【試合詳細】3・11 スターダム品川大会 林下詩美vs天咲光由 スターライト・キッド&琉悪夏vs梅咲遥&ななみ 飯田沙耶&羽南vs稲葉ともか&Aoi 向後桃vs沙也加

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『NEW BLOOD 1』
日程:2022年3月11日(金)
開始:18:30
会場:東京都・品川インターシティホール
観衆:416人・超満員札止め

▼STARDOM vs 我闘雲舞 15分1本勝負
○向後桃(STARS)
7分45秒 ネクター・ピーチ
●沙也加(我闘雲舞/チョコプロ)

▼COSMIC ANGELS vs Marvelous 15分1本勝負
[COSMIC ANGELS]ウナギ・サヤカ/●月山和香
9分49秒 変形腕固め
○Maria(Marvelous)/宝山愛(Marvelous)

▼Queen's Quest vs DDM 15分1本勝負
[Queens Quest]△上谷沙弥/レディ・C
15分0秒 時間切れ引き分け
[Donna Del Mondo/ミライサク]△MIRAI/桜井まい(フリー)

▼STARS vs JTO ~飯田沙耶復帰戦~ 15分1本勝負
[STARS]○飯田沙耶/羽南
12分11秒 回転式垂直落下ブレーンバスター→片エビ固め
稲葉ともか(JTO)/●Aoi(JTO)

▼大江戸隊 vs ディアナ 15分1本勝負
[大江戸隊/黒虎怪童]○スターライト・キッド/琉悪夏
13分16秒 ムーンサルト・プレス→片エビ固め
梅咲遥(ディアナ)/●ななみ(ディアナ)

▼天咲光由デビュー戦 15分1本勝負
[Queens Quest]○林下詩美
11分52秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド
●天咲光由

天咲光由が詩美相手に大健闘のデビュー戦でQQ入り!飯田が339日ぶりの復帰!3・11に岩手県出身のMIRAIが東北ストロング魂を叫ぶ!

第1試合


 両者しっかり握手を交わしてからゴングが鳴ると、ロックアップからリストの取り合い、ヘッドロックの応酬に競り勝った向後がドロップキックから沙也加をロープにくくりつけて「はじめまして!」と叫びながら串刺しドロップキック。
 沙也加は「ナメんな!」とカニバサミで倒してから弓矢固めも向後が即座に身体を反転させて抜け出し、「お返しだ!」と弓矢固め。さらに向後がダブルニードロップ連打からボディスラム。さらにドロップキックを狙うが、沙也加がキャッチしてボディスラム。
 沙也加はドロップキック、膝カックンからレッグロック、そのままターンオーバーして腕を取りながらの変形逆片エビ固め。さらにドロップキックを狙うが、向後がバックを取りスクールボーイの形で転がしてドロップキック。
 両者向き合ってエルボーを打ち合っていき、向後が連打で打ち勝つも沙也加がローリングエルボーでやり返し、ドロップキック。さらに串刺しドロップキックを狙うが、向後がエプロンに抜け出して回避しブーメランアタックから619を発射。沙也加はこれをかわしてスクールボーイから低空ドロップキック、アームバー+レッグロックと反撃していくが、向後がドロップキックで吹き飛ばし、619からスワンダイブ式ミサイルキック。最後はネクター・ピーチでカウント3を奪った。

<試合後コメント>
向後桃
「勝ちましたー!嬉しいです。ただ、ニューブラッドは若手の大会ということで、絶対に負けたくないという強い気持ちを持って挑みました。相手の沙也加さんは同期だったのでそれこそ本当にあの、負けたくないがすごく出た試合だったんじゃないかなと思います。ありがとうございます!」
沙也加
――スターダム初参戦でしたが
「いつもお客さんの前で試合することがなくて、今日めちゃめちゃお客さんいたんで楽しかったです。入場してすぐ楽しすぎてニコニコしちゃったんですけど、でも負けちゃったんで!また次上がる機会がいただけるのであれば次は勝ちたいと思います」

――最後握手にビンタで返していましたが
「いやもう悔しくて~!も~ってなりました!でも向後選手に限らず、スターダムにはいっぱい選手いると思うので、試合できたら嬉しいなって思います」

