千葉に猛獣襲来!真霜拳號が滝澤大志から2AWの至宝を防衛も羆嵐が挑戦表明!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、千葉・TKPガーデンシティ千葉で『2AW 旗揚げ3周年記念大会GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』が行われた。

今大会は梶トマトとティーラン獅沙の所属ラストマッチに加え、2大タイトルマッチと見所が多い大会。

 セミファイナルでは、吉田綾斗&エクシリオvs岡林裕二&チチャリート・翔暉の2AWタッグ選手権試合が実施。
チチャリートは、以前から吉田らが属する無法の王国“THE RULE”のやり方に猛反発しており、お前らがベルトの価値を貶めていると常に発言してきた。 吉田はチチャリートを目にも止めてなかったが、試合はチチャリートと岡林の特殊なタッグ力で王者組を本当。しかし、最後はレフェリーの目を盗み、吉田がベルトショットでチチャリートを沈めた。
試合後、次なる挑戦者として紅炎の花見達也と仁木琢郎が名乗りをあげ、ユニット抗争へと発展していく火蓋が切られた。

 メインイベントでは真霜拳號vs滝澤大志の2AW無差別級選手権試合が実施。
真霜は前回、笹村あやめからベルトを防衛し、次なる挑戦者の滝澤に対し、「ちいさいやつの次は、団体内で1番でかいやつか。無差別級はそうこなくっちゃな」と期待を示していた。
真霜は「俺とやり合って、どっちが勝つかわからない戦いが出来るのが滝澤大志」と瀧澤の実力は十分に認めているが、そこに怖さは感じておらず、負ける気は一切ないと自身のtwitterで発信している。3周年というところも強く意識し、滝澤から防衛することでさらにベルトの価値を上げていきたいのだろう。

 試合は序盤、滝澤のチョップに応える形で真霜もチョップを放っていった。両者大技を繰り出すも決着はなかなか付かなかったが、最後は真霜の垂直落下式ブレーンバスターから続けざまの真剣で滝澤を撃破した。

試合後に余韻に浸るのも束の間、リング上に現れたのはTHE RULEの面々だ。
スポークスマンであるナカ・シュウマがマイクを握り、THE RULEの新メンバーXに真霜へ挑戦させることを要求。

 真霜が「誰だよ。Xって言われても何のことかさっぱりわかんねえよ。誰かわかんないやつにOKしないぜ俺は」と難色を示すと、ナカは早速Xの正体を発表。
 モニターにはフリーの羆嵐からの「2AW無差別級のベルトに興味があるからタイトルマッチを組め」という旨のビデオメッセージが映し出されるが、真霜は「断る。俺は何回も言ってるよな。挑戦者は誰でも良い。ただし、覚悟のあるやつだ。今の映像見ただろ?そいつのどこに覚悟があんだよ」と一蹴し、「THE RULEの中で、お前以外は特に何も言ってこないし出てこない。いつも前に出て発言してるナカ・シュウマ、お前の方が覚悟を感じるよ。 お前が挑戦者なら認めてやる」とナカの王座挑戦を要求。
 ナカは「じゃあ俺が挑戦者や。んで、挑戦権利がある俺が、羆嵐に挑戦権利を譲る。これで文句ないやろ」という屁理屈で半ば無理矢理に真霜へ挑戦を受託させた。

最後に真霜は“紅炎”のリーダー花見にマイクを託し、花見が「俺は仁木とタッグのベルトに挑戦表明をした。必ず勝って、2AWの新しい景色を見せる。これからの紅炎に期待してください。今日はありがとうございました!!」と3周年記念大会を締めた。

7月31日『GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』で2AW 無差別級選手権試合として、真霜拳號vs羆嵐。そして2AW タッグ選手権試合として吉田綾斗&エクシリオ vs花見達也&仁木琢郎の2大タイトルマッチが決定。
 4年目に入った2AWは、これからどんな景色を見せていくのだろうか。まずは7月31日のTKP大会でタイトルマッチの行方に注目したい。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る