6・12サイバーファイトフェスでのガンプロ対イラプションは仁義なき抗争へ発展か!? 坂口、赤井、岡谷が乱入し、大家を襲撃して拉致

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 ガンバレ☆プロレスが5月26日、東京・新木場1stRINGで「狂い咲きサンダーロード2022」を開催。「CyberFight Festival 2022」(以下、CFF=6月12日、さいたまスーパーアリーナ)で行われるガンプロとDDTのユニット・イラプションとの対抗戦が仁義なき抗争へ発展する雲行きとなった。

 この日のメインイベント終了後、まなせゆうなが大家健を引き連れて、ガンバレ☆集会を始めた。すると、会場外の駐車場で車のクラクションが鳴ると、CFFでガンプロ軍(大家、まなせ、渡瀬瑞基)と対戦するイラプションの坂口征夫、赤井沙希、岡谷英樹が脱兎のごとく現れた。

 岡谷が大家を襲撃すると、元DDTの渡瀬が救出に入ったが、大家は「手を出すな」と叫んだ。坂口は「久しぶりだな、渡瀬。健ちゃん、オマエらがあいさつに来ねぇから、わざわざこんなところまで出向いてやったんだ。感謝しろ。2年前、ガンプロでイラプションが勝ってんだよ。勝って、言っただろ。“いつでもかかってこい”って。何も言ってこないじゃないか。ガンプロってこんなもんか? ようやく会社が組んでくれてよかったじゃねぇか。俺らもオマエらの得意のアンダーに降りて相手してやる。その根性あるのか?」とすごんだ。

 大家が「アンダーマッチとか、メインとか関係ねぇだろ。俺たちはCFFで一番熱い試合をするんだよ」と言うと、岡谷が再び大家を襲って、坂口が「連れてけ!」と指示。すると、岡谷が大家を車に突っ込み、坂口が運転して去ってしまった。

 その後、まなせと渡瀬が集会を開いていると、拉致されてから約10分後、車が戻ってくると、大家が放り出された。その姿は上半身をグルグル巻きにされたす巻き状態。大家は「勝手に人の大会に乱入してきて。俺たちはプロレスをメジャースポーツにしたいんだよ。乱入したアイツらに手を出したら、ただの暴力。俺たちはリングで正々堂々と戦って、イラプションに勝つんだよ。2年前の雪辱を果たすんだよ。スターティングバトルだろうが、メインイベントだろうが関係ねぇ。俺たちが一番熱い試合をするんだよ。イラプション、坂口征夫、ふざけんじゃねぇ。オマエのクビを俺たち3人は狙っていくから。クビ洗って待ってろ!」と怒りで震えていた。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る