イケメンだらけのボディコンテストで男色ディーノが大暴走!「コンテストファンがプロレスを見る最初の一歩になればいい」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 13日、神奈川県・大桟橋ホールにて『ベストボディ・ジャパンプロレス 4周年記念大会』が開催され、セクシーボディコンテスト男子部門で男色ディーノが大暴走してしまった。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、昨年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦(現:ラグジュアリー吉田)が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍している。
 さらに、当団体では今年から“コンテスト文化とプロレス文化の融合”を掲げ、本家コンテストには無い『セクシーボディコンテスト』を大会内で開催。参加者がディーバ的ポジションで試合を盛り上げるなど新たな試みを展開している。

 これまでは女子部だけのセクシーボディコンテストであったが、4周年大会となる今大会から男子部門を創設。
 大会の前半戦で行われた第1次~第2次審査では、フロントポーズ、サイドポーズ、バックポーズとベストボディ・コンテストでの規定ポーズでの審査に加え、各々が自由なポーズで自身のセクシーさをアピール。最終審査は男女ともに大会後半に行われる旨がアナウンスされた。

 メインイベントでは、BBWスーパーボディ級選手権試合として14選手参加のバトルロイヤルが開催。
 試合時間も20分を過ぎ大熱戦が展開される中、突如軽快なBGMが響き渡り女子部の最終審査“ケツバット審査”が開幕。女性の出場者がセクシーなポーズを取りながら男子レスラーたちにケツバットを叩き込むアピールをして去っていき、何事もなかったかのように試合が再開。


 その後に入場してきた男色ディーノは、見目麗しい女性たちにケツバットを受けて浮かれる男子レスラーたちを次々とリップロックで落としていき無双状態。
 そこでまたも突然軽快なBGMが響き渡り、今度は男子部門の最終審査として“いかなる困難な状況でも美しくセクシーなポーズを取り続けることが出来るか否か”を問う試験が開幕。

 美しくバキバキに鍛え上げられた肉体を持つイケメンたちがセクシーなポーズを取っている様をディーノが指をくわえて見ているわけもなく、イケメンたちがポーズを崩せないことをいいことにディーノはセクハラ三昧。出場者の腹筋の溝をなぞったり、ふんどしをめくって起こした風で涼んだり、コンテスト用タイツをずり上げてTフロントにしたりとやりたい放題。
 審査が終わるとディーノは満足したのかコーナー上で地獄門を展開して犠牲者を待つだけの姿となり、スーパーボディ級王者として臨んだチェリーを含む数々の獲物を吸い込んで失格に追い込んだ上でOTRして自らも失格。最終的には唐澤志陽が最後まで生き残り、スーパーボディ級の新王者となった。

 この『SEXY BODY JAPAN』が開催されるようになると、プロレス界よりも広大な市場を持つボディコンテスト界でもBBJが注目されるようになり、初めてプロレスを見るという新規客は回を追うごとに増加。今大会は大桟橋ホールという大会場ながら超満員を記録した。
 これについて谷口CEOは「コンテスト文化とプロレス文化は親和性が高いと思うんですけど、意外と両方見てる人って少ないんですよ。『一度見れば面白さが分かる』と言っても、触れたことのない人には最初の一歩を踏み出しにくい。SEXY BODY JAPANはコンテストファンがプロレスを見る最初の一歩になればいいと思って始めたんですが、成果は出てきているんじゃないかなと。他にもコンテストファン以外の“最初の一歩”になるような企画を考えられたらいいなと思っています」と今後の展望を語った。


(※写真左から関谷稔さん、鈴木達也さん、水沼太一さん、今井一博さん、金子元輝さん)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る