「ふりーWiFi」乃蒼&角田が東洋盟友との王座決定戦を制しプリンセスタッグ王座初戴冠!宮本もか&長野じゅりあの空手コンビが挑戦を熱望

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 東京女子プロレスが10月9日、東京たま未来メッセでビッグマッチ「WRESTLE PRINCESS Ⅳ」を開催した。空位となっていたプリンセスタッグ王座決定戦は「ふりーWiFi」(乃蒼ヒカリ&角田奈穂)が東洋盟友(上福ゆき&桐生真弥)を制して、涙の初戴冠を果たした。

 どちらが獲ってもタッグ王座初戴冠になるだけに、両チームともに気合入りまくりで、激しい一進一退の攻防が続いた。東洋盟友は「ふりーWiFi」を分断すると、上福が角田にリバース・フェイマサー、そして桐生と上福がビッグブーツとスパインバスターの合体技も乃蒼がカット。乃蒼がブリザード・スープレックスで上福を排除。「ふりーWiFi」は合体式の「5G」を桐生にズバリと決めた。桐生は角田にエルボーで反撃も、角田が顔面蹴りから紫電改を決めて3カウントを奪った。


 角田は「やっと獲れました。ヒカリちゃんが最後、決めにいくのは私に託してくれたと思って。それを察して。意地でもって思わせてくれて。パートナーっていいですね。まだ実感が沸いてない」、乃蒼は「奈穂さんのベルトは奈穂さんでつかんでほしかった。奈穂さんだけに責任を負わすのはイヤだったので。しんどいときもあったけど、自分が頑張れば奈穂さんも頑張ってくれるし、つらいときは助けてくれるし。タッグ戦線はいったんおしまいにしようかなと思って、シングル頑張ったけど、どこかさびしいところもあったので。こうやってベルト獲れたのはうれしい」と涙。

 この日の第3試合で、宮本もかと長野じゅりあの空手タッグがシングルでパートナー対決。激しい打撃戦の末、宮本が鴻臚館(こうろかん)で勝利。試合後、宮本が「じゅりあさんとなら、もっと上にいける。タッグベルトに挑戦したい。今日どっちが勝ったとしても」とタッグ王座挑戦を熱望し、長野も呼応。これを受け、「ふりーWiFi」の2人は「誰がこようが守るだけ」と迎撃態勢を整えていた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る