――両国国技館大会には我闘雲舞の仲間も出ます
「はい、メイさんと水森さんが仇をとってくださると思いますので、皆さん両国も我闘雲舞応援よろしくおねがいします」

第2試合


 ウナギとMariaでゴングが鳴ると、ウナギが「彩羽匠と長与さん来てないの?あっ!いた!おかーさーん!いたよ、手ェ振れよ!」と挑発。Mariaが怒りのドロップキックを叩き込み、両者タッチ。
 月山と宝山がエルボーで正面から打ち合っていき。雄叫びを上げながらの打ち合いに競り勝った月山がドロップキックからボディスラム。さらにロープに飛ぶが宝山がカウンターのドロップキックを見舞い、もう1発ドロップキックを見舞ってMariaにタッチ。
 Mariaはリストロックに捕らえながら腕へのオーバーヘッドキック。さらに宝山にタッチし、宝山が上から腕へのスレッジハンマー。
 宝山はランニングクロスボディ2連発。月山はロープに飛んでドロップキックを発射も、これをかわした宝山がジャックナイフ、首固め、逆さ押さえ込みと貪欲に勝利を狙うが、月山もエビ固め、スクールボーイと丸め込みで返す。宝山は再びクロスボディを連打していくが、月山が追走してコンプリートショットで切り返し、ウナギにタッチ。
 ウナギは宝山に串刺しバックエルボーからXファクター。「Maria出てこいよ!」とタッチさせる。
 代わるMariaはドロップキックから「なにが出てこいだよ!」とウナギの顔面を踏みつけ、串刺しビッグブート。更にMariaはスワンダイブ式フットスタンプから腹部を蹴り上げる。ウナギとMariaは顔面をビッグブートで蹴り合う意地のぶつけ合いを見せ、Mariaが強烈なビンタを叩き込むとブチ切れたウナギがストンピングの猛連打から踵落とし。さらにロープに飛ぶがMariaがカウンターのドロップキックから足も取る変形脇固め。さらにドロップキックを狙うがウナギがコードブレイカーで切り返しギロチンドロップ。さらに大ふへん固めでギブアップを迫るが、宝山が必死のカット。ウナギはそんなことより一献くれまいか?から月山にタッチ。
 月山はドロップキック3連打からクロスアーム式ババボムを狙うが、Mariaが脇固めで切り返す。Mariaは腕へのオーバーヘッドキックからフィニッシュ宣言も、月山が首固めで粘る。これをビッグブートで吹き飛ばしたMariaがロープに振って腕へのビッグブートから脇固め。これをウナギがギロチンドロップで豪快なカット。Mariaは飛びつき式の変形コブラツイストに捕らえ、そのまま腕を絞り上げると月山が悲鳴を上げてギブアップ。

Maria「ウナギさんよぉ、Twitterでさんざんガブガブガブガブ、言葉だけ噛み付いてきてましたけど、アンタも後輩ちゃんの指導、練習もっとやった方がいいんじゃないですか?そんなんでよくMarvelousに乗り込むとか言ってくれるよね。調子乗ってんなよ?」
ウナギ「調子に乗って何が悪い。プロレスラーってさ、夢と希望と愛がいっぱいある生き物なんだよ。小さくなんてまとまるかよ。おいMaria。今日でお前は勝ったと思うなよ?私は必ずお前んとこの大将を引きずり出してやる」
Maria「引きずり出してやる?ちげーだろ。乗り込んでこいよ」
ウナギ「おいMaria!ちょっとウナに感化されて面白くなったんじゃないの?まあおとなしく待っとけよ」
(※ウナギとMariaが髪を掴み合い、セコンド陣が必死に引き剥がす)

<試合後コメント>
Maria&宝山愛
Maria「はい、本日はスターダムさん、出させていただきありがとうございました。散々Twitterでガブガブ噛み付いてたウナギさん?不味そうって思ってたけどちょっと美味しそうかも?乗り込んでくるの楽しみにしてます」
宝山「スターダム初参戦させていただいたんですけど、やっぱり、月山和香選手、まだまだ物足りない。まだこれだけじゃ足りない。次は絶対に、決着、叩きのめします。そして!フューチャーのベルトも狙いに行きます!」

ウナギ・サヤカ&月山和香
ウナギ「まあ、マーベラス対コズエンが始まりそうな予感がするんですけど、月山は、とりあえず一勝を取りに行くこと。そして!私たち、いや、ピンク歌舞伎で、何やらマーベラス、ベルトあるみたいじゃないですか?彩羽匠?初防衛戦も決まってないみたいですし、私は絶対に小さくまとまらない。上と前を見て、必ずそこまで」
(Mariaと宝山が乱入し乱闘へ)
Maria「おいおいおい、WWWAのベルトバカにすんなよ」
ウナギ「テメーも首洗って待っとけよ!ベルト取れよ必ず!」
宝山「絶対に次潰してやるからな!」
月山「もう一回、宝山と闘いたいのでシングル組んでください!」
ウナギ「うちらは60周年で門倉凛とやるんで!」
白川「門倉凛~!かかってこいよー!」

