【全文掲載】武尊が『THE MATCH 2022』前日会見で那須川天心への思いを激白!「天心選手の存在が僕を突き動かしてくれた」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 18日、都内某所にて『THE MATCH 2022』の前日計量&前日記者会見が行われた。

 『THE MATCH』は那須川天心vs武尊のドリームマッチを実現するために創設され、格闘技界の各組織が手と手を取りつつ「格闘技界が1つになる」をテーマに掲げて行われる一大イベント。RIZIN、RISE、K-1のトップが実行委員として名を連ねており、天心武尊の“世紀の一戦”以外にも今まで交わることのなかったRISEとK-1の全面対抗戦が行われるなど、その注目度は非常に高いものとなっている。

 また、天心武尊戦については、前日計量で58.0kg、当日の試合3時間前に62.0kg(4kg戻し)で再計量を行うルールで実施。前日計量では武尊が58.0kg、天心が57.95kgでクリアしたが、試合直前まで目が離せない。

 計量の後には5部制の記者会見が行われ、第4部には武尊が単独で登場。世紀の一戦に向けての思いを語るとともに、マスコミからの質問に応じた。

武尊
「こんにちは。K-1世界王者の武尊です。明日は本当に、この試合のために沢山の人に協力してもらって、沢山の人のお陰で実現できた試合だと思っているんで、僕の今までやってきた人生、積み重ねてきたもの全てをぶつけて必ず勝ちます。最高の試合します」

――計量も終えてあとは戦うだけという状況ですが、今の感慨のようなものを教えてください
「長かったような、短かったような。そんな感じですけど、この期間って僕の人生の中で特別な機会だったなって。こんな経験できるの感謝だし、ホント人生でここまでキツいことって、これからも無いんじゃないかと思うんで。それに感謝して今日を迎えられたんで、明日はその、今まで培ってきたものを全部出して、すべてが報われる試合にしたいと思ってます」

――当日は4kg戻しの計量があるが、どんなことに気をつけて明日まで過ごしますか
「こまめに体重を計りながらリカバリはしていこうかなと思ってます」

――今のところの問題は
「今までリカバリで体重計りながらっていうのはやったことなかったんで、どれくらい戻るかっていうのも把握できてないんで、気をつけながらって感じですね」

――どんなファイトを見せたいか、どんなものをファンに伝えたいか
「言葉ではなにも言わなくていいのかなっていうぐらい、最高の相手だと思うし、明日は最高の相手と最高の場所で最高の試合ができるんで、それを見てもらえば。色々伝わるんじゃないかと思うんで、全力で戦って、必ず勝ちます」

――勝ち方のイメージはありますか
「んー、あんまり特別イメージは持たないようにしていて、試合にならないとわからないし。天心選手も世界最高レベルのキックボクサーだと思っているので、何が来るかわからないと思うし、戦ってみて、そのときに自分の直感を信じて戦おうかなと思ってます」

――今現在の心境は
「さっき言った感じになっちゃうんですけど、やれることはやってきたんで、今日まで。ホント、試合を熱望されてから7年くらい。自分の中で色んな思いもあったし、その間で試合してきた相手だったり、練習してきたものだったり、生きてきた時間っていうのが全部明日表れるんじゃないかと思うので、自分が生きてきた人生を信じて全力でやるだけかなと思います」

――今の気持ちは、ワクワクしている?
「なんか、逆に今、“無”な感じですね。色んな思いはあるんですけど、いい意味で僕の中では無になっているイメージです」

――先程、同じKREST勢のK-1ファイターたちが『武尊選手にバトンを繋げたい』と話していましたが、それを聞いて思ったことは
「ホント、格闘技って個人の闘いで、1vs1の闘いなんで、チーム戦ではないんですけど、今回はそういう意識を持ってみんな一緒に戦ってくれてるってのもあるし。ホント、K-1というのは、魔娑斗さんの時代から、もっと前はアンディ・フグさんの時代からずっと受け継がれてきたものなので、K-1の強さを見せつけて証明する試合にしたいと思ってます」

