶対に盛り上げます」

鶴屋「2022年ラストのパンクラスの大会のメインイベント。しっかりKO、一本して盛り上げて、しっかりチャンピオンになります」

 パンクラスの2022年を締めくくる大会。どんなことが起こるのか、見逃せない!

(写真・文/佐佐木 澪)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る