ドラゴンゲート6.3後楽園大会 T-Hawk&Eita vs.土井&YAMATO、後楽園中学3年B組生徒会vs.MAD BLANKEY

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

THE GATE OF MAXIMUM 2015
日時:2015年6月3日(水)
開場:17:30 開始:18:30
会場:東京・後楽園ホール

▼第0試合 シングルマッチ 10分1本勝負
○スペル・シーサー
5分33秒 ヨシタニック
●U-T

▼第1試合 “ハリウッド”ストーカー市川 2015 東京最終戦 20分1本勝負
ヨースケ♡サンタマリア/Kotoka/○エル・リンダマン
0分08秒 背負い投げ→片エビ固め
●“ハリウッド”ストーカー市川/新井健一郎/Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン

<再試合>
●ヨースケ♡サンタマリア/Kotoka/エル・リンダマン
10分12秒 イナバウアー・ジャーマンスープレックス・ホールド
○“ハリウッド”ストーカー市川/新井健一郎/Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン

▼第2試合 シングルマッチ 20分1本勝負
●しゃちほこBOY
11分05秒 横須賀カッター→体固め
○ジミー・ススム

▼第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○望月成晃/ドラゴン・キッド
10分43秒 サムソンクラッチ
堀口元気H.A.Gee.Mee!!/●ジミー・神田

▼第4試合 後楽園中学3年B組生徒会vsMAD BLANKEY 対抗戦 30分1本勝負
斎藤“ジミー”了/CIMA/ドン・フジイ/●Gamma
20分16秒 光の輪
サイバー・コング/○K-ness./問題龍/パンチ富永

▼第5試合 6人タッグマッチ 45分1本勝負
B×Bハルク/●Kzy/ビッグR清水
17分09秒 パッケージ・ジャーマンスープレックス・ホールド
吉野正人/鷹木信悟/○戸澤陽

▼第6試合 タッグマッチ 60分1本勝負
●T-Hawk/Eita
22分06秒 バカタレスライディングキック→エビ固め
○土井成樹/YAMATO

更正失敗で生徒会は解散!CIMAは外国人X&Yと組んで土井吉&YAMATOと対戦決定
ハルク&鷹木&戸澤とT-Hawk&Eita&清水の世代闘争も決定!K-ness.ブレイブ挑戦

第0試合

2015-6-3ドラゴンゲート後楽園_第0試合まずはシーサーが手首を取っていきグラウンドへ。U-Tがボディブロー連発から逆に手首をとりグラウンドへ。そのままフォールするもシーサーがヘッドシザースで投げようとするがU-Tは着地。両者距離を取る。

U-Tが走りこんだところへシーサーがショルダースルーでエプロンに落とし、そのU-Tへシーサーはタランチュラ。
リングに戻ったシーサーはU-Tをロープに振りカニバサミからロメロスペシャル。そのままマットにU-Tを膝立ちにすると、足を極めて倒立。起き上がろうとするU-Tをこまめに蹴って倒立を続けたシーサーは、U-Tの上半身を反らせて逆ロメロスペシャル。シーサーはU-Tを立ち上がらせるとブレーンバスターからフォールも2。

チョップ合戦からシーサーがかち上げエルボー連打でコーナーに押し込み走りこむが、U-Tがショルダータックルで迎撃しドロップキックを叩き込む。U-Tはコーナーに登り足へのミサイルキックから河津落としのように後方に回転してからそのまま逆片エビ固め。シーサーはロープへ。

U-Tはシーサーにバックドロップから丸め込むが2。シーサーが走りこんできたところへU-Tが逆上がり式のキックからコーナーに上る。しかしそこをシーサーがフランケンで落としヨシタニックを決めて3カウントを奪った。

第1試合

2015-6-3ドラゴンゲート後楽園_第1試合まだ6月にも関わらず、“ハリウッド”ストーカー市川の東京最終戦となるこの試合。
開始するなりアラケン達が急襲。しかしリンダマンが市川を一本背負いで投げフォール。そのまま3カウントでわずか8秒で試合が終了。
マイクを持った市川は「皆さん、ちょっと待って下さい。今日、今年で最後の東京大会なんですから! もう一回お願いします! もう一回! もう一回やろう!」とアピール。

再試合となるが、リンダマンが一本背負いからフォール。これは2!
市川がロープに飛んで走りこむがリンダマンはそれを背負い投げると、ロープに振るが市川はコルバタで迎撃。市川は谷嵜にタッチ。

谷嵜とアラケンはヨースケにダブルを狙うが、ヨースケは二人の股間を撫でると、谷嵜、アラケンと次々飛び越え添い寝し、そのまま谷嵜を押し倒し唇を奪う。しばらく見ていたアラケンがカットに入ると、ダブルでヨースケをロープに振るがヨースケは二人まとめてドロップキックで倒し、そこへkotokaとリンダマンも出て来て三人同時に谷嵜にドロップキック。フォールも2。

ヨースケは谷嵜にストンピング連打。さらにチョップを連打するが、谷嵜は容赦無い張り手から腕を撚ると、そこへアラケンがダイビングアームブリーカー。次々ダイビングアームブリーカーを繰り出すが、市川のは効かず、ヨースケは市川を場外へ。
アラケンはヨースケの腕を捻ってから市川にタッチ。市川がヨースケの腕を撚るが全く効かない様子。逆にヨースケが捻りエグい角度になるが、これは市川が前転して逃れようとするも反動で後転してしまい結局元に戻る。見かねたアラケンがカットに入りタッチ。