――地上波ゴールデンが無くなったときの気持ちはどうだったか、そこからどう立て直したかを教えてください
「それは、聞いたときはすごい悔しかったし、新生K-1旗揚げ当初からそれを目標に、僕は芸能活動だったりPR活動っていうのを、それを目標にやってきたところがあったので、この集大成と言えるような試合の時に無くなったのはすごい悔しかったし、今もちょっと悔しい気持ちは残ってますけど、今日発表された通り、後日ですけどテレビ放送も決まって、今回Abema TVで見られなかった人たちだったり、そのときにたまたま見てくれた子どもたちとかがその試合を見て、パワーを貰ってくれたら嬉しいなと思います」

――『人生でここまできついことなかった』という言葉がありましたが、具体的になにがきつかったか教えてください
「一番はやっぱメンタルですかね。どの試合もプレッシャーだったり背負うものがあって試合するんですけど、今回の試合は色んな意味で特別な試合ですし、実現するまでにもすごいメンタルを消費したし、決まってからも、天心選手もそうだし、お互いそうなんですけど、いろんなものを背負って明日リングに上って戦うんで。そういう意味で、キツいって言ったらちょっと違うかもしれないけど、僕はいい時間だったなって思ってます」

――試合が決まってから、地元・鳥取の方となにかを話したか
「試合が決まってから地元に帰れてないんで、特に話したりとかはないんですけど、応援メッセージはいっぱいいただいたり、僕が格闘技を始めた空手の道場だったり、初めてキックをやった道場だったり、最近は僕が生まれ育った米子市の人たちが横断幕みたいなものを作って送ってくれたり、色んなメッセージはいただきました」

――辛いトレーニング期間だったと思うが、その中で勇気をくれたもの、突き動かしたものはなんだったのでしょう
「色んな人の支えだったり、一緒にやってきた仲間だったり、たくさんのファンだったり、色んな人のパワーっていうのはもちろん僕を突き動かすものなんですけど、一番は明日闘う天心選手の存在が僕を突き動かしてくれたんだなっていうのを思ってて。明日はその感謝も込めて思い切り闘いたいと思います」

――計量後のフェイスオフで向き合ったときに天心選手を見た印象は
「印象は変わらないっちゃ変わらないですけど、前の会見で会ったときよりかはやっぱり、この試合に向けて研ぎ澄まされている感じもしたし、天心選手も最高に仕上げてきてくれたんだなというのを感じました」

――天心選手の警戒している部分は
「もう、天心選手のすべての攻撃が人を倒せる能力があると思っているんで、すべての攻撃に気をつけてます」

――フィニッシュはKOで決めたいですか
「そうですね。今回試合決まったときにも話しましたけど、この試合に判定はいらないと思うし、KOでどっちかが倒れてどっちかが立ってるって図式じゃないとこの勝敗ってハッキリ決められないと思うんで、倒して勝ちます」

――『これまで生きてきた人生を全てぶつける』といった言葉がありましたが、試合を終えた20日以降の人生で想像できているものはありますか
「試合っていうのは命の取り合いだと思ってるんで、負けたら死と一緒だと思ってるし、試合後の予定とかは特になにも決めて無くて。そのあとのことは今はなにも考えてないです。とりあえず明日勝つことだけを考えてます」

――当日4kg戻しですが、このあとなにを食べたい、どういう時間を過ごそうというプランは
「いつも通り、食べるものが決まっているので、それを食べに行こうかなと思います。うなぎ食べてます、いつも。(店とかは)そのとき決める感じです」

――Twitterに初代RISEスーパーフライ級チャンピオンでサウスポーの田丸辰選手との写真が上がっていましたが、彼とはどれくらいのスパーリングをされたのでしょうか
「最初に練習したのは、いつかな?去年過去としの最初くらいだったんですけど、そこから何回かスパーリングパートナーとしてきてもらって手合わせしてもらった感じです」

――彼のスピードやサウスポーというところがポイントになったと
「そうですね。すごい技術もあって勉強になると思って、やらしてもらってました」


『THE MATCH』
日程:2022年6月19日(日)
開始:13:00
会場:東京都・東京ドーム

▼THE MATCH 2022スペシャルルール 58.0kg契約 3分3R(延長1R)
那須川天心(TARGET/Cygames)
vs
武尊(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る