ジャンボ鶴田23回忌メモリアル大会にザ・グレート・カブキ&小橋建太&渕正信&田上明&川田利明&天龍源一郎が「オーッ!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 31日、東京都・後楽園ホールにて『ジャンボ鶴田23回忌追善興行』が開催された。

 鶴田さんは1972年のミュンヘンオリンピックにレスリングの選手として出場し、その後ジャイアント馬場さんからスカウトを受け全日本プロレスへ入団。その後は押しも押されもせぬ全日本のエースとして君臨してきたが、病に倒れて一線を退き、筑波大学大学院でコーチ学を修めるなど“教授レスラー”の道を目指し始めるも1999年に引退。その後は国内外を問わず教鞭をとったが、肝臓移植手術中の大出血で2000年5月13日に逝去。49歳という早すぎる死を全世界が悼んだ。
 鶴田さんが日本のプロレス界に残した功績は大きく、未だに“最強のプロレスラー”を問われて鶴田さんの名を挙げるプロレスファンも多いほど強く皆の心に残っている。その死から20年以上経ったこの日の23回忌追善興行にも1588人(超満員札止め)のファンが駆けつけた。

 各試合の選手たちが天国の鶴田さんに試合を届けるべく、バックドロップやジャンピングニーが勝敗のカギを握るような試合を展開。そして盟友・タイガー戸口も「今年は鶴田の23回忌です。仏門では来年からは彼が仏から神に上がるときだからちょうどいいなと思って」と引退試合を行い約54年間のプロレスラー生活に幕を下ろした。

 メインイベントでは、鶴田さんが統一した三冠ヘビー級王座を戴冠したことのある6選手による6人タッグマッチが実施。
 宮原健斗(第55、57、60、62、65代王者)&(第35、42代王者)鈴木みのる&秋山準(第44、53代王者)vsジェイク・リー(第64代王者)&大森隆男(第48代王者)&ジョー・ドーリング(第50,57代王者)という豪華な顔ぶれの試合では、6月19日の大田区総合体育館大会で三冠戦を控える宮原vsジェイクの対面を中心に、秋山&みのるのギクシャクしながらのタッグワーク、秋山と大森の久々の対面、久々に来日したジョーの大暴れと見せ場につぐ見せ場で会場は大いに沸き、激闘の末に30分フルタイムドローの結末となった。

 全試合終了後に行われた鶴田さんの追悼セレモニーは、ザ・グレート・カブキの追善の舞からスタート。
続いて、小橋建太、渕正信、田上明、川田利明、天龍源一郎がリング上に勢ぞろいし、タイガー・ジェット・シンからのビデオメッセージも放映。最後は6人揃って「オーッ!」と拳を天につき上げ、大会は大団円に終わった。

シン(映像)「コンニチハ!日本のファンの諸君!俺様はあのリビングレジェンド、カナダ在住のキングの中のキングだぜ!ジャンボ鶴田メモリアルの噂を耳にした。俺様は思った。奴が死んだなんて信じちゃいない!奴はビビって俺たちから隠れて表に出られないだけだ!俺様と上田さん(上田馬之助)はメモリアルにやってくるぜ!俺様と上田さんはジャイアント馬場とジャンボ鶴田をやっつけるために乗り込むぜ!そこでもお前らを叩きのめして血だらけにしてやるぜ!馬場バカヤロウ!鶴田バカヤロウ!ハタマタハラヤーッ!」

カブキ「今日はお越しいただきましてありがとうございます。ジャンボ鶴田はすごかったですね。なんでも出来たし。試合も強かったし。いい選手でした。今後も日本のプロレスを見守ってください、鶴田選手」

小橋「鶴田さんはプロレスラーとして、そして引退したあとも素晴らしい功績を残されました。引退されたあと、筑波大学大学院でコーチ学を学ばれ、日本の学生のみならずアメリカの学生にも指導をされました。僕も鶴田さんの残した言葉『人生はチャレンジだ』。この言葉は馬場さんから鶴田さんに受け継がれ、そして私たちが受け継いでいきたいと思います。そしていろんなことに僕もチャレンジをしていきたいと僕も思いました。鶴田さん、ありがとうございます」

渕「まず全てに感謝です。今日こんなにたくさんのファンの皆さんが来場していただき、心から感謝しております。そしてこの場を作ってくれたスタッフのみんなにも感謝です。頑張ってくれたレスラーのみんなにも感謝。そしてここにこうやってゲストとしてリングに上ってくれた皆さんにも本当に心からありがとうという気持ちでいっぱいです。鶴田さんのことを忘れないでいてくれていることに、感動しています。ありがとうございます」

田上「こんばんは。鶴田さんの思い出といえば、初めて世界タッグを獲ったときのパートナーでした。そしてプロレスを教えてくれた良き兄でありました。以上です」

川田「ジャンボ鶴田さんの名前のもとにこれだけの人が集まっていただいて感謝しております。そして未だに自分の中では最強のプロレスラーはジャンボ鶴田です!」

天龍「ジャンボ、今日はあなたの23回忌にこんなにもたくさんのプロレスファンが集まってくれました。選手一同精一杯のファイトをしてくれました。これからも日本のプロレスが発展するように天国で見守ってください。またいつか会いましょう」

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る