アラケンがヨースケにブレーンバスターからフォールも2。アラケンはヨースケを膝の上にセットすると、そこへ谷嵜が地獄の断頭台。フォールも2。アラケンは谷嵜にタッチ。

ヨースケが谷嵜をロープに振りヒップアタック。ヨースケはkotokaにタッチ。

kotokaはドロップキックで谷嵜を場外へ。続けてアラケンもDDTで倒し
、場外へヨースケがダイブ。kotokaはアラケンにミドル連発。だがアラケンは首固めで丸め込み2。kotokaはコーナーに振り走りこむが、アラケンはkotokaをエプロンへ。だがkotokaはスワンダイブ式のミサイルキックを叩き込んでフォールも2。

リンダマンとkotokaがダブル攻撃を狙うが、アラケンはkotokaをショルダースルーで場外に落とし、リンダマンにDDT。アラケンは市川をリングに入れると、谷嵜とともにリンダマンに向かって市川を突撃させる。アラケンは市川を場外に落とし、谷嵜が串刺しニーからアラケンがダイビングヘッドバット。フォールもkotokaがカット。

3人がそれぞれミレニアルズをブレーンバスターで投げようとするが、市川は逆に投げられてしまい、リンダマンがアラケンと谷嵜を場外に落とし市川に向かってトレイン攻撃。リンダマンがサイドスープレックスからフォールも2。

kotokaがコーナーに登りダイビングフットスタンプからフォールも2。
kotokaが走らせた市川をリンダマンが一本背負いから腕ひしぎ。kotokaはアラケンに向かって場外ダイブ。谷嵜がリンダマンにカットに入るが、ヨースケが谷嵜のバックを取っていく。しかし逆にバックをとった谷嵜がヨースケを突き飛ばし市川とキスさせる。ふらふらになったヨースケを市川がイナバウアージャーマンスープレックスホールドで投げ3カウントを奪った!

市川は「東京の皆さん、ありがとうございました! おかげさまで勝つことができました!今日はですね、僕の、2015年最後の試合ということで、東京最終試合ということになっていましたけども、今日勝つことができましたんで。また東京で」と言ったところで曲が鳴り響き暗転。強制終了となった。

第2試合

2015-6-3ドラゴンゲート後楽園_第2試合開始早々しゃちがススムを場外に投げケブラーダ。リングに戻ったススムの後頭部へしゃちがミサイルキックから串刺しエルボー。さらにセットするとムーンサルトを投下するが、これを剣山で迎撃したススム。
ススムはニーリフト2連続から、しゃちをコーナーに叩きつける。倒れたしゃちにセコンドの吉野が「声出せ!」と激。改めてススムがコーナーに叩きつけるがやはり声が出ないため吉野が改めて激。

ススムがバックブリーカーで声を上げさせ、やっと声が聴こえるようになるとネックロックへ。しゃちはロープへ足を伸ばす。

チョップ合戦からしゃちがロープに飛んで走りこむが、ススムはバックブリーカーで迎撃しフェイスロック。しゃちはロープを掴む。

ススムはパワーボムで投げようとするが、しゃちはリバース。お互いブレーンバスターの体勢からしゃちが投げ捨て、串刺し攻撃を狙うが避けたススムが走りこむ。そこへしゃちがミサイルキックからその場飛び側転ムーンサルト。フォールも2。

しゃちのハイキックを避けたススムがバックの取り合いからラリアットを放つが、これを避けたしゃちがパロスペシャル。ススムがなんとかロープを掴む。

しゃちは不知火を狙うが、ススムが突き飛ばし走りこんだ所をしゃちがエルボーで迎撃しコーナーに登るが、ススムが正面に登り雪崩式エクスプロイダーを狙う。それをエルボーで落としたしゃちだったが、ススムがロープを振りコーナーに落とすと、ススムはキン肉バスターの体勢からバックフリップ。フォールも2。

ススムは肩に担ぐがしゃちが着地。しゃちはロープに飛ぶもススムはラリアットで迎撃。更に走りこんだススムへしゃちが飛びつきフェースクラッシャーから不知火。フォールも2。

しゃちはコーナーに登りムーンサルトを投下。これを避けたススムがしゃちをコーナーに座らせてかち上げラリアット。ススムは雪崩式エクスプロイダーからフォールも2。
ススムは腕を上げてアピールすると走りこむが、しゃちがカサドーラで丸め込み2。連続して丸め込むが全て2。ススムは立ち上がると夢幻を叩き込みフォールしようとするがしゃちが丸め込む。これも2で返したススムがジャンボの勝ちを叩き込みフォールも2。ススムは横須賀カッターを叩き込んで3カウントを奪った。

第3試合

2015-6-3ドラゴンゲート後楽園_第3試合先発は堀口とキッド。腕の取り合いからグラウンドへ。両者距離を取り堀口が「H.A.Gee.Mee!!」コール。
お互い足のすくいあいからキッドが髪を掴むが、これに怒った堀口がキッドを突き飛ばし足をすくってフォールも2。両者タッチ。

神田が望月にエルボー。エルボーとローの打ち合いから望月がショルダータックル。しかし神田がドロップキックで望月を場外に出し走りこむが、望月が場外から神田の顔面に蹴りを食らわせ、ロープにもたれかかった神田へキッドがゴムを加えさせゴムパッチンを狙う。望月が南側客席に登って行くが、堀口がキッドを突き飛ばし、その反動で神田がゴムを離したためゴムは望月へ飛んで行く。
すまなそうな顔をしているキッドへ堀口がスナップメイヤーから神田がスワンダイブ式セントーン。フォールも2。