第3試合


 レディ・Cと桜井でゴングが鳴ると、ロックアップからバックの取り合い、リストの取り合い、ヘッドロックから桜井がヘッドシザースで絞り上げるがレディ・Cはビッグブートで反撃。桜井がこれをキャッチすると背後からMIRAIが急襲し、2人でロープに振ってレディ・Cにダブルパックエルボーからドロップキックのコンビネーション。桜井がビッグブートを狙うと上谷が飛び込んできてカットし、レディ・Cがショルダータックルからボディスラムで叩きつけ、上谷にタッチ。
 上谷はボディスラムからラリアットを狙うが、かわした桜井がドロップキック。自軍コーナーまで吹き飛んだ上谷がレディ・Cにタッチ。
 レディ・Cは桜井のタッチを阻止し、ジャイアントスイングで振り回してから投げようとするが、桜井がスタナーで切り返してMIRAIにタッチ。
 MIRAIはレディ・Cにショルダータックル、串刺しバックエルボーからリバーススプラッシュ式セントーン。さらにボディスラムを狙うが、レディ・Cが着地して脳天唐竹割り。上谷にタッチ。
 上谷はスワンダイブ式ミサイルキックを発射も、MIRAIに回避されると改めてロープに飛んでドロップキック。さらにバイシクルキックを狙うがMIRAIがショルダータックルでなぎ倒して桜井にタッチ。
 桜井は串刺しバックエルボーからフェイスクラッシャー、さらにエルボーを発射も上谷がかわしてロープに飛びニールキック。レディ・Cにタッチ。
 レディ・Cは逆水平チョップ連打からコブラツイスト。さらに串刺しビッグブートを狙うが、これを桜井がかわすとMIRAIがエプロンからキャッチしてレッグブリーカー。アシストを受けた桜井がエルボードロップからエルボー合戦へと誘う。2人で足を止めてエルボーを打ち合っていき、互いの顔面をビッグブートで蹴り合う意地の張り合いを見せる。桜井が顔面ウォッシュのようなロープ際での猛連打を見せ、フェイスクラッシャーからブレーンバスターを狙うが、これを着地してロープに飛んだレディ・Cがランニングネックブリーカードロップ。両者タッチ。
 上谷とMIRAIの対面となると、互いに攻撃をかわしながらロープへ飛び、MIRAIがカウンターのボディスラムでこれを制す。しかし迫る追撃を上谷が側転でかわしてドロップキック。上谷&レディ・Cがダブルのブートからレディ・Cの河津掛け、上谷のドロップキックとコンビネーション攻撃。上谷がノーザンライト・スープレックス・ホールドを狙うが、着地したMIRAIが足払いからホイールバロー式ジャーマン・スープレックス。さらにMIRAIは串刺しラリアットからリストクラッチ式ノーザンライト・スープレックス・ホールドもカウントは2。フォールを返したか見た二の腕を取ってチキンウイングアームロックもレディ・Cがカットしビッグブート。カットに来た桜井もビッグブートで撃退し場外へ。上谷は場外へスワンダイブ式プランチャを発射し圧殺。
 上谷はMIRAIをリングに戻し、コーナートップからミサイルキック。さらに変形フィッシャーマンズ・スープレックス・ホールドからスター・クラッシャーを狙うが桜井が必死のカット。レディ・Cがカットし、2人にまとめてスタナー。続けてMIRAIがダブルラリアットでなぎ倒し、MIRAIのCTB+桜井のフェイスクラッシャーの合体攻撃。さらにMIRAIがミラマーレ・ショックを狙うが、上谷が回転エビ固めで切り返し、きれいなブリッジを描くバックドロップホールド。これを返されるとスター・クラッシャーで突き刺すが、体固めに入ろうとした瞬間にフルタイムドローを告げるゴングが打ち鳴らされた。

MIRAI「今日ね、震災から11年が経ちました。自分は震災がキッカケでプロレスと出会いました。あのときもらった勇気や元気を、今度は自分が皆さんに伝えていく使命があると思うから、今日みたいにこんなところでやられて終わってちゃいけないから、やられても立ち上がる姿を自分は皆さんに見せていきたいと思っています。そんな自分から、一言。上谷沙弥!次は一騎打ちだ!そのときはしっかり魂込めて東北ストロング魂、魅せてやるよ」
上谷「今日でMIRAIとの未来が見えた。黄金世代の1人として意識してたよ、MIRAI。私は全力の白いベルトの王者、もっと実績上げてかかってこい」

