【会見全文】井上貴子35周年記念大会に参戦決定のジュリアと飯田沙耶が掴み合いの乱闘!ジュリアが貴子、神取忍へ対戦要求

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、都内・東京ドームシティホールにてLLPW-Xが『井上貴子デビュー35周年記念イベント~ひとしずくの勇気~』についての記者会見を実施した。

 まずは神取忍と井上貴子が登場。


貴子「皆さん、今日はお暑い中……お暑い中?暑いですよね?(笑)お集まりいただきありがとうございます。今日は第2弾の記者会見ということで追加のカードを発表させていただきたいと思います。大会を盛り上げてくれるであろうカードなので楽しみにしていてください」
神取忍「今日はお忙しい中、そして暑い中お集まりいただきありがとうございます。今井上貴子が言ったように、スターダム参戦ということで。提供試合っていうことなんですけど、ウチのLLPW-Xでこの大会で試合でどれだけ沸かせてくれるのか、ちょっと楽しみにしてます。そういったことで、どういった試合展開になって、どういった内容になっていくのか楽しみです。よろしくお願いします」

 続いて、ジュリア、飯田沙耶が登場。4人で並び立つ。


ジュリア「スターダムのジュリアです。よろしくお願いします。まず井上貴子さん、35周年おめでとうございます!こういった記念すべき大会に呼んでいただけたこと、とても感謝しております。そうですね、まず貴子さんとの思い出といったら自分のデビュー戦くらいになっちゃうんですけど、ホントに覚えてることが、試合後に言われた一言が印象的で……」
貴子「えっ。なんて言った?ドキドキしちゃう(笑)」
ジュリア「『あっ、このレベルでデビューしちゃうんだ』って」
神取「ひどいな(笑)」
貴子「辛(から)いね(笑)」
ジュリア「なんていうか、ドキッ!として『あっ、私ってデビューできるレベルじゃないんだ』って。その言葉があったおかげで実感して。そこから、それ以前よりも練習に励むことが出来たので、多分あの言葉があったから今の自分があるなあって」
貴子「鬼ね(笑)」
神取「鬼だな(笑)」
貴子「いい選手になりました。私のお陰で(笑)」
ジュリア「はい。厳しくも愛あるお言葉をいただけて今があると思います。そして、スターダムの提供試合という形で、私が望んだ飯田沙耶とのシングルマッチがここで実現するということで。飯田はものすごく損する性格だよね、ハッキリ言って。損しまくるタイプで、いつも周りに気を遣ってやってるよね?先輩にも団体にも、同期も、後輩にも!気を遣ってばっかりで、大事なところで道を譲っちゃう。飯田のことは、同じ大事な時期に欠場してたし、他人と思えない部分がある。でも、今の飯田にすごく物足りなさは正直感じてるかな。ここはスターダムのリングじゃないから、別にいつもの奴らいねーし、気を使う相手いねーし。だから、ここで遠慮をするようだったらプロレス向いて無いと思うから。そのまま引退しちゃえば?っていう感じかな。辞めちゃえばいい。と、思ってます。以上です」

飯田「まず、井上貴子さん。35周年おめでとうございます!自分自身は貴子さんとそんなにご縁がないといいますか、こないだご挨拶してセコンドに少しばかり付かせていただいた程度なんですが、そんな私がこの記念すべき大会に出させていただく。それは本当に光栄に思って、本当に感謝致します。……そして、ジュリア!オイ!テメーに言われる筋合いねーんだよ!こっちだってなあ、プライドがあんだよ!」

(※飯田がジュリアに掴みかかって乱闘になり、神取と貴子が2人を引きはがす)


神取「おいおいおぉい!すごいことになっちゃったな?!ちょっと待てコラ」
飯田「ここで見せてやるよ!」
神取「いやいやいや、いいから」
貴子「リングでやれ」
神取「いいねえ。なかなかいいねえ。骨があるよ。スゴいよね」

 一旦仕切り直し、貴子がこのカードへの思いを語った。

貴子「今こういう感じになったので、これは間違いなくヒートする試合になると決まっているので、できる限り近くで試合を見たいなと思います。楽しみにしていてください」

 予定されていた質疑応答の時間がスキップされ、会見終了の流れになったところでジュリアが口を開く。

ジュリア「もうこれで終わり?その前にもう1個、今日この会見でせっかくなんでお話したかったことがあるんです。喋って大丈夫ですか?さっき貴子さんとデビュー戦、タッグパートナー組ませていただいた話をしました。そして今日のこの会見、35周年の大会にオファーをいただいたわけなんですけど。やっぱりその恩返しっていうのは、レスラーたるもの私はリング上で直接対角に立って、闘ってしたいなっていうのは常に思っていて。こういう女子プロレスを創り上げてきてくださった大先輩、大レジェンドの方々と試合が出来る機会が……こないだスターダムでもやってましたけど、私日本にいなかったんで指くわえてPPVを見てましたよ。私はあのアイドルの子たちと全然違うんで。アレだけを見てスターダムって思って欲しくもないので。なので、いつかどこかで、私は闘いたいです!と思ってます。なにされてもいいんで。ンなにされてもいいんで!その代わり私もやりますけどね?そういう気持ちです。それだけです」
神取「なるほど、なるほど……。まあ、いいよ。やっても。やってもいいけど、自分の中でコンプライアンスがあるから。コンプライアンス。ごめんね?そこはちょっと自分の中で整理できたらやろうよ」
ジュリア「必ず。整理が出来るようにします」
神取「コンプライアンスをね?」
ジュリア「コンプライアンス」