堀口はキッドの足へ串刺しドロップキックから足4の字。キッドはロープを掴む。堀口は神田にタッチ。

神田はキッドを走らせるとバックエルボーからフォールも2。神田はスリーパーでキッドを捕らえるもキッドはロープに足を伸ばす。
神田と堀口はキッドにダブルのドロップキックからフォールも2。神田はキッドをブレーンバスターで投げようとするが、耐えたキッドがコルバタで投げフォールも2。

神田はキッドをコーナーに押し込むが、キッドは神田をフランケンで投げ捨て、出てきた堀口にもミサイルキック。望月がエプロンに登った神田にハイキックを叩き込みキッドとタッチ。
堀口は望月を走らせコーナーでDDTを狙うが、叩き落とした望月が走りこむも低空ドロップキックで堀口が倒す。だが望月が堀口をロープに投げると、そこへキッドが619。それを避けた堀口へ望月が619! 堀口をコーナーに座らせるが堀口は望月を蹴り落とすと、キッドにスイングDDTで突き刺し、神田がコーナーに上るが望月が顔面にグーパンチ。そのままコーナーで肩車するとキッドが「盛り上がれ―!」と雪崩式フランケン。

望月が神田に走りこむも神田はカウンターのエクスプロイダー3連発。しかし3回めを着地した望月がランニングサッカーボールキックからミドル。これをしゃがんで避けた神田。その望月へ堀口が逆さ抑えこみ。これはキッドがカット。
神田が望月にジャーマンスープレックスホールド。これも2。

神田が望月を倒すと、ダイビングエルボードロップ。それを避けた望月がスープレックスで投げ捨て走りこむが、神田がジョン・ウーを狙う。それをカットした望月を神田が丸め込むが2。走りこんだ神田へ望月がミドルで迎撃。だがローリングエルボーから神田がバックを取るが、今度は望月が丸め込んで3カウントを奪った。

第4試合

2015-6-3ドラゴンゲート後楽園_第4試合了八先生は「先生と3-B生徒会がやってまいりましたよ。先ほどのテーマ曲入場しづらいね! ゆったりしたテーマでした。そしてこの生徒会、伸彦、嘉人、達樹の3人、生徒会の役割分担が決まりました! 改めてね、全校生徒の皆さんに紹介したいと思いますね。まず字がきれいな嘉人! 3-B生徒会書記係です!」
CIMA「いつも毎年毎年、年賀状ありがとう!」
先生「生徒の中では持ってるの竹刀じゃないかという人いますけど、これは鉛筆です! 鉛筆ですね! そしてこの3-B皆勤賞! 伸彦、日直です!」
CIMA「ほんとは野球部を希望したんですが、それは部活だということで、先進みましょうか」
先生「そしてこの生徒会長、最年長の達樹です! もう30年この後楽園中学校に在籍してますね。まだまだ卒業できません!」
CIMA「この学校と言いますかね、会社というかDRAGON GATEさんも思い切ったことしましたよね。なんですかこのシャツ。作っちゃいましたね、後楽園中学3年B組了八先生、後ろには先生、齋藤了八、生徒会長・藤井達樹、書記・菅元嘉人、日直・大島伸彦と、僕ね、日直やらしてもらいましたけど全国回ってる頃に色々あったんですよ、今37の中学校ですから24年ぐらい前ですかね、24年ぶりに1つ、当時の日直してた頃にね、謝らないといけないんでね、時効なんで言おうかなと。日直と同時に掃除係、掃除係で机をね、学級の机を拭く雑巾でね、当時好きな子が居たんですね。好きな子がいて、男性の方経験あると思うけど、好きな子の机だけしっかり拭いて、中の教科書も一回出して、中までしっかり拭いて、教科書戻して、そしたらね、休み時間が開けて、なんかね、臭うんですよ。正直ね、僕好きなこの机、牛乳ついた雑巾で拭いてたんですわ。この場を借りてみちこちゃんに謝りたい。あの牛乳臭いのは僕ですごめんなさい」
先生「許してあげてください先生からのお願いです」
CIMA「そろそろ試合をしないのかという空気感じますけどまだですよ。3-Bが本気になったら今日の対戦相手誰ですか?」
先生「不良グループですよ!」
CIMA「了八さんよ、了八さんよ」
先生「言うことないなら喋るな! 伸彦の顔見たら困ってるのすぐわかる! よろしいでしょう! この3人が生徒会、ここにいる皆が3-B中学全校生徒です。みんなで闘いましょう!」と、やっとMAD BLANKEYが入場。

当然MAD BLANKEYは急襲。リングに戻ると先生を3人で踏みつけ、さらにK-ness.が先生の顔面に凶器攻撃。サイバーが地獄突きから先生の顔面をロープ際で踏みつけ、ここでやっとGammaが助けに入るも、サイバーはダブルラリアットでなぎ倒す。

サイバーは先生にヘッドロック。更にショルダータックルで倒すとロープに飛ぶが、そこへルーテーズプレスを先生は狙うも、これをキャッチしたサイバー。しかし先生は「ばかちんがー」とフランケンで投げ捨てる。そこへ冨永が出てくるが、フジイが出てきてラリアットでなぎ倒しチョップ。これを避けた冨永がロープに飛んでショルダータックル。フジイは改めてラリアットでなぎ倒す。両者タッチ。

