遠藤哲哉&飯野雄貴が秋山準組との最後の前哨戦制し、4・7後楽園でのKO-Dタッグ王座防衛に弾み!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが3月30日、神奈川・横浜ラジアントホールで「April Fool 2024 TOUR in YOKOHAMA」を開催した。4月7日の後楽園ホールで秋山準&松永智充の挑戦を受けるKO-Dタッグ王者の遠藤哲哉&飯野雄貴が最後の前哨戦を制して、王座防衛に弾みをつけた。

 この日、遠藤&飯野は秋山、瑠希也組と激突。王者組は前回の前哨戦(3・26上野)で飯野が松永に直接ピンフォールを奪われているだけに絶対に落とせない一戦。かたや、瑠希也も4・7後楽園での若手トーナメント「D GENERATIONS CUP 2024」決勝戦(対戦相手はTo-y)を控えているだけに、簡単に負けるわけにはいかない。

 序盤には飯野が瑠希也に鉄柱攻撃も、火がついた瑠希也が奮闘して反撃。飯野が秋山にバーニング・エルボードロップを決めれば、遠藤はスワンダイブ式エルボー、ハンドスプリング式スクリューキックをさく裂。秋山も遠藤にラリアットで返していく。秋山が遠藤に投げ捨てジャーマンを放てば、瑠希也もジャーマンを決めるも飯野がカット。瑠希也は遠藤にエルボー連打、ランニング・エルボーバットを叩き込むもカウントは2。飯野が瑠希也にスピア、遠藤がブレーンバスターも秋山が阻止。遠藤は旋回式ト―チャーラックボムからバーニングスター・プレスのフルコースで瑠希也を仕留めた。

 遠藤は「最後の前哨戦、俺たちの勝ちだ。秋山準、DGC決勝進出の瑠希也から獲れたのはでかいぞ。勢いに乗った。松永、研究できたか?」と余裕の表情。飯野は「前回の試合はワン、ツーだよ。ワン、ツー、スリーじゃない。次は俺がワン、ツー、スリー獲って、バーニングが防衛してやるよ」と意気上がった。

 一方の秋山は「俺たちが獲るぞ。タッグチームのなかでは穴はないけど、ずっと見て来たタッグチームのなかでは穴があると思うし、マッちゃんも俺もベテランだから。つけ入る隙はたくさんあると思う。(松永は)急きょということだけど、俺は彼の実力、その他を信用してるから。あとは獲るだけ」と自信のほどをのぞかせていた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る