尾崎魔弓の持つAAAWシングル王座への挑戦権を争うトーナメントは、桃野美桜と渡辺智子が12・10後楽園での決勝戦へ!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 24日、マーベラスの新木場大会で尾崎魔弓の持つAAAWシングル王座の次期挑戦権を争うトーナメントが開催され、出場する5名が試合前のリング上で公開抽選。1回戦は桃野美桜vsVENY、渡辺智子vsウナギ・サヤカとなり、優宇がシード枠を引き当てた。このトーナメントのルールはGAEA JAPAN発祥のハイスパート600となり、10分1本勝負で時間切れの場合は両者失格に。桃野はVENYからキックのラッシュを浴びるも、丸め込みで3カウントを奪取。以前に後楽園大会で10分時間切れとなったこともある渡辺vsウナギは、渡辺がラリアットで浴びせ倒しての勝利で決勝戦進出を決めた。

 セミファイナルの6人タッグマッチは12・10後楽園でタッグ王座を懸けて闘う『チッカタック』彩羽匠&永島千佳世と、『マゼンタ』Maria&川畑梨瑚の前哨戦に。彩羽は川畑をケンタッキーボムの体勢に捕らえると、川畑の体を空中で後方回転させながら下からのニーリフトを叩き込む初公開の新技『GO TO SUGOI』で完勝し、防衛戦に向けて弾みをつける形となった。試合を終えた彩羽&永島に対し長与千種は「そろそろアンタたちを負けさせてみたくもなる。最近タイミングが合ってきてるから、そこがアンタたちの弱点。私がマゼンタに、なんかしらやりますわ」とMaria&川畑への肩入れを約束した。

 メインイベントはトーナメントの準決勝となる桃野vs優宇。キャノンボールからベアベアーズを放った優宇はとどめのラストライドを狙って高々と担ぎ上げるも、優宇の頭上から丸め込んだ桃野が全力で押さえ込んで逆転のフォール勝ち。決勝戦のカードは桃野vs渡辺に決定し、桃野は12・10後楽園での対戦をアピール。「私がAAAW獲り返しに行かせて頂きます」と宣言した。

『Marvelousプロレス in 新木場』
日程:2023年11月24日(金)
開始:19:00
会場:東京・新木場1st RING
観衆:未発表

▼AAAWシングル王座次期挑戦者決定トーナメント1回戦~ハイスパート600~ 10分1本勝負
○桃野美桜
7分1秒 スモールパッケージホールド
●VENY(フリー)

▼同トーナメント1回戦 10分1本勝負
○渡辺智子
6分13秒 ラリアット→片エビ固め
●ウナギ・サヤカ(フリー)
※渡辺が決勝戦に進出

▼20分1本勝負
○彩羽匠/宝山愛/永島千佳世(フリー)
18分56秒 GO TO SUGOI→体固め
Maria/●川畑梨瑚/高瀬みゆき(フリー)

▼同トーナメント準決勝 10分1本勝負
○桃野美桜
6分23秒 ラストライドを切り返す→エビ固め
●優宇(EVE)
※桃野が決勝戦に進出

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る