CIMAは問題龍の顔面にドロップキックを叩き込むと走りこむが、問題龍は足を伸ばしてカットしコルバタで投げ捨てると、改めて場外乱闘へ。

鉄柱に押さえ込んだフジイに冨永が後楽園ホールを一周してのラリアット。これはフジイが避けて誤爆。

リング上でCIMAが冨永にセントーンから顔面を踏みつけ、さらにGammaと股を割いたところへフジイが股間へつっぱり。大ダメージの冨永をCIMAがコーナー下にセットすると、Gammaが汚水攻撃を狙うもそれを問題龍が突き落とす。

コーナーで冨永がGammaにエビ反り式踏みつけ。改めてセカンドロープを掴みエビ反ろうとするが、これはリングに頭から突き刺さり自爆。代わりに問題龍がでてきて、空き缶をセットしGammaを投げつけようとするが、Gammaはさらっと缶を排除し問題龍の蹴りを避ける。問題龍は「逃げてんのか?」と挑発し首投げしようとするが、Gammaは相手にしない。
Gammaは問題流のミドルをキャッチしチョップからドロップキックを叩き込み、さらにセントーンを投下するとフジイにタッチ。

フジイはコーナーで強烈なチョップを連発。問題龍は中央に歩きチョップ連発。しかしフジイは顔面を張り倒すと、Gammaが出てきて缶をセットし、問題龍に念仏パワーボム。さらにCIMAがその潰れた缶を持ってコーナーの冨永の脳天を叩く。リングには先生が出てきて、問題龍がなんとか先生を自軍コーナ―に叩きつけK-ness.にタッチ。

K-ness.は串刺しエルボーからフェースクラッシャー。フォールも2。
問題龍と冨永が押さえつけたところにK-ness.が介錯。さらにサイバーがボディプレスを投下しフォールも2。

冨永は先生のシャツを脱がし投げ捨てると、顔面にケンカキック。先生は「なんですか!」とエルボー合戦から冨永のケンカキックを受けきり豹馬殺し。先生はGammaにタッチし、Gammaが次々とアックスボンバーで倒し、サイバーをブレーンバスターで投げようとする。そこにCIMAも出てきてダブルのブレーンバスターでサイバーを投げ捨てると、場外に落ちたMAD BLANKEYへ向けCIMAとGammaがトペ。さらにフジイがエプロンを走りこんで場外ダイブ。先生もコーナーに駆け上がりダイブする。

リングにフジイとサイバーが戻ってきて、フジイがクロスボディアタックから丸め込む。2で返したサイバーが冨永とともにトレイン攻撃を狙うが、フジイはカニバサミで冨永を倒し走りこんできたサイバーも誤爆させる。だがサイバーはラリアットからフォールも先生がカット。
先生へK-ness.が延髄斬りから走りこむが、これをこかした先生。次々出てきたMAD BLANKEYへ生徒会が次々こけさせサイクリングヤッホーを狙うが、これは全員ロープを掴む、次々MAD BLANKEYが場外に落とすと残ったCIMAにサイバーのダイビングエルボードロップ。フォールも2。

冨永がランニングケンカキック。これを避けたCIMAが冨永をコーナーに押し込みトレイン攻撃からビーナス。さらにそこへGammaがドロップキックからフジイがCIMAを肩車してヒップトス。さらに先生がダイビングボディプレスからフォールも2。

先生はドラゴンスープレックスを狙うが、こらえた冨永へ次々生徒会の面々がラリアットを狙い、フジイがラリアットをきめ喉輪落とし、CIMAがダイビングダブルニードロップを極めフォールも2。

GammaがK-ness.に走りこむが、K-ness.が延髄斬り。だがGammaはスーパーキックからGammaスペシャルを狙うが、これをK-ness.は丸め込む。丸め込み合戦からGammaがツバ攻撃。ロープに飛ぶがサイバーがイエローボックスで場外から攻撃。そこをK-ness.が光の輪をきめ3カウントを奪った。

K-ness.は「和気あいあいやってんなおい! 俺が選んだ選択肢は間違ってなかっただろ。この、究極進化したこのK-ness.の、次の、次のターゲットは、ブレイブゲートだ。戸澤の持つ、ブレイブゲート、次の挑戦者はこの俺だ! 次の後楽園、ブレイブゲートのベルトを巻いてココに返ってくるから、お前ら楽しみにしとけよ。それからお前ら! いつまでも馬鹿やってろ!」とマイクを投げ捨てる。

