翔太&高尾蒼馬のロマンス・ドーンが7・10大田区でタッグ2冠王者のCDKと対戦へ!状況次第でタイトル戦の可能性も・・・

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 ガンバレ☆プロレスが5月3日、東京・後楽園ホールで「LOVE PHANTOM 2022」を開催。翔太&高尾蒼馬のロマンス・ドーンが7月10日、東京・大田区総合体育館での「WRESTLE SEKIGAHARA」で、現在KO-Dタッグ、アジアドリームタッグ王座を保持するCDK(クリス・ブルックス、高梨将弘)と対戦することが決定的になった。

 この日、ロマンス・ドーンは、チョコプロ軍(クリス、アントーニオ本多)、BASARA軍(塚本拓海、ヤス・ウラノ)と三軍対抗3WAYタッグマッチで対戦。3チームが入り乱れるめまぐるしい攻防となったが、翔太が本多を雁之助クラッチで丸め込んで勝利した。

 試合後、翔太は「僕ら半年間タッグでやってきて手応えはある。手応えはあるけど、結果を残してないのは事実です。俺がこの目で見たタッグチームのなかで、一番最高ですべての試合で笑わせて泣かせて感動させて熱くさせるCDK。7月10日の大田区で僕らとスペシャルタッグマッチをやりませんか?」とCDKに対戦要求。

 チョコプロ軍のセコンドに就いていた高梨は「こんな風に言われて、やらないわけないだろ。こっちから喜んで。ただのスペシャルタッグマッチって言ったよな。結果というのは、この2つのベルトのことじゃないのか? 7月10日、まだ先だから、今これを懸けてやるってのは言えないけど。オマエらが相手だったら、持ってるものをすべて懸けてやっていいぜ。全部懸けても、俺らはやってやるから」と受諾。

 バックステージで、翔太は「このメンバーで後楽園で2人でしっかり3カウント取れたのは一つの実績だと思うんです。僕らが半年見てきたなかで、(CDKは)最高のタッグチーム。CDKをリスペクトしてるんで、あのチームに勝って、ガンプロだけじゃない、プロレス界のタッグ戦線にいることを大田区で証明しよう」、高尾は「大田区は俺の地元なんで、CDKとロマンス・ドーンが戦えるなんて最高な舞台。そこで俺たちが勝って、最高のチームってことを見せていこう」とコメント。

 ベルトに関して、翔太は「CDKは次の防衛戦が決まってるんで、僕の口からあまり言いたくなかった。向こうから言ってくれたんで。7月10日の時点であるんだったら、ぜひやらせてほしい」と意欲。

 クリスは「俺は大田区でショータと戦うことを楽しみにしてる。ロマンス・ドーンとCDKは同じようなプロレス観をもってるかもしれない」、高梨は「イケそうでイケなかったタッグチームだと思ってる。この団体の顔になるために、俺らを指名してくれたのはうれしい。ここでアイツらに負けちゃいけない。ちゃんと倒して、違いってヤツを見せる」とコメント。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る