<試合後コメント>
上谷沙弥&レディ・C
上谷「今日の試合で、MIRAIとの未来が見えた。元々、黄金世代の1人としてめちゃめちゃ意識していた。まあこの白いベルトにも?私にも興味があるみたいだからいつでもかかってこい。一騎打ち、やろうよ」
レディ「桜井、桜井、また、やろうぜ」

MIRAI&桜井まい
桜井「レディ、思ったよりすごい。でも、私も負けてないと思う。泣くんじゃねーぞ、C!」
MIRAI「ニューブラッド1、自分はすごい、楽しかったです。マイクでも言ったように、上谷沙弥と一騎打ちできるように実績残していきたいと思います。そして今回、2人で組むのは、2人きりで組むのは初めてだったんですけど勝てなかった。勝てなかったけど、負けもしなかった。今回のドローは、捕らえ方によっては良いドローだったんじゃない?3・11に誕生した、ミライサク、これで終わりじゃもったいないよね?そして今日、3月11日、今日という日には、色んな、ほんとに色んな感情が込み上げてきますが、今までもらった元気や勇気を、自分は皆さんに伝えていく使命があると思うので、これからも魂込めて、皆さんに熱い熱い試合を届けていきたいと思います。以上です」
桜井「ありがとう」
MIRAI「ありがとう」

――改めて震災への思いをお聞かせください
MIRAI「はい。3月11日、今日で11年が経ちました。時が経つにつれて、どんどん、話題が少なくなるというか、(話題に)あげられることが前よりは少なくなったと思います。それは復興してきてるっていうので良い反面、やっぱり、忘れちゃいけないものっていうのが自分はあるので、忘れられたくはない3月11日っていう感じではいます。でも、自分が今何ができるかって言ったら、やっぱり自分がもらった勇気とか元気とか、ツラいこととかを忘れられる時間を皆さんに、自分がもらった様に届けることだと思うんで、自分はこれからも熱い熱い試合を魂込めて見せていきたいです」

第4試合


 飯田と稲葉でゴングが鳴ると、ロックアップから押し合って力比べ。飯田が圧勝しクリーンブレイク。リストの取り合いからヘッドロックの応酬。飯田がショルダータックルで制すも稲葉が即座にビッグブート。両者タッチ。
 Aoiは羽南をロープに振って攻撃をかわしながらアームドラッグ。羽南もアームドラッグで返しブーメランアタックから腕十字も、Aoiが前転で抜け出し脇固め。羽南がロープブレイクするとAoiが稲葉にタッチ。
 稲葉はAoiとともにレッグスプレッドから足へのエルボードロップ、ダブルレッグロックと絞り上げ、ヒザへのストンピングを連打。Aoiにタッチ。
 Aoiは稲葉と2人で代わる代わるリストロック→腕へのビッグブートを見舞っていき、Aoiがアームドラッグからの裏十字。飯田がこれをカット。Aoiはエルボーを発射も、これをかわした羽南が払い腰。飯田にタッチ。
 飯田はAoiにショルダータックル、カットに来た稲葉をダブルチョップで撃退し、Aoiにボディスラムから羽南との合体ボディプレス。羽南が飯田のドラミングポーズ、飯田が羽南の腕組ポーズを見せる。飯田とAoiは正面きって逆水平チョップの打ち合いを見せ、Aoiが優勢となるも飯田がジャンピングダブルチョップ。飯田もフォアアームで反撃し両者タッチ。
 羽南と稲葉も正面からエルボーの打ち合いを見せ、羽南がノーザンライト・スープレックス・ホールドを狙うが稲葉が膝蹴りで脱出しサッカーボールキック。さらにともか蹴りを発射も羽南がかわしてノーザンライト・スープレックス・ホールド。さらに羽南がSTOを狙うが、稲葉がPKからアンクルロック。さらにロープに飛ぶが、羽南がビクトル投げで切り返してSTO。稲葉がキックアウトしてエルボー連打からボディへの正拳突き。さらにロープに飛ぶが羽南がダブルチョップで迎撃しフェイマサー。飯田にタッチ。
 飯田はスライディングバックエルボーから串刺しエルボー、さらにラリアットを狙うが稲葉がスリーパーホールドで切り返し、そのままAoiにタッチ。
 Aoiは飯田に串刺しブートからスリングブレイドを狙うが、飯田がこれをかわすと羽南がダイビングクロスボディ。さらに飯田がダイビングショルダーからノーザンライト・スープレックス・ホールドを狙うが、Aoiが振り払ってビッグブートからA-wing。羽南がこれをカットするが、稲葉が排除して飯田にニーリフト連打。さらにAoiのトラースキックからスリングブレイドが炸裂。Aoiはファイナルカットを狙うが、飯田が振り払ってレフトハンドラリアット。さらにもう一発レフトハンドラリアットを叩き込み、最後はツイスターで3カウントを奪った。