先生がマイクを取り「誠! ええこれはバカじゃありません、本気です。3-B生徒会結成してね、初めて4人で不良グループ相手しました。だいたいこの流れ、生徒会が勝つんですよ。
CIMA「しかし」
先生「まさか先生も負けると思いませんでした。嘉人、うちの中学校であんまり流血辞めるように。女生徒がびっくりしますからね。熱くなるのはいいですけどね、血はダメです」
CIMA「まずね、パンチ、ビックリした。開始後分で見たら血だらけ」
先生「先生もびっくりしました」
CIMA「それから、Gammaちゃんこと嘉人、生徒会が押せ押せになって飛ぼうぜと飛んだ、飛んだ、達樹も飛んだ、先生も飛んだ、そしたら大流血。金八でゴールデンタイム流せないですよ」
先生「そうですね、すぐ保健室行くように。嘉人、負けちゃいましたけど素晴らしい闘いでした」
CIMA「勝った負けたじゃない」
先生「人間て言うのはね、負けて成長するもんですからね、これからも一生懸命頑張りましょうね、お前たち3人、お前たち3人に先生が一つ言いたいことがあります。座りなさい。ちゃんと体育座りをするように。達樹! 膝を抱える! お前たち3人がね、MAD BLANKEY、不良グループ入って先生この学校やってきました。更生するために8枚のYシャツ達樹に破らせました。今まで仕事がらYシャツ買ったことありません。今年はよく紳士服売り場に行きました。そんな不良から更生した3人に、先生ね、教えることは何もありません。生徒会発足して一ヶ月という異例の早さで、普通長続きするもんですけど1ヶ月という生徒会、今日で解散します! いいですかお前たちね、今はエーっていうかもしれない、3ヶ月後4ヶ月後皆反応しなくなります。それが人間の飽きっていうものです。旬のうちに終わった方がいい! 先生的にもそうです。あははじゃないよね、去年休んで髪伸ばしました。そしたら伸彦言いました。金八さんに似てると。それから出ました了八先生、おかげさまで盛り上がりました」
CIMA「確かにね、先生の言うとおり旬で終わるのも一つの手ですから、先生が言うなら従うまでですから、まだ見たいぞとかもうちょっと見たいぞとか、今見たいのは当たり前やけど、夏過ぎたら飽きてるから、まだ見たい、もっと見たい、その先に何があると思います? また見たい、その時には、3年B組了八先生2になって帰ってきましょう。そん時には新入生の市川くんも待ってるんで」
先生「その時来る時に先生やってみたいと思います。今から解散ついでに先生と生徒会でサイン会しましょうかね」
CIMA「嘉人の達筆な字が見れる」
先生「生徒会ね、本日をもって解散します。はいどうも!」

第5試合

2015-6-3ドラゴンゲート後楽園_第5試合先発は戸澤とKzy。戸澤がショルダータックルで倒し、続いてラリアットを放つがKzyはこれを避けてWARMのようにリングを飛ぶ。しかし戸澤が前蹴りでKzyを場外に落とし走りこむが、ライオンサルトでリングに戻り「TO EASY」とポーズを決め吉野にタッチ。Kzyもハルクにタッチ。吉野はハルクを場外に落としトペを発射。リングには鷹木と清水がタックルのぶつかり合い。清水が打ち勝ちKzyにタッチ。

Kzyは鷹木にフィストドロップ。さらに投げようとするが、耐えた鷹木がブレーンバスターで投げ捨て戸澤にタッチ。

戸澤はKzyにコーナーでマシンガンチョップ。さらにグーパンチから吉野にタッチ。

吉野は鷹木とともにダブルで倒すともちつき式にエルボードロップから戸澤と鷹木が次々セントーン。吉野はKzyをロープにフルが、Kzyは変則的にロープワークするとヘッドシュリンカーを吉野に叩き込みハルクにタッチ。
ハルクは吉野にその場飛びムーンサルトから清水にタッチ。清水はブレーンバスターで吉野を叩きつけフォールも2。清水はハルクにタッチ。

ハルクはフライングメイヤーから顔面を蹴りつけフォールも2。ハルクはKzyにタッチ。Kzyは吉野にバックブリーカーからハルクとの連携攻撃。フォールも2。

ハルクは吉野に前蹴り。から回転蹴り。これを避けた吉野がハルクにドロップキックを叩き込み鷹木にタッチ。
鷹木は次々なぎ倒すと清水と組合い、追走式のボディスプラッシュからラリアットで倒す。場外に落ちたDia.HEARTSに戸澤がトペ。
リングに戻った戸澤はKzyに串刺しエルボーからブレーンバスター。だがKzyはスピンキックからブレーンバスターを狙うが、戸澤が改めて「ブレーンバスター」と叫ぶもKzyが叩きつける。戸澤が「今度こそ、ブレーンバスター」と狙うもKzyがブレーンバスターで叩きつける。両者リング外に降りる。

ハルクが吉野に延髄斬り。さらにその場飛びカンクーントルネードからコーナーに走りこむ。吉野はそれをショルダースルーで座らせるとドロップキックを叩き込み、さらにクリスト。
清水が出てきてカットに来た鷹木とぶつかり合い。そのままエルボー合戦からチョップ合戦。ラリアットの打ち合いから鷹木がグーパンチ。だが清水がボディアタック。受けきった鷹木がラリアットでなぎ倒すがすぐに清水は立ち上がりバックドロップ。すぐに立ち上がった鷹木へ清水がショルダータックルを叩き込み倒すと、ハルクとKzyが出てきてトレイン攻撃。

Kzyが肩に担いだところへハルクが顔面にドロップキックを叩き込みそのままKzyが韻波句徒。フォールも2。

ハルクがコンビネーションキックからのかかと落とし、ファーストフラシュを狙うが避けた鷹木がハルクを頭上に投げ捨て、そこに吉野と戸澤が出てきてトレイン攻撃。戸澤がKzyをセットしたところへ吉野が高角度ミサイルキックを叩き込んでフォールも2。

戸澤はハルクのバックを取るも、バックエルボーで逃れたハルクが走りこんできた戸澤をコーナーに押し込み、Kzyと清水がトレイン攻撃。清水がネックハンギングボムで叩きつけ、さらにジャイアントイング。回っている戸澤の顔面にKzyがドロップキックを叩き込み、清水が亀有公園前固めから引っこ抜きシットダウンパワーボム。フォールも吉野がカット。

