【第67回】VAPERレスラー谷嵜なおきのバトルニュースで取り扱い注意!~ダブプロレスとミックスイベントGREEDISLANDと~

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

ダブプロレスの谷嵜なおきです。

前回シレっと更新の日を忘れおりまして誠に申し訳ありません。

この間9/30に大阪の心斎橋、カルチャー発信の街アメ村にて行われたGREEDISLAND(@greedisland2010)と言うイベントに遊びに行って来ました。

知り合いのバミューダバガボンドと言うバンドでヴォーカルをしているハリーさんがバンドで参加すると言う情報をSNSでキャッチして自分のスケジュール的にまあまあタイトでしたが、久しぶりに土曜日の夜に街へ動けるタイミングだったので突撃。
バミューダバガボンドは入場曲として使わせて頂いた事もあるんですよ!

正直なところハリーさんのバンドのバミューダバガボンドを見たかったので申し訳ないですが、他の参加アーティストやイベントの全容を良く知らずに行きました。しかし、もっとそのイベントの事前情報を集めていれば更に楽しめたと到着した瞬間に激しく後悔しましたね!
他にもガガガSPのように誰もが知るバンドはもちろんの事、その他の私的初見のバンドも沢山参加しており、どれも乗れるし、なんか騒ぎたくなる。拳を突き上げたくなる格好良いバンドばかりで心が疼きっぱなしで衝動が止まらなかったです。

アメ村にあるジュールと言うライブハウスでもクラブでも使われてる場所で行われたそれは、バンド、DJ、ライブペイント、ポールダンス、TATOO、ダンスショーケース、その他、飲食等が各フロアやタイムテーブルで分けられており、数年前に自分が主催していたプロレスを軸にバンド、GOGOダンサー、ショーパブ、ニューハーフ、GOGOボーイズ、シャンパンコール等々をお酒でリンクさせたミックスイベントの大阪ミクスチャと似た雰囲気を感じました。

何より、大阪ミクスチャの時も一瞬たりとも現実へは返さないと言う裏テーマもあったので、イベント開始から終わりまで音の大小あっても音を途切れさせないように。と心がけていて、それと似た感じなのか分からないけど、バンドの準備中の確認も横でDJが音を出してる中で行われていたのが特徴的でしたね。
アルコールと音ってそれだけでアッパー系のドラッグのように掻き立てられる効果があると思ってます。
爆音の中の一瞬の静けさって結構戻っちゃいますからね。現実に。

前述のタイムテーブルの中に何かひとつでも引っかかるポイントさえあればイベント丸ごと楽しめる感じは最高でした。
ポールダンスもあったり、時には平行して同時進行もあったり、タイムテーブルの組み方も抜群でグダる事も無くオーガナイザーの脳内を具現化した最高のイベントじゃないかと感じました。

触発されてビーバップ×ダブプロレスとか大阪ミクスチャもまたやりたいなって一瞬思ったけど、あの時の労力を想像するとまだその重い腰は上がりません笑

この日は自分の色々な予定の都合で車移動だったので酒が飲めないのと折角のオールナイトイベントなのに22時頃には出ないと行けない状況だったのが悔やまれます。
とても悔やまれます。
バミューダバガボンドの時間はもちろん知ってる曲ばかりなのでゴイゴイテンション上がったし、DJブースではあまり触れる機会が無いジャンルの選曲でもテンション上がりっぱなしな空間。
2F~4Fのフロアをうろうろしてるだけでも、ライブペイントしてたり爆音の中でTATOO掘ってるとこを見たりするだけでも気分は上がります。
パッと見、お一人様参加の方も大勢いらっしゃっていたようで、ひとりで来ても間違いないイベントなんだと。
各々が各々のスタイルで楽しむ時間空間でした。

個人的なとこではhideやhide with Spread Beaverが大好きなので、そこに参加していたベースのChirolynさんもこのイベントに出演しており、鳥肌立つくらいに興奮してしまいステッカーも買って少し会話もさせて頂き
『プロレス頑張ってね。』
と声もかけて頂きました。
こう言うイベントでは演者との距離が限りなく近いとこも魅力じゃないかなと。

たまたまこのイベントに遊びに来ていた、以前大阪ミクスチャでもバンドで参加して頂いたり、バンドのライブなのにプロレスディスコフェスティバルと言うライブに呼んで貰ってそこでプロレスしたりもさせて頂きましたVODBOMBのヴォーカルのKISIさんにも遭遇して自分が半泣きで帰った後の動画も送って頂いたりもしました。
主催者の方のバンドでは
Chirolynさんもおり、ベースボールシャツを着たメンバー達がhide with Spread Beaverのカバーも数曲やっており、hide好きベースボールシャツレスラーな自分としては勝手に親近感も持ちつつ、ますます途中で帰らなければならなかったのが悔やまれます。

やはりここでシラフ状態で見ててもイベントの成り立ちも気になるし、個人での主催なのか会社なのかとか協賛とかどうなんだろうとか、スタッフ何人くらいかなとか演者のギャラとかどういう感じでお金が流れてるのかなとか等々気になる視点は沢山です。
何よりここに我々ダブプロレスをぶち込めないかとイメージしてしまいます。
この空間でダブプロレスをかませば更に場を上げられるなと、勝手に妄想してどんな取り組みにしようかリングは入るのか否かもしここで闘わばどうしてやろうかとも考えていたところ、バミューダバガボンドのハリーさんよりGREEDISLANDの代表の方を紹介して頂き是非このイベントにダブプロレスをとプレゼンしました。
するとその代表の方も今までプロレスラーの方との繋がりがなかっただけで、タイムテーブルに組み込んでみたいジャンルのひとつだと言って頂きました。
はい、ああ言うアングラ感あって、爆音とアルコールが似合うイベントに最高にマッチングするのは我々ダブプロレスしかないなと確信しておりますのでね。

次回の開催が更に楽しみになりましたね。

そして今後の予定。
個人的には他団体参戦等多数ありますが、そちらは谷嵜SNSでご確認頂くとして。
業界唯一無二の存在。
ダブプロレス今後の日程は

12月3日(日)広島マリーナホップ

1月2日(火)大阪梅田TRAD

が決定しております。

こちらも負けずに爆音とアルコールと闘いを奏でますよ!

写真はその場にちょうどいらっしゃいましたバミューダバガボンドのメンバーの皆様(タイミング的に全員集合ではありませんが)と。
ベテランのアグレッシブな雰囲気は最高に格好良かったですね!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る