樋口和貞&吉村直巳が豪快に好発進し、7・24後楽園でKO-Dタッグ王座に挑戦!それぞれがイラプション、ディザスターを巣立ち

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが7月7日、東京・新宿FACEで「DDT FREE ~みんなで声出そう!~」を開催。先の「KING OF DDT 2022」で決勝を争った樋口和貞と吉村直巳がコンビを組んで豪快に発進。同24日の東京・後楽園ホールでMAO、朱崇花組が保持するKO-Dタッグ王座に挑むことが電撃決定。2人はタッグを本格的に始動するにあたり、樋口はイラプション、吉村はディザスター・ボックス(DB)から巣立つことになった。

 同3日、後楽園での同トーナメントで優勝した樋口が「吉村と組んでも面白いかもしれない」と発言。団体側が樋口の意向を汲み、吉村とのタッグ結成を即断。この日のメインイベントでサウナカミーナの上野勇希、小嶋斗偉組と対戦した。

 サウナカミーナはスピード、空中戦で挑んでいくが、樋口組はパワーで圧倒。若手の小嶋は樋口に決死のチョップを連打していくも、逆に樋口のチョップ1発でダウン。それでも小嶋は三角絞めで樋口を攻めていくが、樋口は持ち上げてマットにたたきつけた。樋口と吉村はサンドウィッチ・ラリアットで上野を排除すると、樋口がブレーンクロー・スラム小嶋を仕留めて、樋口組は圧巻の勝利を奪った。

 試合後、セコンドで見守っていたイラプション、DBのメンバーがリングに上がり、坂口征夫が「樋口、吉村、いいチームだな。この間の後楽園の試合もすごかった。新しい形が見えた感じがする」と言えば、HARASHIMAは「よかったね、すごい。吉村、僕たちタッグを組んで楽しかったけど、シングルで戦って、もっと楽しかったんだよ。一つ上のレベルにいけた感じがした。もっとやったほうがいいんじゃないかと思ってる」と発言。ここで坂口が「樋口、もういいだろう。今日でイラプションから巣立て」、HARASHIMAが「僕、坂口さん、ほかのみんなは高い壁であり続けるから、これからは戦ってお互いを高めていこう」と、両ユニットのリーダーが2人に“巣立ち”を促した。

 樋口が「吉村、やるぞ! 俺たちでやるぞ! どうなんだ?」と振ると、吉村は「お願いします! やるからには腹決めて、俺と樋口さんと2人でDDTのトップを取りましょう。そのためには必要なことがありますよね? MAOさん、朱崇花さん、出てきてください」とKO-Dタッグ王者の2人を呼び寄せた。

 吉村は「2人の持ってるベルトに、僕と樋口さんで挑戦させてください」とアピール。MAOは「2人で仲良く駆け落ちしたところで、そういう虫のいい話は嫌いじゃないですよ。やりましょう」と受諾し、決戦の場は7・24後楽園に決まった。

 バックステージで樋口は「岡谷(英樹)、赤井(沙希)さん、坂口さん、お世話になりました。自分はイラプションを抜けます。イラプションから巣立てといわれ、やらなきゃいけない、やるなら今しかないと思います。今度は吉村とのタッグで、もっと上にいけるようやっていこうと思います」と決意。吉村は「リング上でHARASHIMAさん、大鷲(透)さん、平田(一喜)さんに声掛けてもらって、覚悟は決まってるんで。送り出してもらったからには、これ以上を見せていかないとダメだと思ってます。組むからには一気にテッペン取りにいきます。今、樋口さんが持ってるベルト。俺と樋口さんでタッグの頂点。24日、一発で俺たちがタッグのベルト獲って、一気にDDTの頂点を取りに行きます」とベルト獲りを誓った。

 受けて立つことになったMAOは「樋口、吉村、そのタッグ、歴史には残させない。ここにMAO、朱崇花の名前に上書きはさせない。俺たちはまだ無賃乗車の旅の途中なんだ。樋口、吉村、通過駅だ。いちいち止まってられない」と王座死守を宣言。

 また、今大会はソーシャル・ディスタンスの座席を確保し、不織布マスクの着用を徹底し、万全の感染対策を施したうえで、約2年ぶりに「声出し応援」を解禁し、大いに盛り上がっていた。

 なお、9月4日、名古屋国際会議場イベントホールでの大仁田厚、青木真也、納谷幸男組VS竹下幸之介、勝俣瞬馬、小嶋組による電流爆破6人タッグデスマッチが決定した。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る