クリス&高梨が秋山&岡田を破り、KO-Dタッグ王座V2!MAO&朱崇花の宮城県人タッグが5・22後楽園で挑戦へ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが5月1日、横浜武道館で春のビッグマッチ「MEGA MAX BUMP 2022 in YOKOHAMA」を開催。クリス・ブルックス、高梨将弘のCDKがバーニングの秋山準、岡田佑介組を破り、KO-Dタッグ王座のV2に成功。同22日の東京・後楽園ホールで、MAO&朱崇花の宮城県人タッグが挑戦することが決まった。

 CDKが初防衛戦でレフェリーを使った攻撃を見せたことに端を発し、戦前には両軍で論争に発展していた。いざ試合が始まってみると一進一退の白熱の攻防となった。CDKは松井幸則レフェリーを使って、岡田をパワーボムで投げさせるなど、“らしさ”を発揮。怒った秋山が高梨にヒザを叩き込んだ。20分過ぎ、秋山が高梨にバックドロップを見舞うと、岡田がダイビング・ヘッドバット、ランニング・エルボー、再びダイビング・ヘッドバットと怒涛の攻めもカウントは2。岡田がさらにサドンデスを繰り出し、勝負あったかに見えたが、高梨が巧みに体勢を入れ替えて丸め込み3カウントを奪って見せた。

 試合後には、この日、DDT UNIVERSAL王座を争って、互いを認め合ったMAOと朱崇花が現れ、MAOが挑戦をアピール。高梨は「オマエらが入ってきてワクワクしてきた。喜んで受けてやるって言いたいところだが、不公平だから俺の要望も聞いてくれないか? MAO、オマエのベルトに今回は俺が行く。DDTでユニバーサルを語れるのは、この俺だと思ってる。オマエのベルトに挑戦させてくれるなら、俺たちもタッグタイトル懸けてやる」と条件付きで受諾。

 MAOが「そういう感じなら大丈夫です。おジャマしました」と帰ろうとすると、朱崇花は「いいよ。やっちゃって。大丈夫」とOKサイン。今林久弥GMが5・22後楽園でのKO-Dタッグ選手権、6月1日の後楽園でのDDT UNIVERSAL選手権を決定した。

 バックステージで高梨は「ベルトは俺たちが持ってる。それが何より雄弁じゃないか。挑戦者に関しては、いい経験になった。(MAO&朱崇花は)ワクワクしてるよ。バーニングだったり、(初防衛戦の)火野(裕士)&納谷(幸男)の巨漢だったりとは違う。CDKの本領を発揮できると思う」、クリスは「アキヤマさんはCDKのやり方にネガティブな感情を抱いてたようで当たりも強かった。DDTのスタイルで防衛できた。もちろんアキヤマさんをリスペクトしてる。でも俺たちはこの考え、ス

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る