【インタビュー】アレクサンダー大塚が明かす14年ぶりレジェンド王座挑戦の理由――尊敬する初代タイガーという存在とデビュー30周年の夢!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 現在52歳、来年にはデビュー30周年を迎えるアレクサンダー大塚がストロングスタイルプロレス3・21後楽園ホール大会で間下隼人が持つレジェンドチャンピオンシップに挑戦する。2008年12月に同王座を巻き、第3代王者になったことのあるアレクが狙う約14年ぶりの2度目の戴冠。「ベルトへの欲がない」と語るアレクがレジェンドチャンピオンに挑む理由はストロングスタイルプロレスの創始者、初代タイガーマスク・佐山サトルへのリスペクト。生え抜き王者・間下隼人をさらに「強くする」ため、そして何より自分が強くなるためにアレクはベルトを取る。そしてデビュー30周年を王者として迎えるという夢も明らかにした。

『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.28』
日程:2024年3月21日(木)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール

▼レジェンド選手権試合 60分1本勝負
【王者】間下隼人
vs
【挑戦者】アレクサンダー大塚(AODC)
※第17代王者は3度目の防衛戦。

――ストロングスタイル3・21後楽園ホール大会で間下隼人選手が保持するレジェンドチャンピオンシップに挑戦。ベルト戴冠となれば、第3代王者時代(2008年12月~2009年10月)以来、じつに14年ぶりになります。
「いま現在の僕のプロレスキャリアの中で持ったことがある唯一のベルトになるんですよ」

――シングル・タッグを問わず、他のベルトを巻いたことはない?
「ないですね。バトラーツ時代にリーグ戦で優勝とかはありましたけど、ベルトというものに対しての欲がなかったのもあるし、僕自身がプロレスファンではなかったというのもあったのかもしれないですけど」

――そんなアレク選手が唯一取ったのがレジェンドチャンピオンシップだと。
「やっぱり初代タイガーマスク、佐山サトルという偉大なレスラーを尊敬しているのは間違いなくありますね。その佐山さんが創設されたストロングスタイルプロレスのチャンピオンベルトということで、自分のなかで重き思いを抱くことができたんだと思います」


――2・16川崎大会で王者の間下選手から勝利し、14年ぶりのレジェンド王座挑戦を表明。カードが組まれた時点でベルト挑戦という意識があったんでしょうか?
「正直なかったです。自分はいまどこかに所属することもなく、フリーとして過ごしてきて。そのなかでストロングスタイルプロレスではレギュラー参戦させていただいて。コロナ禍の2020年には自分の25周年記念試合として船木(誠勝)さんとのシングルマッチを組んでいただきました。記念試合や記念興行がなかなか難しいコロナ禍で、入門テストをマンツーマンで見ていただいた船木さんとシングルマッチさせていただいたんですけど、初っ端の蹴りで思いもかけないケガをしてしまって。それまでそんな大きなケガなんてしたことなかったんですけど、腕を骨折して…うまく言えないんですけど、端的に言えばあの時、アレクサンダー大塚ってこんなもんかなっていう気持ちがあったんですね」

――自分自身へのもどかしさといいますか…。
「はい。そんな自分がありつつ、復帰してからはストロングスタイルプロレスに出ることもなく。ただ記事で間下君がチャンピオンになったっていうのを見て、ようやく報われたかと。泥水すすってきてたのを見てきたつもりなので、あの間下君がチャンピオンになったっていうので自分にとっても元気をもらえたし」

――今年1月15日の自主興行では間下選手とタッグを組んでいました。
「ストロングスタイルプロレスに出場する機会はなかったですけど、平井(丈雅ストロングスタイルプロレス代表)さんを通じて、大会の協力をしてもらえたらとお願いしたら快諾いただいて。1月15日の浅草大会はプロレスとは違う部分の思いがあった大会だったんですけど、対戦カードを考えた時、スーパー・タイガー選手と間下選手、どちらを自分のパートナーにするか迷ったんですよ。結果的にチャンピオンになった間下君とタッグを組んで隣で試合運びだったり、そういう部分を見たいなと。それでカードを組ませてもらったんですけど、じつは自分が勝利したら、「もしチャンスがあるならば間下くんが持ってるそのレジェンドチャンピオンシップのベルトに興味がある」みたいなことを言おうと思ってたんです。ただ、プロにあるまじきなんですが、自主興行だったのもあって感情が高ぶってしまい、開始から泣いてしまったりして、そんなことを言える状態じゃなくなってしまったんですね。それで大会が終わって、ああこれがいまの自分なんだよなと。世の中の歯車というか、ここで言えなかった自分はそういうことなんだろうなって。タイミングじゃなかったんだなって。
そしたら2月16日、しばらくストロングスタイルに出てなかったのに、川崎大会に急きょ声をかけていただいて。しかも対戦カードを見たらストロングスタイルプロレス、佐山さんの直弟子であるスーパー・タイガー選手、間下選手とタッグ対決だと」

――ここはチャンスだと?
「いえ、自主興行の時チャンスを逃したこともあって、その時は挑戦するなんて気持ちはまったくなくて、目の前の試合を一生懸命闘おうと。そしたら結果として間下選手に勝つことができた。自分もあっけにとられてしまったなかで、思わず言ってしまったっていう感じだったんです」

