【試合詳細】9・30 hotシュシュハウスショー 横山佳和&ジェーク・ブラドックvsキク&皇耀 サマスvs桐生健豊vsゆづき ミス・モンゴルvs芭奈子

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『hotシュシュ ハウスショー』
日程:2023年9月30日(土)
開始:18時00分開始
会場:レッスル武闘館
観衆:50人(満員)

▼シングルマッチ 20分1本勝負
○ミス・モンゴル(世界プロレス協会)
9分54秒 ランニング・セントーン→体固め
●芭奈子

▼3wayマッチ 30分1本勝負
○サマス
11分35秒 カナディアン・バックブリーカー
●桐生健豊
※もう1人はゆづき

▼タッグマッチ 30分1本勝負
○横山佳和(ZERO1)/ジェーク・ブラドック
11分08秒 デスバレーボム
●キク/皇耀

hotシュシュを恐怖支配する荒くれ者ユニットが勝利!「デビルズ・リジェット」の名を受ける!生え抜き同士の3WAYでサマス白星!因縁のミス・モンゴル対芭奈子戦も雪辱晴らせず!

大会前


大会前、千春代表がリングに上がり、現在、欠場中の佐藤洋平と茶色について説明。洋平はケガにより欠場中で完治次第、復帰。一方の茶色は一度、練習生に戻り、改めて再デビューを目指すことになった。

第1試合


前回の9月9日ハウスショーにおいて行われたモンゴルとゆづきのシングルマッチは、悪の軍団に寝返った横山とジェークの乱入もあり、結果的にゆづきの惨敗に終わった。
試合後、ゆづきに駆け寄った芭奈子はモンゴルに対して宣戦布告。「芭奈子をなめるな!」と絶叫した。そして実現したシングル戦。ジェーク、横山を従えて入場してきたモンゴルに、セコンドのhotシュシュ勢が猛然と抗議もまったく聞き入れず。ゴングと同時に芭奈子が「9月と言えば!モンゴルさんの誕生日!」と9月2日生まれのモンゴルの誕生日ネタでモンゴルに迫り、胸の風船の紐を引くようにリクエストするも、モンゴルはノーリアクションで芭奈子の風船を鷲掴みでちぎり取ってしまう。
怒った芭奈子がエルボーで攻撃するも蹴散らしたモンゴルはストンピング、ロープ際に追い込んでの踏みつけ、ロープを使っての目潰し攻撃とやりたい放題。芭奈子が横入り式エビ固めを仕掛けるもロープ際のためノーカウント。モンゴルがサーフボードで絞め上げ背中を踏みつける。ロープに逃れた芭奈子をボディスラムで投げカバーもカウントは2。モンゴルがキャメルクラッチ。ロープに逃れた芭奈子の腰に乗っかっての踏みつけから手の甲の踏みつけ、ストンピングを仕掛けるモンゴル。膝を衝きながらエルボーを打ち込む芭奈子だが、モンゴルは強烈な張り手1発で芭奈子を吹っ飛ばす。さらにボディスラムからセントーンを仕掛けるが、これは芭奈子がかわす。芭奈子がドロップキック2連発も当たりが浅く、カウンターの3発目でようやくモンゴルを倒しカバーもカウントは2。芭奈子が串刺しエルボーでカバーもカウント2。もう一度、モンゴルをコーナーに振った芭奈子だが、モンゴルはカウンターのボディアタックで芭奈子を吹っ飛ばす。芭奈子を場外に落とすモンゴル。待ち構えていた横山が木刀で芭奈子を絞め上げる。
hotシュシュのセコンド勢が助けに入り、ここにジェークも加わっての場外乱闘に。リング上に戻った芭奈子にモンゴルが鞭攻撃からのブレーンバスターでカバーもカウントは2。モンゴルがファイヤーマンズキャリーで抱えるが芭奈子がバックに回り込んでの丸め込みへ。カウントは2。芭奈子がドロップキックを払い落としたモンゴルが芭奈子の髪を掴んでマットに倒す。モンゴルがかぶさったところを芭奈子が首固めもカウントは2。芭奈子がロープに飛ぶが、モンゴルがカウンターのラリアット、続けてセントーンを決めカウント3を奪った。

