K-1-55kg王者・武尊らが一夜明け会見!グランダーがHIROYAに勝った木村を挑発!久保に勝って“レインメーカーショック”を起こした左右田「次はゲーオかな」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

4月20日(月)GSPメディアセンターにて、昨日、東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN 〜-55kg初代王座決定トーナメント〜」の一夜明け会見が行われた。

昨日のトーナメントで、見事にK-1 WORLD GP-55kg初代王者となった武尊。会見には黄金に輝くベルトを肩にかけて登場し、昨晩は「興奮して寝れませんでした。ベルトを横に置いて、連絡が来た人たちに返信していたのですが、ベルトを獲った実感がなくて。でも一晩中ずっとベルトを見つめて実感が沸いてきました」とじわじわと王者になった喜びが込み上げてきたという。

トーナメント1回戦でアレクサンダー・プリリップ、準決勝で瀧谷渉太をKO、決勝では大雅とK-1の歴史に残る死闘の末に勝利をもぎとった。武尊は試合翌日とは思えないほど、鮮明にトーナメント3試合を振り返る。

「トーナメントは一回戦が一番緊張しました。まだ身体が(トーナメントの)空気に慣れていなくて、プリリップ選手のストレートを一発もらって(頭が)ふわっとなりました。でもその一発で我に戻れた感じがして、そこからは距離を詰めて、ヒザ蹴りとパンチを当てていきました。そして得意の右のかぶせでダウンを取って、最後はラッシュして試合を終わらせました。トーナメントが初めてで緊張感もありましたが、最終的に落ち着いて出来たと思います。

準決勝はサウスポーの瀧谷(渉太)選手が相手で、僕が唯一負けた相手がサウスポーだったので、サウスポーとは相性が悪いと言われていました。でも11月の大雅戦でサウスポー対策を練習して克服して、サウスポーとの打ち合いも練習してきました。瀧谷選手はガンガン来てくれたので、そこでヒザ蹴りを効かせて自分のペースで出来たと思います。

決勝は、大雅選手が一回戦・準決勝と距離を取ってポイントを取る試合をしていて、決勝でもそう来ると思っていました。でもすごく気持ちも入って打ち合いにきてくれて、最初はローで倒そうと思ったけど、大雅選手の気持ちがうれしくて、ローを蹴ればよかったのに打ち合いたくなってバチバチやっちゃいました。1Rにボディを効かせて倒して、その後もフルスイングでスタミナを使ってボディ打ち続けたのに、それでも大雅選手は倒れなくて、気持ちの強さはリスペクトしています。本当に『すごい』と言いたいし、これからもっと二人で盛り上げたいです。

(試合のことは明確に覚えている?)いや、決勝はダウンを取ったことを忘れていました(笑)。だからポイント差がついてないと思っていて、最後まで『いかなきゃ!』と思ってやっていました。だから判定の時にすごくポイント差がついていたのを聞いて『あれ? ダウン取ったけ?』と思いました(笑)。1回戦・準決勝はノーダメージで、試合のダメージは、ほぼ決勝のダメージです。そのくらい大雅選手は気持ちが強かったです」

K-1最軽量の55kgながら、昨日のトーナメントでは他の階級に負けず劣らずの迫力を見せて、大熱狂を生み出した。武尊は「軽量級はKOが少ない・盛り上がらないと言われるのが悔しくて、絶対にそれを覆してやろうと思って『トーナメントは全試合KOする』という覚悟でやってきました。55kgはK-1で最軽量だけど、最高の壊し合いが出来ると証明したかったし、今回はそれが証明できたと思います」と力強く語り「55kgでも盛り上がることを証明できたので、これからも55kgの試合をどんどん組んでもらいたい」と王者として55kgの更なる盛り上がりを誓った。

鳥取県の観光大使も務め、地元・鳥取でも積極的に様々な活動を続けている武尊。今回の王座戴冠劇も地元のテレビ局に特集されることが決まっており「これからも地元を盛り上げたいし、それを全国で放送してもらえるようになりたい」。

また、これまでスター願望を口にし続けてきた武尊は「僕がずっと言い続けていることですが、K-1はスターが集まる場所。K-1のチャンピオンは外に出たら、人だかりができて道を歩けないくらいみんなが知っている人間じゃないといけない。僕はそれを実現させたいと思います」と改めてK-1でスターになるという野望を語った。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×