4.26『PANCRASE 266』でISAOと対戦するマルロン・サンドロ、ニック・ディアスが太鼓判を押すマーティン、初参戦のニンジャが公開練習

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

4月23日午後、都内・新宿区の和術慧舟會HEARTSで、『PANCRASE 266』(4月26日、ディファ有明)に出場する外国人選手3人が公開練習をおこなった。
ISAO(坂口道場一族)と闘うマルロン・サンドロ(ノヴァ・ウニオン)は元パンクラス・フェザー級王者。前戦は2013年9月の内村洋次郎戦で、約5年ぶりのパンクラス参戦だったが、0-0のドローに終わった。今回はさらに1年半ぶりの参戦となる。古巣のパンクラスで、再びフェザー級王座を狙う。
マーティン・サノ(ニック・ディアス・アカデミー)はウェルター級王者・レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会)との対戦。ノンタイトルとはいえ、初参戦で王者との対戦だ。マーティンはニック・ディアスのルームメイトとして生活も共にし、ディアスが「試合時間内に相手を極めにいく攻撃的なファイター」と太鼓判を押す期待の若手だ。
そして、ダニエル“ニンジャ”ロバーツ(シーザー・グレイシー)はUFCで7戦3勝4敗の経験をひっさげてパンクラスに初参戦、ウェルター級1位の村山暁洋と激突する。
3選手のコメントは以下。

マルロン・サンドロマルロン・サンドロ
「久しぶりの試合だけど、コンディションは良い。体調は特に問題ないし、日本には慣れているので大丈夫。前戦から1年も空いてしまったのは、契約上の問題があったから。なかなか来られなかったが、また日本で闘えてとても嬉しい。特にパンクラスはホームのような感じなので、嬉しく思っている。
相手のISAO選手については、情報があまりない状態。以前、70kgの王者だったことは聞いているが、それ以外はよく知らない。試合の映像を見るかぎりでは、左のパンチはとても強く、グラウンドテクニックも優れていると思った。
しばらく来られないうちに、パンクラスはケージになり、ルールも変わった。まだ詳しくどう変更されたのか把握しきれていないけど、変わったことは良いことだと思う。ルールはどうあれ、自分はとにかく主導権を握ることを考えている。また、自分のスペースを有効に取ることが大切だ。もちろん、ベルトを狙っていく。今回勝って、次も勝って、ベルトを狙いたい。
前回の試合に関しては、今もドローではないと思っている。判定には納得していないけど、仕方がない。それだけに、今回ははっきりしたKOか1本で勝ちたいと思っている」

マーティン・サノマーティン・サノ
「パンクラスは、クリップ的な試合映像をいくつか見た。世界的なレベルのベストな団体で、ベストな選手たちが集まってくるという印象を持っている。
相手の選手についてはよく知らない。王者と聞いたけど、みんな知ってる?(一同頷く)そうだったんだ。まあいいんじゃないの? 自分はベストを尽くすだけ。自分はいつも相手のことをあまり気にせず、自分のことだけに集中する。いい練習も準備もできている。相手はレスリングは強い印象があるけど、そのままグラウンドの展開に持っていくのもいいと思う。
いま、カリフォルニアでニック・ディアスと一緒に生活している。試合のヘルプをしてもらったのがきっかけで、トレーニングで一緒にランニングをするようになったりして、お互い同じようなパターンの生活をするようになったので、ルームメイトになった。ディアスからは色々学んでいる。ボクシングもそうだし、ガードを上げろとよく言われる。スマートな闘い方をしろとよく言う。彼は経験が多いので、試合の秘訣的なこともよく教えてくれる。
自分がファイターになろうと思ったのは、18歳の頃アマチュアの試合に出てサブミッションで秒殺したのがきっかけ。試合をやっていくうちに、プロになることで得られるものがあると思ってファイターになった。
減量はあと6kg。自分の階級と違うので、ちょっときついかな。次回は階級を上げることもあるかも知れない」

ダニエル“ニンジャ”ロバーツダニエル“ニンジャ”ロバーツ
「コンディションは好調。日本は素敵な場所。まだ来たばかりだけど、アメリカとはいろいろな違いがあるなと感じている。
パンクラスは、長くやっている団体。ケンとウェインのシャムロック兄弟が出ていたのも見ている。そこに自分が出られるのは光栄。ワクワクしている。
村山選手の試合は数試合見ており、タフな選手だと思う。非常にいい試合になるだろう。しかし、相手がどうというより、自分がどうするかが大切。どんな形でも、とにかく勝ちたい。形にはこだわらない。しかし、この試合は自分にとってはアウェイ。判定よりも1本、KOで勝ちたい。
ニンジャというミドルネームは、子供のころからのもの。小さい頃からやんちゃで、家で飛び跳ねていた、その動きが忍者みたいと言われたのがもと。
ニンジャ・チョークの他にもニンジャ・ネクタイというサブミッションの技を持っている。今回、それを見せられたらと思う。
UFCに出たことで世界のトップレベルの大会を経験して、自信を持って試合ができるようになった。このことは自分にとって大きい。村山選手は1位で、ベルトに挑戦して…と今後の展開はあるが、今はまずこの試合が大切。この試合に集中して、終わってから考えたい。
日本の皆さんには、自分の決意、この試合にたいする意気込みを見てほしい。格闘技はシリアスで危険なスポーツ。そのために厳しい練習をしてきた、そういうハートを見せたいと思う。また、ファンもそういうものを見たいのではないかと思っている。気持ちを出して、最後はきっちり極めたい」

【写真・文/佐佐木 澪】

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る