第2試合


hotシュシュ生え抜き3選手による3WAYマッチ。3人での力比べでスタート。サマスが一気に2人を押し込もうとするが、ゆづきと桐生が協力して押し返す。サマスがそのまま倒れ込みながら2人を後方に投げ飛ばす。ゆづきが場外に落ち、サマスが桐生をタックルで吹っ飛ばすが、桐生もドロップキックを決め、足4の字固めへ。
ここでゆづきがリングインし、サマスにギブアップを尋ねる。サマスがこらえると、ゆづきが2人を反転させ、今度は桐生にギブアップを迫る。再び反転させたゆづきだが、「ふざけるな!」とサマスと桐生がゆづきをロープ際に追い込み2人で絞め上げる。ゆづきと桐生がタックルのぶつかり合い。ゆづきが打ち勝つ。ゆづきがダイヤル固めでカバーもカウントは2。サマスがゆづきをキャメルクラッチに決めると、サマスに桐生がスタンドのドラゴンスリーパー。2人がロックを外し、今度は桐生がゆづきにデスロック。サマスが桐生にチョップを叩き込み、桐生が倒れると、ゆづきが悲鳴を上げる。
デスロックを外してゆづきを抱え上げたサマスがコーナーに叩きつける。さらにロープ渡りに出るも桐生がゆづきの反対の腕を引っ張り、サマスがバランスを崩しそうになるも、ゆづきが桐生に蹴りを入れ、今度は桐生がサマスのロープ渡りの餌食に。桐生をコーナーに詰めてサマスとゆづきが交互にチョップを連打。
途中でリング下に降りたサマスがパイプ椅子を持ち込むと、ゆづきと桐生もパイプ椅子を持ち込む。殴り合いかと思われたが、3人はそれぞれの椅子に座ると順番にチョップを打ち合う我慢比べへ。パワーで圧倒するサマスをゆづきと桐生が同時に蹴りを入れ、サマスは椅子ごとマットに倒れ込む。2人がカバーもカウント2。桐生がサマスに串刺しドロップキックからエースクラッシャーでカバーもカウントは2。桐生がサマスにフィッシャーマンズ・スープレックス。ホールドするがゆづきがカット。桐生がゆづきを場外に落とすと、サマスが桐生を捕まえ、ワンハンドバックブリーカー。踏みつけてフォールもカウントは2。サマスが桐生をボディスラム。そこにゆづきがカバーもカウントは2。ゆづきとサマスがエルボーの打ち合い。ロープに飛んだサマスをマットに転がってつまずかせたゆづきがサマスを逆エビ固め。ロープに逃れると、その腰に乗っかって踏みつける。さらにロープ際に詰めてのラリアット、ロープに飛んでのラリアットでカバーもカウントは2。
ゆづきが紅のボディプレスを狙うがサマスがかわす。サマスがエルボードロップでカバーもカウントは2。サマスがゆづきをフェイスロックで絞め上げる。カットに入った桐生が串刺しエルボー、続けてゆづきが串刺しボディアタックも、これはサマスがフロントキックで吹っ飛ばす。桐生がサマスにダイビングボディアタックもキャッチしたサマスはボディスラムから再度、桐生を抱え上げるとカナディアンバックブリーカーへ。強烈に絞め上げ桐生からギブアップを奪った。

