能登半島復興支援チャリティ大会を日本プロレスリング連盟が5月に日本武道館で開催!「各団体手を取り合いプロレスで被災地に元気を」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、都内某所にて日本プロレスリング連盟(UJPW)発足記念大会に関する記者会見が行われた。

 昨年末に設立が発表された日本プロレスリング連盟は、坂口征二氏が会長に就任し新日本プロレスリング株式会社が事務局となる形で新日本、STARDOM、全日本、NOAH、DDT、ガンバレ☆プロレス、東京女子、大日本、DRAGON GATEの9団体が参加。
 プロレス業界共通の課題の解決に向けて意見交換、並びに情報交換を行える場所を確保し、業界の持続的発展を図っていくという。

 今回は5月6日に日本武道館にて『ALL TOGETHER~日本プロレスリング連盟発足記念・能登半島復興支援チャリティ大会~』が開催されることが発表され、令和6年1月1日の能登半島地震で被災された方へ収益の一部を寄付することとなった。
 まず第1弾として、下記の3カードを発表。

▼6人タッグマッチ
上村優也(新日本)/KONOSUKE TAKESHITA(DDT/AEW)シュン・スカイウォーカー(DRAGON GATE)
vs
海野翔太(新日本)/清宮海斗(NOAH)/上野勇希(DDT)

▼タッグマッチ
ジェフ・コブ(新日本)/マサ北宮(NOAH)
vs
関本大介(第日本)/石井智宏(新日本)

▼6人タッグマッチ
棚橋弘至(新日本)/高木三四郎(DDT)/丸藤正道(NOAH)
vs
[HOUSE OF TORTURE]EVIL(新日本)/成田蓮(新日本)/高橋裕二郎(新日本)

 会見にはタッグを組むことになった高木三四郎CyberFight代表取締役社長、丸藤正道CyberFight取締役副社長、棚橋弘至新日本プロレスリング代表取締役社長が登場し、丸藤は「今回能登半島復興支援ということで、過去にも各団体手を取り合ってという形はあったんですけども、今回改めてプロレスの力というものを私たちでお見せできればいいなと思っております」とコメント。
 棚橋は「コロナ渦を経てプロレス界も新しいステージに入り良いイメージを持って進んでいきたいなというのがあります。僕たちはプロレスという競技を通して、会場で楽しんでもらうのはもちろんなんですけども、エネルギーを売る商売。皆さんがプロレス会場で、プロレスからエネルギーを持って帰ってもらってそれを日常で使う。そして、それが結果的に日本全国を元気にしていくというようなイメージを描いています」と思いを語る。

 高木は「プロレスの力で皆さんを盛り上げて、そして世間を楽しませていきたいなと思っております」と言いながらも、棚橋に「棚橋選手は過去にいろいろありましたけども、こうやって横一線に並ばしてもらったからには、力を合わせて悪い奴ら(HOT)を退治してやります」と、2015年にDDTに参戦した棚橋が「全団体を横一列で見てもらったら困る!」と激怒した件に触れて笑いを誘った。

 本大会は8~10試合を予定しており、スターダムがミックスドマッチになるのか提供試合になるのかは現時点では不明。第2弾大会を6月15日に札幌・北海きたえーるにて開催することも決定し、UJPWを通じて各団体が年間の興行スケジュールやコース取りの調整や情報共有を行っていくとのことだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る