飯田「このリングを離れて339日!ようやくあっしが帰って来たぞーッ!この約1年間、決して楽じゃなかった道のりだった。挫折とか悔しい思いをいっぱいしてきた!だから、今日、帰ってきてその分これからスターダムのリングで、あっし魂、大爆発炸裂させていくぞ!そして、JUST TAP OUT、きさんら中々おもしれーじゃねーか。いつでも手合わせ願いてぇところだなぁ。いや、なんなら団体対抗戦で勝負してやってもいいぜ?」
稲葉「スターダム、女子プロレス界の頂点。そして自分の夢に一歩近づけました。こんな結果のまま終われない。羽南選手、いや、羽南ッ!フューチャーのベルト、取りに行くから待っててください。一撃必殺!ともか蹴り!押忍ッ!」
(※羽南が稲葉にフューチャーのベルトを掲げて見せ、両者睨み合う)

<試合後コメント>
稲葉ともか&Aoi
Aoi「飯田沙耶、絶対にこのままでは終わらせないから」
稲葉「今日やっと、自分の夢に一歩近づくことができました。羽南、飯田沙耶、すごく強かった。けど、自分もまだ、全てのジャストタップアウト、稲葉ともかを出しきれてないので、次闘う時は、稲葉ともかの怖さを、もっともっと知ってもらいます。そして羽南、フューチャー、狙ってますので。本日はありがとうございました。一撃必殺、ともか蹴り、押忍。ありがとうございました」

飯田沙耶&羽南
飯田「ついに、今日3月11日、ここで復帰しました」
羽南「おめでとう!おかえり!」
飯田「ありがとうございます!」
羽南「良かったね!」
飯田「339日、約一年間欠場して、あのリングを離れて感じてたこと、今日、少しだけ、感じ取りましたリングで。このスターダムのリング、燃えるリング!熱いね。帰ってきて最高に気持ちいいです。今日はジャストタップアウト、稲葉ともかとAoiと闘って、Aoiに勝利したけど、あっしはジャストタップアウト、面白くて、これだけじゃ足りないね。もっと試合したいと思ってます。とりあえずこの一勝、私の次なる目標の第一歩に過ぎないんで、どんどんこっから飯田魂大爆発炸裂するんで、見ていてください!」
羽南「闘って、稲葉ともかフューチャーのベルト取りに来るって言ってたけどそう簡単にとれるものじゃないので!私はこのベルトきっちり守りきりたいと思います。ありがとうございました」

――最後の技は
飯田「回転式垂直落下ブレーンバスターになります」

――久しぶりのリングは改めて
飯田「燃えました!約一年間、思いの叶ったリングで、ようやく戻って来て、自分の中で欠けてた闘魂が今一気に再熱して、これからが楽しみです」

――違和感や緊張は
飯田「最初やっぱ緊張したんですけど、入場で叫んでからはもう大丈夫です(笑)飯田に戻りました」

――実際に動いてみて膝の調子はどうでしょうか?
飯田「でも、なんか違和感なく。正直試合中はそんなに気にせずにやってて。もしかしたらまた怪我するかもしれないんですけど、それでも試合になるとかばってられないというか、その前にやっぱ闘魂のほうが先に行くんで、膝より魂でぶつかったんでそこは気にしないですね。克服しました」

――退院したのはいつだったんですか?
飯田「退院が5月18日に怪我して3週間後ぐらいなんで6月のはじめぐらいですかね」

――練習ができたのはいつぐらいに
飯田「退院してちょっとあとからウェイトのトレーニングを初めて。上半身の。そっから、先生の許可おりてから道場でのマット運動を始めたんで、それが夏頃ですかね。8月とか9月とか」

