イラプションが9・4名古屋でKO-D6人タッグ王座に挑戦! 坂口征夫「ベルト引っぺがしてやるから楽しみにしとけ」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが8月6日、神奈川・横浜ラジアントホールで「Road to PETER PAN 2022 in YOKOHAMA」を開催。イラプションの坂口征夫、赤井沙希、岡谷英樹が9月4日、名古屋国際会議場イベントホールでのビッグマッチで、佐々木大輔、MJポー、KANONが保持するKO-D6人タッグ王座に挑むことが決まった。

 この日、佐々木とポーは欠場となったが、KANONと目の負傷が癒えた藤田ミノルが第4試合で勝俣瞬馬、エル・ユニコーン組と対戦。KANONがユニコーンをコブラツイストで絞め上げてギブアップを奪い、マスクをはいでしまった。ここでイラプションが脱兎のごとく現れ、ダムネーションT.Aを襲撃。

 岡谷が「そんなにいじめたいなら、俺たちが相手してやる」と言えば、赤井は「すごい思い入れのある6人タッグのチャンピオン像って、そんなんじゃないねん。アンタらの持ってるベルト懸けて、うちらとやれ!」とアピール。

 今林久弥GMが「皆さんが挑戦したい気持ちは分かったんですが、いかんせん3人のチャンピオンのうち、一人しかいませんので」と困惑していると、藤田が「カリスマもMJもいないけど、ベルトだけはここにある。カリスマもMJもきっと、噛みつくことでおなじみのイラプションとタイトルマッチしたいに決まってる。その挑戦、ダムネーションT.Aが受けてやる」とマイク。チャンピオンの一人のKANONが受諾したことで、今林GMが9・4名古屋でのタイトル戦を決定した。

 最後にマイクを持った坂口は「MJ、佐々木、見てるか? オマエらが家で寝転んで間に、事はどんどん進んでいってる。名古屋、ベルト引っぺがしてやるから楽しみにしとけ」とベルト奪取宣言。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る