Kzyが戸澤にKZ.TIMEをはなつが、これを避けた戸澤。MONSTER EXPRESSがKzyにトレイン攻撃を放つが、全て足を伸ばしKzyはカットしコーナーに登るも、戸澤が正面に登り雪崩式ブレーンバスター。コーナーにもたれかかったKzyにMONSTER EXPRESSは次々串刺しラリアット。更に吉野がトルベジーノから鷹木が叩きつけフォールも2。

戸澤とKzyがエルボー合戦から戸澤がスピンキックから投げ捨てジャーマン。ロープに飛んで走り込むもKzyが丸め込む。2で返した戸澤がジャーマンスープレックス。これはハルクがカット。戸澤がパッケージジャーマンスープレックスホールド。これで3カウントを奪った。

戸澤は「さっきの試合で、K-ness.が俺のブレイブのベルトに挑戦したいと? どうですか? このブレイブのベルトに挑戦したいと、オイK-ness.! お前のその挑戦この戸澤陽がうけたろやないかい! このドラゴンゲートの最前線でやってる戸澤陽のプロレス、お前の身体に全部ぶち込んだるからな、怪我せんように気をつけろよ。まあそんなことより、ビッグR! ビッグRこら、なんかお前鷹木さんに恨みでもあるんか? 一応先輩やろコラ! 鷹木さんのとやる時だけ表情ちゃうやんけ! しかも今日試合で触ってないぞ! 俺にも来いや一応先輩やぞ! お前な、お前見たいなクソガキがよ、鷹木さん、お前が打ち勝てるわけないやろ。一つ言っとくぞ、これ大事なことやから覚えとけよ。鷹木さん怒らせるとめちゃめちゃ怖いぞコラ」と挑発すると、鷹木と清水が張り合い始め、これを両軍止めに入るが、清水が鷹木の顔面に水を吹きしたり顔でリングを後にした。

第6試合

2015-6-3ドラゴンゲート後楽園_第6試合先発は土井とT-Hawk。T-Hawkがヘッドロックでとらえるが、土井が腕を捻り抜け出す。両者距離を取り、土井が走りこんで連続ネックホイップから両者タッチ。

Eitaのタックルを潰したYAMATOがバックを取るも、Eitaが腕をとって捻り上げる。そのままヘッドロックに移行するが、抜け出たYAMATOがロープに飛んでショルダータックル。かっこいいポーズをしてからEitaの攻撃をスカシ改めてポーズを決めるが、Eitaはアームホイップで投げ捨て顔面にドロップキック。
T-Hawkも出てきてダブルのガットショットからダブルチョップ。さらにダブルのホイップから顔面に同時ドロップキックを叩き込みEitaはT-Hawkにタッチ。

T-HawkはYAMATOを投げようとするが、耐えたYAMATOがフロントチョーク。そのまま自軍コーナーに行き土井にタッチ。

土井はT-Hawkの顔面を蹴りあげ、立ち上がらせると強烈なチョップを連発。だがT-Hawkが逆水平を叩き込み倒すとEitaにタッチ。

Eitaは土井を投げようとするが、逆に土井がボディスラムで投げ捨てエルボードロップ。土井はYAMATOにタッチ。

YAMATOは土井とともにEitaの顔面を掻きむしると、コーナーで顔面を踏みつけていく。
YAMATOはボディスラムから土井がスワンダイブセントーン。さらにYAMATOがスワンダイブのフットスタンプからフォールも2。

YAMATOはEitaをロープに振り、帰ってきたEitaに土井と合体シーソー式バックブリーカー。YAMATOはEitaの顔面を踏みつけてから土井にタッチ。

土井はコーナーをはずしてそれで叩きつけYAMATOにタッチ。YAMATOと土井はダブルのバックエルボーからYAMATOが踏みつけ式体固め。2で返したEitaにYAMATOはチンロック。続けてブレーンバスターで投げようとするが、着地したEitaがYAMATOのパンチ・キックをキャッチし後頭部を殴りつけてからドロップキックを叩き込みT-Hawkにタッチ。

T-Hawkは土井とYAMATOを二人まとめてブレーンバスターで投げ捨て、そのまま場外に落ちた二人にEitaがトペを発射。リングに投げ入れられたYAMATOにT-Hawkは串刺しチョップからハーフダウンのYAMATOに強烈なチョップを叩き込んでフォール。返したYAMATOにバックドロップを狙うが、耐えたYAMATOがコーナーに突き飛ばし串刺し顔面ドロップキック。
YAMATOはローリングエルボーからパンチとキック。さらに飛びつき腕ひしぎ。だがそのままT-Hawkは担ぎあげてリングに叩きつける。両者タッチ。

土井はEitaに走りこむが、Eitaがカットし土井の顔面にドロップキック。更にその場飛びムーンサルトからフォールも2。
EitaとT-Hawkは合体串刺し攻撃から、T-Hawkがブランコ。Eitaは土井に飛びつくも、土井はそのまま正面に叩きつけ、さらにパワーボム。土井はYAMATOにタッチ。

YAMATOは串刺しエルボーからブレーンバスターを狙うが、着地したEitaをロープにもたれかからせそこへ土井がダイビングセントーン。
カットに来たT-Hawkへ土井とYAMATOは合体攻撃から投げようとするが、T-Hawkが逆に投げようとする。これを耐えたYAMATOが強烈なチョップ。チョップ合戦となり、ロープに飛んで走り込んだYAMATOを頭上に投げたところへEitaがトラースキック。そのYAMATOをT-Hawkが担ぎ上げグランデからフォールも2。T-Hawkはナイトライドで叩きつけフォールも2。