――膝はなん%ぐらい回復してますか?
飯田「膝自体は正直完璧じゃないですよ。完治してるわけじゃなくて、ギリギリいいでしょうという段階での復帰なんですけど、これは一緒にやりながら治してく感じですかね」

――欠場している間に飯田さんの動きなどをしていた羽南選手がパートナーでした
飯田「そうですね、もう、ありがとうございますというか、スターダムって流れ早いじゃないですか?その中でこう、やっぱ欠場一回すると結構忘れられるというか流される事があるので、そんな中羽南さんがこう毎試合ゴリラムーブやってくれて、飯田の居場所をちゃんと作ってくださってるというのが、ほんとに、飯田の帰る場所、在るべきところをちゃんと作ってくれてたってのがほんとにありがたくて、感謝しか無いですね羽南さんには」

第5試合


 琉悪夏とななみでゴングが鳴ると、ロックアップで組み合って力比べも琉悪夏が圧勝。しかしななみは即座にエルボー連打で反撃しショルダータックルでぶつかっていく。琉悪夏は余裕で耐えてショルダータックル一発でなぎ倒しキッドにタッチ。
 キッドと琉悪夏は2人でロープに振って足払いからキッドの低空ドロップキック、琉悪夏のボディプレスと続く。キッドは「テメー、ディアナ背負って来てんじゃね~のかよぉ~?」と挑発しながら後頭部を踏みつけ、琉悪夏にタッチ。
 琉悪夏はコーナーに押し付けながらななみの首を絞め、セントーン。ななみは意地のエルボー連打で反撃していくが、琉悪夏のビッグブートで吹き飛ばさてしまう。琉悪夏がロープに飛ぶと梅咲がドロップキックでアシストし、ななみがショルダータックルを見舞って生還。
 梅咲は琉悪夏にドロップキック、さらにカットに来たキッドも翻弄し2人にまとめてフットスタンプ。さらに琉悪夏をロープにくくりつけ、串刺しドロップキック。さらにロープに飛ぶが琉悪夏がカウンターのクロスボディからボディへの正拳突き。さらにフィッシャーマンズ・スープレックス・ホールドで叩きつけ、キッドにタッチ。
 キッドは梅咲をロープに叩きつけて619、「一発喰らえ!」とその場飛びムーンサルト・プレス。梅咲が強烈なエルボーを見舞うと、キッドが「久しぶりだなあ!」とエルボー。梅咲は「記者会見で会っただろ!」とエルボー。キッドは「試合すんのがだよ!」とエルボーー。梅咲は「1年半ぶりだ!」とエルボー。キッドはドロップキックを発射も梅咲がこれをかわしてロープに飛ぶ。キッドはフライングフォアアームで迎え撃ちフィッシャーマンズ・スクリュー。キッドはコーナーに上って旋回式フロッグスプラッシュを発射も梅咲が回避したため自爆。梅咲はブレーンバスターからコーナーに上って旋回式フロッグスプラッシュでお返しし、ノーザンライト・スープレックス・ホールドを狙うがキッドが脱出しコルバタを狙う。キャッチした梅咲だったが、キッドは旋回して回転エビ固め。そのまま梅咲とエビ固めのシーソーゲームを展開し、梅咲がドロップキック、キッドが蒼魔刀を叩き込むが、梅咲がカウンターのキューティースペシャルを決めて両者大の字になり、梅咲がななみにタッチ。
 ななみはキッドにショルダータックルを連打し、ボディスラム。さらにロープに飛ぶが場外から琉悪夏が足を引きタッチを求めるが、梅咲がカット。ななみのスマッシュマウスから梅咲のミサイルキック、ななみのダイビングボディプレス、ノーザンライト・スープレックス・ホールドが決まるも琉悪夏がカット。ななみはもう一発ノーザンを狙うが、琉悪夏が飛び込んできてラリアットを叩き込み、大江戸隊のトレイン攻撃から琉悪夏のコンプリートショット、キッドのキッチャーマンが炸裂。キッドはムーンサルト・プレスを狙うが、梅咲が雪崩式首投げ。ななみはジャックナイフからダイヤル固めも琉悪夏がカット。梅咲が救援に来るも琉悪夏が排除し、ななみも場外に放り出す。キッドはラ・ケブラーダで追撃。
 ななみをリングに放り込み、キッドと琉悪夏の合体フェイスバスターからキッドがムーンサルト・プレスを決めて3カウントを奪った。

