足立区の【路上に花咲く天才喧嘩坊や】がKO勝利でBreakingDownトーナメント準決勝進出!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて『BreakingDown10』が開催。第25試合ではバンタム級トーナメント準々決勝【路上に花咲く天才喧嘩坊や】井原良太郎vs【信州の喧嘩猿】かずきんぐが行われた。

 新設されるバンタム級ベルトをかけたトーナメントが本大会より開催。
 喧嘩自慢最強決定戦の足立区代表として参加していた井原良太郎が、KO勝利を見込まれ本戦へ。
 冨澤大智との戦いを希望していたかずきんぐが、強くなったことを証明するためトーナメント参戦。ブレイキングダウン9ではこめおに勝利しているが、本トーナメント1回戦でKO寸前のギリギリの勝利。続く2回戦も手数を重ねてギリギリの戦いで本戦出場権を奪い取った。

 前日会見で井原は「正直この試合は役者不足すぎるんで、僕の通過点にしかならないです。僕が目指してるのってベルトなんで、ベルトとるにあたって一番盛り上がる試合とか相手とやりたいと思ってるんで、虎之助?お前があそこにいるエセ格闘家軍団倒して上がって、俺と決勝でやろうぜ。楽しみにしてます」とかずきんぐを無視して虎之助にアピール。
 かずきんぐは「ザ・喧嘩自慢て感じするんで、面白い試合できるかなと。僕も狙うはてっぺんですし、僕は冨澤選手に選んでもらえなかったんでこの機会にあたって自分の気持ちを全力でぶつけられればなと思っています。明日は面白い試合をしようと思ってるんでよろしくお願いします。ちょっと俺あんまこんなこと言わないんですけど、連敗中のとしぞう、なんで出てきてんだよく出てこれたなと思いますよね。もっともっと出るべき選手いるんじゃないかと僕は思います」と、井原を無視してとしぞうに苦言を呈していた。


 試合が始まると、かずきんぐがローで牽制も井原がワンツー。そのままラッシュを仕掛け、左ハイもかずきんぐがガード。
 井原はガードの死角から左フックを打ち込み、これでかずきんぐがダウン。レフェリーが試合を止め、かずきんぐは担架送りとなった。

 マイクを持った井原は「皆さん足立区から来ました井原良太郎です!えーとね、みんながね、背中押してくれて、ほんとに力になりました。ほんとありがとうございます。未来さん、運営の方々、昨日も話にあったように、バンタム級もっと盛り上げたいんで、このあと、山川くんて話さっきあったんですけど、シャッフルしてもらって、僕強い方でいいんで、やらせてもらえたらもっと盛り上がると思うんでよろしくお願いします。今日はあの、こんな大勢きてくれて本当にありがとうございました。次も僕の派手なKO見せますんで応援よろしくお願いします」と嬉しそうにアピールした。

 本来は【少林寺拳法の貴公子】山川そうきと準決勝となるが、前日会見から各選手がシャッフルを希望しているため組み合わせは未定となりそうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る