【会見全文】京王百貨店で開催の『燃える闘魂・アントニオ猪木展』除幕式に藤波辰爾、Sareee、アントニオ小猪木、アントキの猪木が集結!故人の思い出話しに花が咲き「この不景気の時代にアントニオ猪木が必要」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2日、東京都・新宿駅の京王百貨店にて8月3~15日に開催される『燃える闘魂・アントニオ猪木展』の除幕式が行われた。

 今イベントは、生誕80周年を迎えるアントニオ猪木さんの足跡をたどる展示会。
 今展示会を手掛ける株式会社猪木元気工場は、アントニオ猪木が築き上げた功績を幅広く後世に継承していくことを社是とする会社として誕生。IGF(INOKI GENKI FACTORY)の略称でも知られる。

 猪木展では、若かりし頃から晩年までの写真展示で氏の半生を追体験出来る他、猪木さんが引退時に着用したガウンとモハメド・アリ氏のガウンが初めて同じ場に並ぶ。さらに猪木さんがトレーニングに用いて世界中に持って行っていた“闘魂棒”が実際に触れられる形で展示されたり、猪木夫妻がモハメド・アリ氏の結婚式に招かれた際に受け取った直筆のお礼の手紙が初公開されたりと見どころ満載。
 今回の展示会を成功させ、『超猪木展』『シン猪木展』と続けて全国を回っていきたいというビジョンがあると主催者は語る。

 開催を翌日に控え、この日はプレオープンイベントが実施。
 株式会社京王百貨店の取締役であり新宿店副店長の鈴木隆宏さん立ち会いのもと、猪木さんの一番弟子である藤波辰爾、生前に猪木さんから闘魂を伝承した女子プロレスラーのSareee、猪木さんのモノマネ芸人として長いキャリアを持つアントニオ小猪木&アントキの猪木が猪木像の除幕式を行った。

――展示をご覧になっての感想は
藤波「本当は明日から初日だよね?うんまあそんな中で、猪木さんが亡くなって間がないけど、みなさんの中で猪木ロスがまだこのまま続いてると思います。どっぷりと猪木さんに浸ってもらいたいと思います」
小猪木「本当藤波さんと反復するようですけど、『猪木さんまだまだ生きてるな!』っていう思いで。もうやっぱり猪木ファン、猪木さんを知ってる皆さんでもう一回闘魂を再確認したいなという熱い思いでいっぱいです!」
Sareee「私の父が猪木さんの大ファンで、私が小さい頃から本当に猪木さんを大尊敬していて、今回このような場に来させて頂いてとても光栄に思います。」
小猪木「ご自身は猪木さん大好き?」
Sareee「はい、もう大好きです。」
小猪木「あ〜よかったよかった、お父さんだけじゃない」
Sareee「赤いコスチュームを自分着て、闘魂を持ってこれからもリングで大暴れしていきます!」
アントキの猪木「私たちは、アントニオ猪木さんのモノマネというのをやってますんで、猪木さんが世の中に実在しようとしまいと、必死に思い切ってアントニオ猪木というものを伝えていくことが使命だと思ってます。今日は楽しいものがいっぱいありますけど、僕たちは所詮ニセモノですから、猪木伝説を世の中に伝えていく。それだけだと思います。」
小猪木「僕たちっていうか我々だけじゃないですか(笑)」
アントキの猪木「そう(笑)いいじゃないか」
小猪木「こちらは本物ですから。2人は本物のレスラーですから。」

――生前の猪木さんはジョークを飛ばすような方でもあったが、今日の様子を見てどう言っていると思うか
アントキの猪木「うーん。『ああ、今日は失敗は無いだろう。でも失敗は小さい方がいいが、おっぱいは大きい方がいいんじゃないか?』……って言ってんじゃないか?」
小猪木「それが失敗だよ」
アントキの猪木「いやいやいや、これ本当に言ってた話なんだよ。僕じゃないですから。……いつもこういう空気になるんですよ。これを言うと。(苦笑)」

――亡くなってから、今でも猪木さんを感じる瞬間はあるか
小猪木「もう朝起きた時から、自分との戦いが始まってるじゃないですか。起きなくちゃいけないけど寝たい自分。まずみなさんの中でここから闘魂が始まってんじゃないですか。そっから1日が始まってます。」
アントキの猪木「すごいね、からの?」
小猪木「からの・・・バカヤロー!!!」

――藤波選手、猪木さんとの一番の思い出は?
藤波「まあ当然思い出はいっぱいありますし、思い出に浸っている時間はないですね。まあ僕はまだ現役でリング上がってるんでね。リングに上がるたびに、どっかに猪木さんの目が光ってるな、って気分でリング上がってますからね。」
小猪木「今でも夢に猪木さんが出てきたりするんですか?」
藤波「夢に出てこないんだよねえ!うん。そのうち『バカヤローッ!!』っつって出て来たりしてね(笑)」

――やっぱりまだまだ猪木さんが生きている、という感覚が?
藤波「いやこれ僕だけじゃないんじゃないかな。みんなやっぱどっかに猪木さんがいるんじゃないかな。」
アントキの猪木「そんじょそこらで『1、2、3、ダー!』で乾杯してるビアガーデンいっぱいありますから。」
藤波「ああ!でしょうねえ!(笑)」
アントキの猪木「今日もこの後行くんすけどね。いやほんとに、そこら中でアントニオ猪木さんのテーマを流すだけで、ビールの売り上げとかすごい上がるんですよ。そのくらい、やっぱりテーマ曲もそうだし、アントニオ猪木さんのファンっていうね、魂がいろんなところにある。色んなところで色んな約束してんすよ猪木さんって。だからそれを自分なりに必死にクリアしようとしている人たちも数々いると思います。だからアントニオ猪木さんを背負って、これからも驀進していただければ、何かこう、後ろからプッシュしてくれるのが猪木さんですから。この激動のこの不景気の時代に一番今もアントニオ猪木が必要じゃないかなと僕思います」

――藤波選手、猪木さんとの付き合いも長いと思いますが、今回の猪木展で初めてご覧になったようなものはあったか
藤波「どれもね、僕がね猪木さんのね、まだカバン持ちしてる頃の時代のもありましたけどね、あれがまだね僕が入門して2ヶ月目くらいの写真でねえ。あの頃から猪木さんのさり気ない表情とかね。中には怖い写真もあってね(笑)」
アントキの猪木「藤波さん的に怖かったときの思い出が(笑)」
藤波「怖かったねえ(笑)ちょうど新日本プロレスを旗揚げする前後が一番怖かったですね」





 その後、藤波らは改めて展示会を見て回り、馴染みの記者らと思い出話に花を咲かせる。記者のリクエストに応えて藤波が闘魂棒を用いてSareeeを鍛える場面もあり、藤波が受け継いだ闘魂がさらにSareeeへと受け継がれた。

 猪木さんを通じて出来た人と人との縁はこのようにして続いていき、猪木さんを知る世代が若い世代に“闘魂”を語り継いで行くことで猪木さんは皆の心にいつまでも生き続けていくだろう。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る