キッド「はぁ~あ、若さっていいねえ!梅咲遥、次はお前が今よりも成長したら、この私がシングルマッチやってやるよ。それとも、大江戸隊に入ってみるぅ~?(笑)いや、やっぱりいらねえわ」
梅咲「試合に負けて、でも、今大江戸隊に入るって言われて、ちょっとうれしくなっちゃった自分がメッチャ悔しいです!ポイ捨てすんなよ!今日初めてスターダムさんに参戦させていただいて、他にも気になる選手、戦いたい選手、たくさんいますけど、やっぱりスターライト・キッド、キッドさんとシングルで決着を付けないとなにも始まらないので。まさか、ななみに勝って満足しているとも思わないので、スターダムさんのリングでも、ディアナのリングもウェルカムです。絶対にシングルの決着を付けさせてください」
(※梅咲が握手を求めるもキッドは無視)
キッド「お前が今より成長したらな?」

<試合後コメント>
スターライト・キッド&琉悪夏
キッド「こんなとこで、うちら黒虎怪童が負けるわけねーだろ!どうだった?」
琉悪夏「いやー、吏南と同い歳?」
キッド「そう。ななみが吏南が同い歳らしい」
琉悪夏「当たりがやっぱよかったんじゃないかな~って思うよね」
キッド「吏南の相手にふさわしいんじゃないかなって思ったけど~、まあ梅咲遥とは今日決着がつかなかった。けど、タッグマッチなんだから、まあそれも起こりうることでしょう。私はあいつとのシングルマッチ、いつでも、と言いたいところだけど、今日の感じを見てるとまだまだ、ハイスピードを築いてきた私にはかなわないと思う。だからあいつがもっとディアナのリングで、その他のリングで、強くなったら、成長したら、私はいつでもどこでも、相手してやってもいいぞ?」
琉悪夏「今日は」
キッド&琉悪夏「余裕勝ち~」
キッド「60周年記念興行もあるし、もっと楽しむかな~」

梅咲遥&ななみ
梅咲「大江戸隊、バーサスディアナ、ディアナ今日負けちゃいましたけど、スターライト・キッドとやっぱり、今回タッグでしたけど、次絶対シングルで決着つけたいし、もしシングルで勝ったら、スターダム初、他団体選手がユニットに所属するのも面白いんじゃないかなと、さっき、思ったので、そのアピールもどんどん今後していきたいと思います」
ななみ「えっと、今日もなんか自分、キッドさんと琉悪夏さんもずっと梅咲梅咲って、自分なんか眼中にないみたいなんで、まずは、スターダム、同い歳の吏南選手、妃南選手がスターダムにいるということで、まずはその2人、どちらか、どちらもぶっ潰してから琉悪夏選手とかスターライト・キッド選手とか上の選手に挑んで行きたいと思います。ありがとうございました」

第6試合


 両者しっかり握手を交わしてからゴングが鳴ると、ロックアップからバックの取り合い、リストロックの応酬から天咲が詩美のヘッドロックをヘッドシザースで切り返してクリーンブレイク。
 天咲は低空タックルを狙うが詩美が上からがぶって首を取る。レッグロックの応酬から詩美がヘッドロックでじっくり絞り上げていくが、天咲はドロップキックで反撃。2発、3発と打ち込んでいくが詩美は倒れずショルダータックル1発でなぎ倒す。
 詩美はボディスラム2連発から逆エビ固め。天咲がなんとかブレイクすると、詩美は「どうしたどうした。そんなもんか。終わりだ!」とアルゼンチン・バックブリーカーを狙うが、天咲はなんとか脱出してエルボー。詩美はビクともせず逆にエルボー一発で吹き飛ばす。天咲は雄叫びを上げながらのエルボー連打から首固め、ヒザ十字と反撃し、詩美の足をロープに絡めてドロップキック。さらにスペースローリングエルボーからドロップキック、ヒザへのエルボードロップからレッグロック。
 天咲はダブルアームの体勢に捕らえるが、詩美が振り払ってラリアットを発射。これをかわした天咲はツキノイシからダブルアーム式DDT。しかし、詩美が天咲の側頭部を撃ち抜くドロップキックからジャーマン・スープレックス・ホールドを狙う。天咲はこれをレッグロールクラッチで切り返し、膝立ちになりながらエルボーを連打。さらにロープに飛ぶが、詩美がキャッチしてボディスラムで叩きつけ、セカンドロープからのミサイルキック、ジャーマン・スープレックス・ホールドと畳み掛けて3カウントを奪った。

