新日本プロレスが『BEST OF SUPER Jr. XXII』の出場メンバーならびに公式戦全カード&7.5『DOMINION』の追加カードを発表

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

新日本プロレスが“ジュニア最強戦士決定戦”『BEST OF SUPER Jr. XXII』の出場メンバーならびに公式戦全カード、さらに上半期の大一番『DOMINION 7.5 in 大阪城ホール』の追加カードを発表した。

『SUPER Jr.』は外道が3年ぶりに出場。ROHのカイル・オライリーとボビー・フィッシュ、CMLLのバルバロ・カベルナリオ、かつて新日本でも活躍したデイブ・フィンレーの息子であるデヴィット・フィンレー、そしてヤングライオンの小松洋平が初出場。

『DOMINION』大阪城大会では後藤洋央紀vs.中邑真輔のIWGPインターコンチ戦、真壁刀義vs.石井智宏のNEVER無差別級戦、マット・ターバン&マイケル・ベネットvs.カール・アンダーソン&ドク・ギャローズのIWGPタッグ戦という三大リターンマッチのほか、棚橋弘至vs.矢野通、柴田勝頼vs.桜庭和志、ケニー・オメガvs.SUPER Jr.優勝者のIWGPジュニアヘビー級戦などが決定。

BEST OF SUPER Jr. XXII

【Aブロック】
獣神サンダー・ライガー
田口隆祐
小松洋平
バレッタ
外道
バルバロ・カベルナリオ(CMLL)
チェーズ・オーエンズ(NWA)
カイル・オライリー(ROH)

【Bブロック】
タイガーマスク
KUSHIDA
アレックス・シェリー
マスカラ・ドラダ
デビッド・フィンレー(フリー)
ロッキー・ロメロ
ボビー・フィッシュ(ROH)
ニック・ジャクソン

・優勝賞金500万円
・16選手がA・B、2つのブロックにわかれリーグ戦を行う。
・公式リーグ戦はすべて30分1本勝負。
・全ての勝ちは2点、全ての負けは0点、全ての引き分けは両選手1点、無効試合は両選手0点とする。
・6月7日(日)東京・国立代々木競技場第二体育館において、Aブロック1位選手とBブロック1位選手が時間無制限1本勝負で優勝決定戦を行う。
・1位選手が同点の場合はリーグ戦の直接対決の勝敗で順位を決定する。なお1位選手が複数で直接対決の優劣がつかない場合は優勝決定戦進出決定戦(ルールは状況に応じて決定する)を行う。

BEST OF SUPER Jr. XXII
日時:2015年5月22日(金)
開始:18:30
会場:東京・後楽園ホール

▼第1試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Aブロック公式戦 30分1本勝負
獣神サンダー・ライガー
vs.
小松洋平

▼第2試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Bブロック公式戦 30分1本勝負
タイガーマスク
vs.
ニック・ジャクソン

▼第3試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Bブロック公式戦 30分1本勝負
アレックス・シェリー
vs.
デビッド・フィンレー

▼第4試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Aブロック公式戦 30分1本勝負
バルバロ・カベルナリオ
vs.
チェーズ・オーエンズ

▼第5試合 10人タッグマッチ 30分1本勝負
後藤洋央紀/真壁刀義/棚橋弘至/柴田勝頼/本間朋晃
vs.
中邑真輔/石井智宏/矢野通/桜庭和志/YOSHI-HASHI

▼第6試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Bブロック公式戦 30分1本勝負
ロッキー・ロメロ
vs.
ボビー・フィッシュ

▼第7試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Aブロック公式戦 30分1本勝負
バレッタ
vs.
カイル・オライリー

▼第8試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Bブロック公式戦 30分1本勝負
KUSHIDA
vs.
マスカラ・ドラダ

▼第9試合「BEST OF SUPER Jr. XXII」Aブロック公式戦 30分1本勝負
田口隆祐
vs.
外道

ページ:

1

2 3 4

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×