試合中に震度5強の地震が直撃!不安に満ちる会場で選手たちが取った行動に絶賛の嵐!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3月20日、新日本プロレス宮城県・ゼビオアリーナ仙台大会の試合中に震度5強の地震が発生した。

 震度5強の地震が起きた6時9分頃、リング上では飯伏幸太&棚橋弘至&オカダ・カズチカvs[BULLET CLUB]ジェイ・ホワイト&KENTA&高橋裕二郎の6人タッグマッチが行われていた。
 ジェイが棚橋を場外に投げ捨て、KENTAと裕二郎が棚橋を痛めつけている最中に緊急地震速報のアラームがあちこちから鳴り響き、地震が起きると観客から悲鳴が上がる。
 試合が中断された状態で館内の安全確認が行われ、不安が広がる客席へ棚橋がリングサイドを周りポージングなどで勇気づける。
 さらにオカダがリングに上がると棚橋もリングに上がりエアギター。客席も棚橋のエアギターに拍手をあわせ会場に笑顔が戻り始める。飯伏もリングに上がりアップを始めると、3人で横並びになり四方へ順番にポーズを決めて撮影タイムへ。

 25分ほど経ち会場の安全確認が取れると『もう一度大きな揺れがあった場合は大会を中断する』という条件のもと試合再開の告知がされる。
 控室に戻っていたBULLET CLUBが再入場するが、ジェイは地震のどさくさでいつのまにか本部席から奪っていたIWGPヘビー、IWGPインターコンチネンタル、NEVER無差別のベルトを肩にかけて“三冠王”として登場。
 NEVER王者の棚橋とIWGPニ冠王者の飯伏がジェイのベルトへクレームをつけて試合が再開し、ジェイが棚橋を返り討ちにするとKENTAが追撃。だが棚橋もドラゴンスクリューで反撃すると、オカダが裕二郎の動きを止めて飯伏がその場飛びムーンサルト。ジェイが出てきて裕二郎との連携攻撃で飯伏を攻め立てるが、棚橋とオカダの連携攻撃から飯伏がカミゴェを裕二郎に叩き込み3カウントを奪った。


 試合を終えた棚橋は「(地震で)試合中にここまで揺れたのは、初めての経験だった。来てくれたお客さんの安全が第一だから、中止もやむなしであるという状況ですが、まあこの判断がどうだったのかってのは、今日無事ね、興行が終わって、皆さんがしっかり家に帰って判断していただけたらなと。まあ僕が……やるも地獄やらないも地獄というか、苦しい判断でしたけども、本当に先をね、先手を打って言わせてもらうと、ほんとに今日、この大会を開催継続が今後、問題になってくるかもしれない。まあ、即刻中止でよかったかもしれない。もうしっかりね……難しい判断ですが、今日ほんとに無事に最後まで終わることを祈ります」とコメント。

 会場となったゼビオアリーナ仙台は災害時の一時滞在施設として仙台市から指定されている場所であり、その後2試合が行われたが無事大会は終了。地震直後は公共交通機関もストップしていたため、この対応にSNS上にも「勇気をもらった」「不安な状況で再開してくれて嬉しかった」「このメンバーがリング上に居てくれてよかった」「あの状況でベルトを火事場泥棒して試合に戻るのはすごい」と好意的な声で溢れている。

 2011年3月11日の東日本大震災以降、新日本プロレスは『KIZUNA ROAD』という題で北海道&東北地方を周り、絆とプロレスの力で被災地に希望を与え続けてきた。
 業界全体では『被災地キャラバン』やプロレスラーによるボランティア活動なども永続的に行われており、プロレスは地震に立ち向かう原動力としてこれからも闘いを続けていく。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る