――なるほど。成長した王者・間下隼人と対戦して、成長や変化は感じましたか?
「感じました。体も大きくなってましたし、佇まいから違ってましたね」

――それはチャンピオンの佇まいでしょうか?
「う~ん、どうなんでしょう。これはチャンピオンに申し訳ないですけど、じつは当時、自分自身似たような思いを抱いたことがありまして。チャンピオンになった間下隼人という選手は、自分のやるべきチャンピオンであったり、佐山さんの弟子である彼が「自分がチャンピオンなんだ」というところにドンドン気づいていって(王者像を)いままさに築き上げているという感じを抱きました」

――いまなお成長途上にある王者だと?
「間下選手の根本的な性格も含めなんでしょうけど、「俺がチャンピオンだ! 誰でもこい!」みたいな感じではなく、チャンピオンになっても成長して佐山さんに「私の弟子です」と胸を張って言ってもらえるようなチャンピオンにならないとと。そういう部分も感じましたね」

――現在、初代タイガーマスク、佐山先生はメニエール病で欠場中。そこも間下選手が責任感や使命感を抱く部分につながるのでしょうか?
「(間下の強さは)そこも含めてなのかなというのは感じます。僕自身もチャレンジャーの立場ではありますけど、間下選手をより一層強く、大きくするために佐山さんからチャンスをいただいたのかなと。たぶんもう下り坂にいるアレクサンダー大塚かもしれないですけど、佐山先生の教えと思い、必ず勝ちます」

――ファンのなかには、キャリアや年齢、現在の立ち位置みたいなところを考えて、アレクサンダー大塚でベルトが取れるのか?と懐疑的な視線を向ける人もいるかもしれません。
「それはもういろんな目で見ていただいて結構です」

――それを見返す自信は?
「その答えを出すのがプロレスだと思うので」

――リングで答えを出すと?
「そうですね、はい」

――間下選手も会見で言及していましたが、1998年10・11「PRIDE4」(東京ドーム)でのマルコ・ファス戦にアレク選手は勝利。一夜にして世界を変えて見せました。今回も間下選手に勝ってベルトを巻けば「下り坂」的な見方を変えることができるのかと思います。
「ホントそうですね。それは周りにもそうだし、何より自分自身に対しても。皆さんからよく言っていただくんですけど、僕がアレクサンダー大塚で、AOというイニシャルで、そのなかで"AO"cornerという入場曲と出会って、自分は人生において死ぬまでチャレンジャーで生きていくことが大切なんだなというのを月日とともにドンドンドンドンわかってきた。だからこそ今回も力強いチャレンジャーでタイトルマッチに臨み、またチャンピオンになりたいなと思っています」

――間下選手に勝利し、ベルトを巻いたらどんなチャンピオンロードを歩みたいですか?
「そうですね…タイトルマッチ自体が1月15日でポツンと切れたのもあるのでホントいまだけを見ているのが正直なところで。ただ、インタビューでそういうふうに質問されて、ふと欲を出して考えれば、来年自分自身がデビュー30周年になるので。今回ベルトを取って、チャンピオンで30周年を迎えられたらそんなにうれしいことはないかなと思いますね」

――思いがけない欲が出てくるのもプロレスの魅力です。
「そうですね。夢を持てない人がいる世の中で、いくつになろうが夢を持つことで元気に進めるっていうところも見せたいなと思います」

――ベルトへの意欲がないと公言するアレク選手が挑戦表明し、ベルトを巻いた先のことまで考えられるのがレジェンドチャンピオンシップのベルトなんですね。
「繰り返しになってしまいますが、やっぱり尊敬する佐山さんが創設された団体のベルトだからです。それに自分が着けていた時のベルトとは(デザインが)変わって、すごくゴールドになっていて。新しいベルトも巻きたいなと思います。自分があのベルトを巻きたいし、巻いた姿を皆さんにも見てもらいたいです。
 あ! 1月15日の浅草三人祭の勝利者賞、末ッ子の餃子110人前をまだ間下選手と行けてないので、このレジェンドチャンピオンのタイトルを僕が取って! タイトル奪取の祝勝会も兼ねたいですね」


『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.28』
日程:2024年3月21日(木)
開始:18:30
会場:東京都・後楽園ホール

▼シングルマッチ 30分1本勝負
野崎渚(フリー)
vs
柊くるみ(プロミネンス)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
関根“シュレック”秀樹(ボンサイ柔術)/日高郁人(ショーンキャプチャー)
vs
澤田敦士(フリー)/政宗(フリー)

▼タッグマッチ 30分1本勝負
タイガー・クイーン/雪妃真矢(フリー)
vs
Sareee(フリー)/本間多恵(フリー)

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
スーパー・タイガー/船木誠勝(フリー)/ザ・グレート・サスケ(みちのく)
vs
ダーク・ウルフ(DarkerZ)/村上和成(フリー)/関本大介(大日本)

▼SSPW女子タッグ選手権試合 60分1本勝負
【王者組/CRYSIS】ジャガー横田(ディアナ)/藪下めぐみ(フリー)
vs
【挑戦者組/DarkerZ】ダーク・タイガー/ダーク・チーター

▼レジェンド選手権試合 60分1本勝負
【王者】間下隼人
vs
【挑戦者】アレクサンダー大塚(AODC)
※第17代王者は3度目の防衛戦。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る