MAOが朱崇花に雪辱果たし、5・1横浜武道館でのUNIVERSAL王座戦に向け視界良好!「完全に防衛する手段も実力も存在感も今日で十分に発揮できた」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが4月22日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -April-」を開催。DDT UNVERSAL王者・MAOが5月1日、横浜武道館で挑戦を受ける朱崇花に前哨戦で雪辱を果たし、王座防衛に向け視界良好になった。

 MAOは4月1日、横浜ラジアントホールでの前哨戦で、自らの必殺技であるみちのくドライバーⅡで朱崇花に敗退を喫した。同20日の調印式では朱崇花に急所蹴りを食らった挙げ句、ピンヒールで顔を踏みつけられる屈辱を味わった。

 王座戦を前に、この日は最後の前哨対決となったが、MAOは勝俣瞬馬との「しゅんまお」で、火野裕士、朱崇花組と激突。MAOがラ・ケブラーダ、掌底を朱崇花に繰り出せば、朱崇花も張り手、火野の肩車の体勢からフットスタンプを見舞い応戦。さらに朱崇花はみちのくドライバーⅡ、ソバットで追い込むも、火野のラリアットが朱崇花に誤爆。すかさずMAOがオクラホマロールで丸め込んで3カウントを奪取。これで前哨戦の直接対決では1勝1敗の五分に持ち込んだ。

 MAOは「自身のフィニッシャーであるみちのくドライバーⅡで敗北し、記者会見ではピンヒールで踏まれて醜態をさらした。今日朱崇花をボコボコにして完全勝利して、心底うれしい気分です。これでイーブン、むしろ俺の方がちょっとリードしたくらい。5・1横浜、オマエのことは3分70秒で倒してやる。サウナだけにな!」と勝ち誇った。

 バックステージでMAOは「完膚なきまでに叩き潰してやったよ。今頃担架で運ばれたんじゃないか? 検査でもして、おかしい頭を見てもらえって。これで完全に防衛する手段も実力も存在感も今日で十分に発揮できた」と意気軒高。

 対する朱崇花は「逃げ上手。火野さんのラリアットがなかったら、私負けることはないし。今度はピンヒールで踏みつぶしてやります」とぶ然たる表情だった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る