勝俣瞬馬が岡谷英樹に辛勝しEXTREME王座初V! 「大仁田厚と組んでまたやってもいい」と再戦約束

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月21日、東京・後楽園ホールで『KING OF DDT 2023 FINAL!!』を開催した。DDT EXTREME王者の勝俣瞬馬が新鋭の岡谷英樹に辛勝し、初防衛に成功した。

 岡谷はトレードマークの赤髪から金髪に染め直して出陣。ルールは「刺さるデスマッチ」で、通常のハードコアアイテムに加え、“刺さる”ものであれば公認凶器として使用可能。さらに、通常の決着に加え、相手の耳にピアスを3つ開けた場合も勝利となるルールも付加された。

 試合はのっけから場外戦が展開され、勝俣がイス攻撃。リングインすると、岡谷の耳にピアッサーで1つ目の穴を開ける。さらに有刺鉄線ボードの上にボディスラムで投げ捨てる。両者ともに大型ホッチキスを持ち出すと、互いの体に打ち合う。続いて、頭に竹串を刺し合った。岡谷が画びょうを巻くと、勝俣が丸め込み。脱出した岡谷は勝俣の耳にピアスの穴を開ける。岡谷がエプロンと場外フェンスの間に有刺鉄線ボードを設置。エプロンでの攻防の末、岡谷がその有刺鉄線ボードに勝俣を突き飛ばした。大ダメージを受けた勝俣はリングに戻ると、一瞬の隙を突いて首固めで丸め込んで3カウントを奪い、辛うじてベルトを守った。

 勝俣が「岡谷! オマエはすごいな。デスマッチ、ハードコアの適性があると思ったし、結構追い込まれたから、こんな勝ち方しかできなくて。絶対にリマッチしよう」と言えば、岡谷は「メチャクチャ楽しかったよ。初めてのハードコアマッチで楽しさを教えてもらった」と返した。すると、勝俣は「大仁田厚がDDTに来るとき(7月1日、神奈川・横浜ラジアントホール)、あったな。そこで(大仁田と)組んでやってもいい。またやろうぜ」と再戦を約束して、両者は握手を交わした。

 バックステージで勝俣は「ずっと岡谷のことはすごいと思ってた。こんなズタボロにされたけど、岡谷ともっとすごいものを見せるんで。このEXTREMEで盛り上げるから」と話した。岡谷が「あんなんじゃ納得できねぇ。でも、一つ新しい楽しさを教わった。物足りねぇ。もう1回やらせろ」と言えば、イラプションのボス・坂口征夫は「勝俣! 大仁田厚だ? くだらねぇ名前出すんじゃねぇ。ふざけやがって」と吐き捨てた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る