第3試合

hotシュシュを席巻する悪の軍団。横山が加わったことでさらにパワーアップ。早くも横山とジェークの暴走タッグが結成された。前回の9月9日ハウスショーでスーパーバイザーの田村氏から、その対戦相手に指名されたのがキクと皇耀。皇耀にとっては前回の3WAYで横山に裏切られ、最後はジェークのジャックキックに敗れているだけに、そのリベンジを果たしたいところ。
先に入場したキクと皇耀は後から入場してくるジェークと横山が姿を見せると場外に降りて場外戦を仕掛ける。しかしこれを返り討ちにしたジェークと横山はキクに集中攻撃を仕掛ける。エルボーで食い下がるキクだが、髪を掴んで引き回した横山は顔面掻きむしりからジェークに交代。代わったジェークはキャメルクラッチ、足を引き回してカバーもカウントは2。ジェークがキクをコーナーに詰めてのチョーク攻撃。自軍に持ち込み横山と交代。横山はキクをマットに倒してのチョーク攻撃。エルボーで反撃するキクを自軍コーナーに引き込み、ジェークと2人で絞め上げる。場外にキクを落として引き回し、再びリングに戻すと代わったジェークが踏みつけからボディスラム。
さらに横山と2人がかりでキクをコーナーに追い込んで痛ぶるとモンゴルを呼び込んでのトレイン攻撃から倒れたキクを3人で踏みつけて勝ち名乗り。モンゴルが降り、ジェークと横山がキクをロープに振ってのクローズラインも、これをかいくぐったキクは2人まとめての低空ドロップキック2連発を決め、ようやく皇耀に交代。代わった皇耀が2人を続けてミドルキックの連打で蹴散らし場外に落とすと場外ダイブを決める。さらにリングに戻ってジェークに619でカバーもカウントは2。皇耀が蹴りを放つもこれをキャッチしたジェークは皇耀を抱え上げ、そのまま後方に豪快に投げ飛ばす。それぞれがキク、横山に交代。
キクがソバットから膝狙いの低空ドロップキックを決め裏足4の字固めへ。ジェークが入ってカットも、皇耀がリングインし、横山に2人が交互にサッカーキックを連打。さらにダブルのブレーンバスターで投げ飛ばす。キクがカバーもカウントは2。ここでモンゴルが乱入し、キクを捕まえ、ジェークがラリアットもキクがかわしてジェークのラリアットがモンゴルに誤爆。ジェークを皇耀がハイキックで吹っ飛ばし、キクが横山にハイキックを狙うもかわした横山が豪快なラリアットでキクをマットに叩きつける。カバーをなんとかカウント2で返したキクがエルボーで反撃もカウンターのエルボーを叩き込んだ横山はキクを抱え上げてのデスバレーボムでカウント3を奪った。


試合後、リングでは悪の軍団がhotシュシュ勢を場外に蹴散らし、リング上を支配した。
モンゴル「弱いやつばっかりだな、ここは。ところで、この3人、ユニット名をそろそろ決めようじゃねえか。ジェーク、発表してくれ。」
※振られたジェークがチーム名を発表するが、デスボイスで話すため、ほぼ聞き取れない。
モンゴル「デビルズ・リジェットな(と何度しゃべっても聞き取れないジェークをフォロー)。(リングサイドのhotシュシュのメンバーを見渡しながら)あともう全部揃ってこれだから、あんたたち、倒せないでしょ?どうすんの、これ?」
ゆづき「いるよ!」
モンゴル「またお前か!」
芭奈子「ゆづきさんだけじゃないです!」
※ゆづきと芭奈子がリングに上がり、デビルズ・リジェットと向かい合う。
ゆづき「お前らなんて西友コロッケ軍団でいいんだよ!何言っているか、わかんねーんだよ!」
横山「俺もわかんねえ。西友コロッケは分かる。でも西友は付けないで、コロッケ軍団でいい。」ゆづき「じゃあ、コロッケ軍団だ!」
※後日、ジェークのユニット名発表が聞き取れなかったとモンゴルがXで発言をし「ジャラジャラコロッケ軍団」略して「JKG」に変更となる。
※田村様と皇耀が地元のコロッケ自慢。
横山「コロッケ、そんなにうまいのか!また出てやるから持って来い!」
皇耀「ああ、持ってきてやるよ!」
ゆづき「うるせえ!(皇耀に)お前ら負けてヘラヘラしてんじゃねえよ!ふざけんな。次、芭奈子とゆづきでお前らの相手してやるよ!」
芭奈子「ゆづきさんと一緒だったら負けません!」ゆづき「とっとと帰れ!」
※デビルズ・リジェットが引き揚げ、hotシュシュメンバーで「私たち、ホットでディープな個性派集団!ホット~シュ~シュ!」で大会を締めた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る