 その後は記念撮影が行われ、神取が締めの挨拶を行った。

神取「提供試合ってことだったんで、普通に試合やるのかなと思ったんですけど、ここまで熱くなってもらって。骨のある選手たちがすごく出てて、どういう結末になるのか楽しみにしていただきたいと思います。ということで、第2弾の対戦カードの発表はここで終わります。さらなる発表があると思いますので、よろしくお願いします。今日はありがとうございました!」

<会見後囲み取材>


ジュリア
――先日、LLPW-XにNØRI選手が入団したことを聞いてどう思ったか
「いやぁ~!ビックリしましたね!元アイスリボンで、同期なのかな?向こうのほうがちょっと先輩なんですけど、彼女に関して1個覚えてるというか印象に残ってることがあって。私がデビューしたばかりのときに、試合とかボロボロでダメダメなときに、道場マッチの座談会ってあるじゃないですか。あのマイクで『弱いジュリアが見られるのは今のうちだから、今のうちに楽しんどけよ!』みたいなコメントをしたことがあって。そのあとに、結構先輩たちから『アレは無いよ』『何言ってんだよジュリア』とか、イヤなことを言われたんですけど、この子だけは『コメントめっちゃ面白かった!いいと思うよ!頑張ってね!私はいいと思うからね!』って。多分、横で聞いてたんでしょうね。私が怒られてるのを。『生意気なんだよ!』みたいなこと言われてるのを。それがなんかね、『優しい人もいるんだな~』って。そのくらいですけどね。突然アイスリボンから消えてしまって、もうプロレス辞めちゃって戻ってこないんだろうなって思ってたから。ジュリアは今強くなったから、機会があったらやろうよ。って感じです」

――先にデビューしていたNØRI選手から指導を受けるなどの接点はあったか
「なんかね、Team DATEだけ特別待遇で一緒に練習することはほとんど無かったですね。なんか、DATEはDATEの練習みたいのがあって、それ以外の人と分けられてました。なので、あまり練習で関わるってことは無かったです」

――リング上だけで、プライベートでの接点も無かったと
「無いですね。プライベートも結構謎だったっすね。なんか、連絡先とかもみんな知らないんですよ。代表みたいな人がいて、そこに連絡するから。確か、選手と直では連絡取れなかった気がします」

――試合で闘ったことはあるか
「軽くあると思いますけどね。(シングルとかは)無いと思います」

――MMAファイターとしてのキャリアを積んだ今のNØRI選手に興味はあるか
「あります。……あっ、MMAやってたんですか?ずっと?」

――PANCRASEやDEEP JEWELSで闘っています
「そうだったんですねえ……。なんか、色んなことやってますよね?格闘技もやってたし、お笑いとかも。色んなことにチャレンジしてるな~って。ビジュアルもいいし、身体も大きいし、身体能力も高くて体が柔らかくて。プロレスはやったほうがいいと思いますよ。向いてると思います」

――神取選手、貴子選手と闘いたいという言葉があったが、PPVで試合を見ていてどこに凄みを感じたか
「なんか、やっぱり魅せ方と……もう、会場の人たちは、例えば神取さんが脇固めの体勢に入った瞬間に『ワッ!』って会場が沸き上がるような。出ただけで、ちょっとこの動きをしただけで、お客さんを喜ばせることが出来るっていうのはキャリアだったり歴史があるからなので、そこはやっぱりすごいなあって思いますね。そういうところを我々も目指していかなきゃなって。それだけで魅せられるってところを」


井上貴子デビュー35周年イベント『ひとしずくの勇気』
日程:2023年11月21日(火)
開始:19:00
会場:東京都・東京ドームシティホール

<新規発表カード>
▼スターダム提供試合 シングルマッチ
[Donna Del Mondo]ジュリア
vs
[STARS]飯田沙耶

<既報カード>
▼タッグマッチ
ダンプ松本(極悪同盟)/ミス・モンゴル(世界プロレス協会)
vs
渡辺智子(Marvelous)/高橋奈七永(フリー)

▼6人タッグマッチ
井上貴子/井上京子(ディアナ)/桃野美桜(Marvelous)
vs
神取忍/アジャコング(超花火)/ウナギ・サヤカ(フリー)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る