POP選手権試合・大空ちえvs田中きずなは、負傷によるアクシデントのためベルトは本部預かりに

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 30日に開催されたPURE-J新木場大会のセミファイナルは、キャリア4年以内の選手によって争われるPOP選手権試合。王者・大空ちえはWAVEでのリーグ戦で引き分けとなった田中きずなを挑戦者に指名し、この日のタイトルマッチが決定した。4月にデビューしたばかりの田中はPURE-J初参戦。大空の攻撃に耐え続ける苦しい展開が続くも、ドロップキックの連打から突破口を開くとワキ固めで大空をロープに這わせる。さらにコーナー上で大空の腕を取ると、前方回転して腕十字を狙うが極めきれない。田中の丸め込みをキックアウトした大空は延髄斬りを放つも、着地の際にヒジを痛めてしまうアクシデントが発生。変形したヒジを見てレフェリーが即座に試合をストップし、会場が落胆ムードに包まれてしまう。

 大会の最後でリングに上がったボリショイ代表は、「本日は最後までご観戦頂きありがとうございました。先ほどのPOP選手権、レフェリーストップという形となってしまいました。ちえは左ヒジを脱臼した様子で今、病院に向かうところです(※診断結果は左ヒジ関節脱臼により全治3~4週間)。本来ならレフェリーストップという形はタイトルの移動が認められていると思います。ですがWAVEサイドと話し合いをした結果、こういう形でのタイトルの移動は本望ではないということで、このPOPのベルトは1度“本部預かり”という形にさせて頂きます。ちえが回復したら必ず再戦をしてチャンピオンを決めたいと思っています。皆さんご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした」と説明し謝罪。続いて「8月11日の後楽園ホールまであとわずかです。PUREーJの6周年、必ず足を運んで頂きたいと思います」と呼びかけた。

『GO!GO! レインボーマウンテン vol.7』
日程:2023年7月30日(日)
開始:12:00
会場:東京・新木場1st RING
観衆:123人

▼セミファイナル POP選手権試合 30分1本勝負
大空ちえ
8分47秒 大空が左ヒジを負傷→レフェリーストップ
田中きずな(WAVE)
※PUREーJとWAVE両団体の協議により、第28代王者・大空のベルトは本部預りとなる。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る