改めてナイトライドを狙うが、これを着地したYAMATOをEitaが丸め込む。返したYAMATOへNumero Uno。これは土井がカット。だが改めてNumero Uno。しかしこれも土井がカット。土井はDOI555を狙うがEitaが丸め込み丸め込み合戦。Eitaがトラースキックも、土井が走りこんできたEitaを担ぎ上げシットダウンパワーボム。フォールもT-Hawkがカット。

T-Hawkと土井がチョップ合戦から土井が追走式のエルボー。走りこんだ所をT-Hawkが頭上に投げ捨てニーリフト。

串刺し攻撃を狙った所へYAMATOが顔面トラースキック。倒れたところへ土井がダイビングエルボードロップを投下しフォールも2。

YAMATOはギャラリアを狙うが、着地したT-Hawkがナイトライドを狙うも、ヤマトは胴締めスリーパー。そのままの体勢でスープレックスで叩きつけると、改めてギャラリアを叩き込んでフォールもEitaがカット。

EitaはYAMATOと土井にチョップ攻撃。だがYAMATOが串刺し顔面ドロップキックから土井が大暴走。Eitaを場外に出し、YAMATOがブレーンバスターでT-Hawkを叩きつけフォールも2。
返したところへ土井がバカタレスライディングキックからDOI555。さらにバカタレスライディングキックを叩き込んで3カウントを奪った。

