美女2人がリング上でYシャツの脱がせ合い!うら若き新女王に醜い嫉妬をぶつける10年選手の意地に場内は大歓声

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 25日、東京都・新木場1stRINGにて『Evolution新木場大会#7』が開催。Chi Chiと夏すみれという“新旧Yシャツクイーン”がシングルマッチを行った。

 今年3月にサニー、ZONES(ぞねす)、Chi Chi(ちーちー)の生え抜き選手3名とともに旗揚げしたEvolution。全日本プロレスとは資本的な繋がりはないものの業務提携はしており、諏訪魔&石川修司がプロデューサー&コーチを務めて女子選手を育成。
 今月12日にはサニーが脊柱管狭窄症を患い引退。スタッフとしてはEvolutionに関わり続けることになったが、所属選手が2人になってしまった中での大会開催となった。

 そんな中で気を吐いたのはChi Chi。
 Chi Chiは9月大会で夏すみれと3WAYマッチで対戦。その試合で確かな強さと夏ワールドに順応するエンターテイメント性の高さを評価され、翌月に行われたスターダム共催の夏すみれ10周年大会に参戦。その際には並み居る強豪を押さえてYシャツマッチで優勝しデビュー初勝利を飾った。夏は自身が持っていたYシャツクイーンの称号・コブラティアラをChi Chiに贈呈し、その将来を絶賛していた。


 この日は、Chi Chivs夏すみれのシングルマッチが実施。
 Chi Chiがコスチュームの上にYシャツとコブラティアラを装着して凱旋するとEvolutionファンは大歓声。

 夏は「先日はYシャツマッチ優勝おめでとう!デビュー初勝利ですよ皆さん!Chi ChiがYシャツマッチでデビュー初勝利を遂げるとは。まさか諏訪魔さんも石川さんも想像してなかったと思います」と慇懃無礼にChi Chiを褒め称えて握手を求めるが、Chi Chiがその手を握り返すとガットショットからタコ殴りに。
 夏は「オメーにそんなこと言うわけねーだろーが!オイ!今までもこれからも、Yシャツの女王はあたしのものなんだよ!」と醜い女の嫉妬を露わにしながらChi ChiからYシャツを剥ぎ取り自身が着用。しかし、気の強さに定評ある新女王も即座にYシャツを剥ぎ取りにかかり、「いやっ!いやーっ!」と本気で嫌がる夏からYシャツを奪還して見せる。

 しかし、夏は場外を練り歩いてお客さんから缶チューハイを1口もらったり、Chi Chiのグッズを身に着けたお客さんにしなだれかかって推し変を迫ったりと自由奔放なファイトを展開していったため、王道仕込みのChi Chiはペースを乱されてしまう。
 夏のブロンコバスターから顔面騎乗腰振りを被弾した際には「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ッ!ヴォエッ!」と声にならない悲鳴を上げたり、レフェリーが誤爆に巻き込まれて失神している間にムチでいいようにいたぶられたりと大苦戦。終盤には得意の卍固めやノーザンライト・スープレックス・ホールドを決めて見せるものの、夏は余裕を持って切り返しダブルアームDDTからシャイニング・ウィザードを叩き込んで試合を決めた。

 試合こそコミカルなものであったが、Chi Chiは今大会にひとしおの思いがあった様子。
 大会後には、「サニーが正式に引退を発表してから初めてのEvolution興行だったので、絶対勝たなきゃいけないと思ってたんですけど……ボコボコにされてしまいました。色々思うことは有るんですけど、本人が一番つらいと思うんで、私がとやかく言うことじゃないと思うんですけど、サニーの穴はサニーでしか埋められなくて、自分たちは自分たちが出来ることをやっていくしか無くて。ホントに今悔しいです、ホントに」と歯噛み。
 「他団体でも試合が少しずつ増えてきて、経験を積みたい、勝ちたい、強くなりたいっていうのはあるんですけど、一番はやっぱりEvolutionの興行を盛り上げたい。Evolutionを大きくしていきたいって思いを持って他団体に出ています。まだ一度もこのEvolutionの興行では勝つところを皆さんにお見せできてないので、引き続き練習頑張っていきたいと思います」と真剣な面持ちで語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る