「なんで誤爆受けて死んでんの!?」普段は選手として戦うレフェリーの弱さに戦うバービー人形が激怒!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、新木場1stRINGにて『#Evolution新木場大会6』が開催。Evolution初の3WAYとなったセミファイナルで“戦うバービー人形”Chi Chi(ちーちー)がレフェリーに激怒した。

 今年3月にサニー、ZONES(ぞねす)、Chi Chi(ちーちー)の生え抜き選手3名とともに旗揚げしたEvolution。全日本プロレスとは資本的な繋がりはないものの業務提携はしており、諏訪魔&石川修司がプロデューサー&コーチを務めて女子選手を育成している。
 この日の第1試合では全日本プロレス提供試合として、普段Evolutionではレフェリーを務めているブラックめんそーれが選手として参戦し、全日本プロレスのユニットEvolutionに所属する田村男児と対戦。


 そして第2試合ではChi Chivs夏すみれvs高瀬みゆきによる3WAYマッチが行われ、まっすぐにぶつかり合う高瀬とChi Chiを夏が巧みに翻弄。
 高瀬とChi Chiは夏を倒すと連続してギロチンドロップを投下し追い込んでいくが、夏はChi Chiに腰振りブロンコバスターで逆襲し、高瀬のミサイルキックをブラックめんそーれレフェリーに誤爆させるも夏へChi Chiがトラースキックを叩き込みフォール。しかしレフェリーが倒れていてカウントを叩けず、そのすきに夏が得意のムチ攻撃を高瀬とChi Chiに叩き込み、そのままChi Chiを首固めで丸め込み3カウントを奪った。

 この結果にChi Chiは「ブラめんに不服を申し立てさせていただきます。私がトラースキック一発蹴って、フォール数えて欲しかった。なんでその前のミサイルキックの誤爆受けて死んでんの!?レフェリーだけじゃなくて、今日第1試合もしてくれたけど、ブラックめんそーれ選手は選手としても活躍されてるんだから、なんであそこで受けて死んだままなんだよ!」と、ミサイルキック一発で動けなくなったブラックめんそーれに激怒。
 しかし気持ちを切り替え「自分がまだまだこう、ガーガー言ってるうちは負け犬っていうことだから。きっちり決め切る。決め切れるようにこれからも練習して、誰の有無も言わさず勝つことができるようにしたいと思います」と前を向いた。

 わずかデビュー半年とは思えない試合運びとマイクをするChi Chi。彼女の今後の成長に注目だ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

月別

ページ上部へ戻る