雨のち虹のFMWE旭川大会で夕焼けの下、地雷爆破で大仁田が勝利!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

8月27日旭川市永山のウエスタンパワーズでで、「なくそうイジメ!地方応援プロレスFMWE電流爆破in旭川」が開催された。

昨年に続きFMWE2度目の開催となる本大会だったが、当日の天気は大雨の予報。試合開始前には大雨となり、観客は雨合羽を着ての来場となった。

本降りの中、地元北海道で活動するプロレスリングサッポロの特別提供試合でスタートしたが、天候は徐々に回復していった。
セミファイナルが終わり、オホーツク第21代観光大使を務める演歌歌手の徳原海さんの特別ステージが始まる頃には雨が上がり、休憩時間には虹がかかった。
メインイベント前には、昨日に続きテリー・ファンクに捧げる黙祷が行われた。

夕焼けの下で始まったメインイベントは、大仁田厚&雷神矢口&リッキー・フジのFMWEチームが、ミスター・ポーゴ&宮本裕向&モンスター・レザー組と電流爆破地雷ボードマッチで対戦。

ミスター・ポーゴの火炎バット攻撃、チェーン攻撃などにより序盤から苦しめられる展開となった大仁田組だが、会場からは大きな大仁田コールが沸き起こった。
中盤、宮本のスライディングキックで地雷に落とされた大仁田がレザーを道連れにし、この大爆発でレザーが大打撃を受け形成逆転。

最後は、大仁田&矢口がレザーをダブルバットで仕留めて勝利をおさめた。

試合終了後のリングには、昨年も観戦に訪れたという車椅子の少年がレスラーに担がれリングイン。大仁田と共にファイヤーで盛り上がるシーンもあった。

試合会場となったウエスタンパワーズの成田店長は「旭川の皆さんに楽しんでもらえて、街に活気が戻ってもらえば」と、会場提供のみならず店舗一丸となって設営に協力して大会を作り上げた。

試合後の大仁田は、「今年で2年目の旭川です。旭川は皆さんご存知の通り、痛ましいいじめの事件が起こりました。いじめは犯罪につながります。風化させてはいけないんです。大人も子どもも、みんなでいじめ問題をもう一度考える機会となれば。」と話した。

夏の終わりを飾る、熱く劇的な大会となった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る