詩美「光由、デビューおめでとう!デビュー戦する前からTwitterのフォロワー6000人超えらしいです。こんな期待された新人、林下詩美以来じゃないですか?(笑)光由、今日デビュー戦して、楽しかった?」
天咲「楽しかったです!」
詩美「でも、Queens Questに入ればもっと楽しい試合、そして光由が目指してるテッペン、一緒に頑張れると思うんだけど、Queens Questで一緒に頑張らない?」
天咲「デビューする前から、私が入るにはQueens Questしか無いと思っていました!詩美さんのお誘いなら、喜んで受けます」
詩美「ありがとう!これからQueens Questで一緒に頑張ろう!(※思い切り抱きつく)じゃあ今日は折角デビューしたんだし、せっかくQueens Quest入りしたんだし、光由に締めてもらいましょう。よかったら今日試合に参加してくださった皆さんもリング上に集まってください!」
(※選手たちがリングに集合)
天咲「今日デビューして、プロレスがもっと好きになりました!これからリングではテッペンんで咲けるように頑張るので、皆さん見ていてください!若さを信じて!明日に輝け!NEW BLOOD 1!」

<試合後コメント>
林下詩美&天咲光由
詩美「はい、プロレス界、スターダムの、超期待の新人天咲光由、無事デビューしました!」
天咲「ありがとうございます」
詩美「ありがとう、デビューおめでとう!」
天咲「無事、デビューをすることができました。これから、リングのてっぺんで咲けるように頑張ります」
詩美「光由はね名前の通り、必ずこれからのスターダムのリングの、てっぺんで咲く選手になります。皆さん楽しみにしていてください。今後は、クイーンズクエストとして、一緒にスターダムどんどん盛り上げていきたいと思います。ありがとうございました!」
天咲「ありがとうございます!」

――詩美選手、初めてデビュー戦の相手をした感想を
詩美「そうですね、やっぱり自分のデビュー戦もすごい思い出しましたし、自分と同じようにデビュー前からすごく、選手からも団体からもファンの人達からも期待されて、自分には気持ちがわかるんで、その光由には頑張ってほしいと思いましたし、光由にはそんなプレッシャーで負ける子だとは思ってなかったので、すごく私も期待を込めて試合をさせてもらいました」

――試合をしてみての期待の高さはどうでした?
詩美「そうですね、元々運動神経も良かったですし、何よりもすごい表情から動きから空気から、勝ちたいとかプロレス頑張りたい、ほんとにてっぺんで咲きたいという気持ちがすごく伝わりました」

――光由選手は試合をしてみてリングはいかがでしたか?
天咲「ファンの頃に見ていたリングとはまた違って、自分のなりたい選手の像が出来上がってきたので、それに向かって頑張れるように一試合一試合、魂込めてやっていきたいと思います」
詩美「魂込めない。違う」
天咲「全力で頑張ります」

――目指す選手像とは
天咲「ずっと同じなんですけど、名前が天に咲くなので、一番リングでてっぺんに咲いているような選手になりたいです」

――試合の点数は何点?
天咲「今日ですか?えっと、そうですね、攻めきれなかった部分があると思ったので、80点ぐらいです!」

――詩美選手は何点だと
詩美「70点!70点はもう全力が見えた、すごく気持ちが見えた。運動神経も良かった。減点の30点は、試合後の私がこんぐらい元気なことです」

――クイーンズクエストを選んだ理由は詩美選手への憧れの気持ちがあったからですか?
天咲「はい、デビュー当時からずっと輝いていて、スターダムのてっぺんに近い存在だったので」
詩美「近いんじゃなくてっぺんです!」
天咲「近い存在だったので、それを超えれるように頑張ろうと思うために、思ったので、QQに入らないとなと思っていました。
詩美「てっぺんです」

――今日デビュー戦でダブルアーム式のパイルドライバーや見たこと無い丸め込み技を使っていましたが誰かに教わったものですか?
天咲「練習生の頃に、AZMさんのファンだったんですけど、憧れのAZM先輩と秘密特訓をして身につけた技です。一つはミラノさんです。丸め込みはミラノさんです」

――QQ入りで明日からは
詩美「そこは重要ポイント!クイーンズクエスト、明日の大江戸隊との5番勝負、1人Xがいましたよね?クイーンズクエストがX見つけられなかったとか、妃南さんが間に合わなかったとかではなく!前々から、
光由にクイーンズクエスト入ってもらおうと思っていたのでそこ開けてましたので、ここにXに光由が入り、クイーンズクエストさらにさらに、上に、てっぺんに咲いていきたいと思います」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る