エンディング

2015-6-3ドラゴンゲート後楽園_エンディング土井は「T-Hawk、情けないな! お前らもそう思うやろ! ブーイングはおかしいぞ、今日は、セコンドも凶器も一切使ってへんからな! お前ら言っとくぞ、T-Hawkなんか言ってたよな? 信悟? 戸澤、ハルク、YAMATO、そしてこの俺をごぼう抜きするとかふざけたこと言ってたけどな、何やこのザマは情けないな! Eitaお前も一緒やぞ! お前ら二人クソガキが後楽園のメインで試合できただけでもありがたく思え! そうやろオイ! お前ら糞ガキども、俺にもっと感謝しろや。何やその目は? 悔しいかオイ!」
T-Hawk「オイ、土井、散々言ってくれたなオイ、俺はな、1回や2回の負けでは、絶対に屈しないからな。Eitaも一緒だ! 土井、YAMATO、吉野、そしてDRAGON GATE一期生の鷹木、戸澤、ハルク、あの5人も一緒だからな」
(MONSTER EXPRESSとDia.HEARTSがリングへ)
T-Hawk「噂をすれば、鷹木、戸澤、ハルク、よく来てくれたな、お前らにも意地があるかもしれないが、超新世代の俺とEitaにも意地があるんだよ。なんだったらな、ビッグR清水にもその熱い心、あいつはもってんだよ。わかりやすく、単刀直入に言ってやる。新世代のお前ら三人と、超新世代の俺たち三人で勝負しろや!」
戸澤「ちょいちょいちょい、何を噂をすればじゃ、マイクで喋れば全部聞こえとるんじゃ! こりゃT-Hawk! 負けたくせにチャラチャラチャラチャラ喋ってんじゃねーぞオイ! T-Hawkがなんぼのもんじゃ、Eitaがなんぼのもんじゃい、清水がなんぼのもんじゃい! お前らみたいなクソガキが俺たちDRAGON GATE一期生に勝てるわけないやろ!」
Eita「オイ戸澤、おまえごちゃごちゃうるせーんだよ」
鷹木「ごちゃごちゃうるせーのはてめーの方だ、せっかく戸澤が喋ってんのに皆戸澤のマイクが聴きてーんだ邪魔してんじゃねーぞ。俺たちは10年以上紆余曲折あって今があるんだよ。1年、2年結果残しただけで上から目線か、お前らなんか俺らからしたら若手ABCだ」
ハルク「俺も言っちゃうよー! ビッグR同じユニットになってから試合してないよな。お前ら若い奴らとやらにはいい機会だ、何だったら、同期の戸澤くんと、ちょっと苦手だけど鷹木と組んでやってやってもいいんだぞコラ! 苦手だけど……」
T-Hawk「お前らやる気満々のようだな、後は清水、お前の返事だけだ」
清水「俺には詳しいことはわかんねーでもな! 鷹木! 戸澤! ハルクさん、いやB×B! お前ら3人とやってやるよ!」
(八木本部長が登場し次回後楽園で6人タッグマッチを決定)
土井「俺らほったらかしか! 勝ったん俺やぞ!」
吉野「オイ土井、一番ほっとかれたのは誰やと思ってんねん! 一緒に出てきてエプロンおっただけやないか俺。T-Hawkなんて言った? 信悟、ハルク、YAMATO、戸澤、そしてこの俺、お前俺どこいったねん! 俺は今年のキング・オブ・ゲート優勝者やぞ!」
土井「何年前の話してんねん!」
吉野「3日前の話じゃ!」
土井「そんなんだいぶ前の話じゃ、お前とは博多でツインゲートのタイトルに俺とYAMATOが挑戦するの決まっとるんやから、それ以外何もないわ」
(CIMAがリングに登場)
CIMA「おい、誰も呼んでくれんから勝手に出てきたわ。ほっとかれたっていうのはそういうのちゃうぞ。呼ばれてもいないこの身、あーきついですよ。分かりますか?呼ばれない身分。キツイですよ。でもな、お前ら三人偶然余ったんかオイ、マイク聞いてたら、新世代超新世代の方もミレニアルズとDia.HEARTSの枠を超えて組むんやろ? お前らも枠を超えて、戸澤、信悟、ハルクが組むんやろ? お前ら3人残っとるやないか、YAMATO、土井、吉、お前ら組んだらええんじゃないか? どうですか!」
土井「悪いけどナシや、ナシや!」
CIMA「うし、もう一回聞こう、皆、垣根を超えて組むんやな! YAMATO! 土井吉! おまえら組んだらええんちゃうか?」
土井「なしなしなし! 東京やからって、後楽園ホールやからってなんでも見れると思うなよ?お前ら、大阪のファン怒ってくるぞお前ら! お前ら贅沢すぎるんじゃ!」
吉野「お前らよう聞けよ、組めるわけないやろ! 誰がやるかコラ! お前はどうやねんYAMATO」
YAMATO「まあよ! 新世代ってくくられても、二人は同級生だろ? 俺はDRAGON GATE同級生居ねーんだよ。しかも同期はKzyと木股だぞ。だいたいよ、二人組むのに俺いる? いるか俺?」
土井「そんなんな、年齢は、共通点で同級生いったけどな、吉野正人、小野寺正人、ダブル正人や! おかしいやろ! 共通点ありあり、漢字も一緒」
吉野「結果ノリノリになっとるやんけ、どういうことや」
土井「CIMA、そういうことや」
CIMA「何やねんお前ら、ノリノリでやって提案した俺また置いてけぼりやないか。俺は喰らいつくぞこの野郎。お前ら完全に出来上がってるな、来月の7月2日の後楽園ホールで、YAMATO土井吉決定や。お前ら3人やな?そこでそれなりの対戦相手が必要やな。俺一人でやってもしょうがないな、俺は、あんまり日本人の友達レスラーいてへんから、海外に戸澤と一緒ぐらい友達のレスラーいてるんや。その友達のレスラーから連絡があって、是非DRAGON GATEに帰ってきて試合がしたいと。そういう選手が、二人居ます。お前らはもちろん、皆さんもよく知ってる選手ですよ。仮にXとYとしよう、これは期待してもらって構いません。お前らと対戦するんやからそれなりの選手は、その選手は6月中に来日するから、7月2日CIMAが責任持って連れてきて、CIMA&X&Y、YAMATO土井吉の3対3でやろうどうですか?」
(八木本部長が次回インターナショナルジェネレーション6人タッグマッチを決定)
土井「絶対教えてくれへんと思うけど誰やねん」
CIMA「外国人や! お前らのたらん頭で考えときや。XとYに負けないようにCIMAも尖っていくからな、楽しみに」
土井「YAMATOと組むのはいいけど、吉野! 吉野! お前のことは一切信用も信頼もしてへんからな、来月の後楽園楽しみにしてるぞ」
YAMATO「そうだそうだ」
吉野「他に言うことないんか」
YAMATO「俺が言いたいことは土井ちゃんが全部言っちゃったんだ。マイク渡されても困るけど、だから一つだけ言わせてもらうぞ、後楽園、今日の俺たちも、最高にカッコ良かっただろ?」
吉野「じゃあ来月はそこに俺も入れてもらおうかなぁ。まあ土井が俺を信用しとらんように、俺も土井が信用ならんからな、おい正人! 上手く間入れよ。おいミレニアルズどこいったんや? 試合してない俺らがなんで残っとんねん(気づくとリングまわりにはMONSTER EXPRESSのみ)」
戸澤「ミレニアルズは早い段階で帰ってましたよ」
吉野「どうしましょう? しゃちさんも入ってくださいよ。メインで試合した選手誰もおらんやんけ。せっかくなんでMONSTER締めさせていただきますか。私もさっき暴言吐いてしまって皆さんすいませんでした。土井と組みたくないばっかりにね。改めましてね、先ほどから何回も話し出てますけども、キングオブゲート優勝いたしました!」
戸澤「二冠じゃないですか。今年僕ブレイブゲートのベルトとお笑いゲート持ってますんで僕も二冠ですよ」
鷹木「俺なんもねーよ」
戸澤「鷹木さんは、強そうやし、チャンピオン風じゃないですか。こないだ鷹木さんと居酒屋行ったらよっチャンピオンて、僕かと思ったら鷹木さんがチャンピオンと呼ばれてるんです」
鷹木「総理大臣と一緒で、一度なるとずっとチャンピオンて呼ばれちゃうんです」
戸澤「MONSTERは全員チャンピオンです」
吉野「博多のほうでね、チャンピオンゲートありまして、初日がブレイブゲートですかね」
戸澤「やってやるって言っただけなんでまだわからないんですけど、K-ness.とやることになりまして」
吉野「僕とシャチは先ほどの土井YAMATOなんですけど」
シャチ「必ず、勝ちましょう」
吉野「まあね、2日目、わたくしB×Bハルクが持つドリームゲートにも挑戦しますんで、初日ツインゲートで土井&YAMATO、2日目ハルクとドリーム、ツライじゃないですか!」
戸澤「試合に勝ったら得るもの大きいですね、キングオブゲートの覇者でツインゲートにドリームで三冠ですよ」
吉野「ハルク戦に勝てば張ってある7月20日神戸のファイナリストになれるみたいなんで。上見て私頑張りたいと思います。7月カード二つほど決まりましたけど、次帰って来る時は戸澤がお笑いとブレイブ持って、シャチがツインゲート持って僕がツインゲートとドリーム持って、大将が永遠のチャンピオンとして帰ってくるんで期待しててください。今日はありがとうございました!」

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る