『敗者、相手ユニット入門マッチ』で意気投合!?消滅ではなく共闘を選び5年ぶりの握手

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 5日、スターダムが後楽園ホール大会を開催。メインイベントではCOSMIC ANGELS(コズミックエンジェルズ)とCOLOR’S(カラーズ)による『敗者、相手ユニット入門マッチ』が行われた。

 COLOR’Sとは、『女優によるプロレス団体』をコンセプトに所属選手を“アクトレスガールズ”と呼称して2015年に旗揚げされたActwres girl‘Zから、2019年に分かれた『アクトレスガールズBeginning』『アクトレスガールズColor‘s』の2ブランドの一つを母体とするユニット。
 2021年末を以てBeginningとColor‘sのプロレス団体としての活動は終了したが、SAKIが『ガールズプロレスリングユニット“COLOR'S”』として清水ひかり、網倉理奈、櫻井裕子を率いて活動を続けている。
 そのCOLOR’Sが、4月30日に行われたスターダム大田区総合体育館大会に乱入し、元アクトレスガールズの中野たむ率いるCOSMIC ANGELSに対戦要求。負けたほうが相手チームに入門することを条件に試合が決まり、たむを相手にデビュー戦を行っている清水ひかりは並々ならぬ思いを持ってこの試合に臨んだ。

 試合はCOLOR’Sが明るい連携を見せていくが、たむが「コズエンなめんな」と清水に容赦ないバズソーキック。コズエンもハードヒットな連携で清水をいたぶっていき、SAKIや櫻井のアシストも虚しく清水はボロボロに。たむは大の字になった清水を冷たい目で見下ろし、バイオレットシューティングからバイオレット・スクリュー・ドライバーで突き刺し3カウントを奪った。

マイクを持ったたむは「コズミックエンジェルスは、可愛くてカラフルで踊れるだけじゃない。可愛くて、カラフルで、踊れて、強いんだ!カラーズ、あなたたちには、私達の研究生になってもらう。とは言いません。今日はプロレスラーの強い心を見せてもらいました。カラーズっていう組織はそのままでいい。名前も使って良い。自由に色んなところに行けば良い。そして、私達と連合軍としてともに戦おう」とSAKIに手を差し出す。SAKIはその手を握り「共闘ってことですよね?私たちカラーズの4人の色が加われば、コズミックエンジェルズ、スターダムで一番のユニットになると思います」と継続参戦を約束した。

 スターダムでは最多人数の8人となるユニットとなり、この日参戦できなかった網倉理奈を含めてフルメンバーでのダンスが期待される。
 また、COLOR’Sは7月15日に新木場1stRINGでの自主興行が決まっており、この日にコズエンが参戦するのかにも注目が集まる。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る