「俺の立っているところまで上がってこい!」CIMAが初代王者決定Tで対戦する気鋭の若手へ愛の檄!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 26日、東京都・新宿FACEにてGLEAT『G PROWRESTLING Vol.15』が開催され、G-REX初代チャンピオン決定トーナメントが開幕した。

 『GLEAT』とは、2019年にプロレスリングNOAHの親会社としての役割を終えたリデットエンターテインメントが創設した新団体。
 リデットが「NOAHの中に“強さ”を強調したいと考えたときに田村潔司が出てきた」ということでNOAH時代から田村との交流が始まり、2020年にリデットがNOAHから離れたことをきっかけに田村との新団体設立に向けて始動。同年10月のプレ旗揚げ戦から数々の実験マッチや所属選手の拡充を経て2021年7月1日にTDCホールで本旗揚げ。
 GLEATでは、純プロレスを追究する“G PROWRESTLING”と、令和の時代に新たなUWFを創るための“LIDET UWF”という2つの部門を持ち、両部門に出場する選手も存在。旗揚げから半年の間に首都圏だけでなく愛知県、福岡県、北海道、大阪府と地方での大会も行うなど精力的に活動してきた。
 G PROでは、若手中心の正規軍およびCIMA率いる#STRONGHEARTSと、カリスマ的ヒールユニットであるBULK ORCHESTRAの抗争で大いに盛り上がりを見せており、団体初のシングル王座としてG-REX王座を創設。今大会から10選手参加の初代王座決定トーナメントが行われた。

 この日は1回戦として、エル・リンダマンvs鬼塚一聖、田中稔vs松井大二郎、カズ・ハヤシvs飯塚優、河上隆一vs伊藤貴則の4試合が実施。

 リンダマンvs鬼塚の試合では、#STRONGHEARTSの先輩であるリンダマンに対し、鬼塚が序盤から並々ならぬ気迫を見せ「俺が勝つぞ!」と雄叫びを上げてミサイルキックや強烈なチョップを猛連打。リンダマンが反撃に転じようとしても脇固めからアナコンダバイス。リンダマンはミサイルキックを狙う鬼塚を地対空ガン・スタンで撃ち落とし、ノータッチ・トペ・コンヒーロ。さらに雪崩式パワーボムや熊殺し、ジャーマン・スープレックス・ホールドと畳み掛けるが、鬼塚は裏投げからアナコンダバイス。しかし、これを丸め込みで切り返したリンダマンがクラッチを解かず高速ぶっこ抜きジャーマン・スープレックス・ホールドで叩きつけて試合を決めた。

 稔と松井の試合は、試合開始から松井が様子見ではない抜身のサブミッションで秒殺勝利を狙う。防戦一方の形となる稔はエスケープやダウンを重ねていく形になり、仮にUWFルールであったならあわやという展開となるものの、松井が距離をとって蹴りで沈めようとしたところを稔が組付き、電光石火のグラウンドコブラで3カウント。

 カズと飯塚の試合は、テクニックと場数で勝るカズに対し、スピードと打撃の鋭さで勝る飯塚が序盤から速攻をかけていくが、カズが腹部への一点集中攻撃で飯塚のスタミナを奪った末にファイナルカット。しかし飯塚は押さえ込みに来たカズを脇固めでグラウンドに引き込み、腕固め、三角絞め、アンクルロックと変幻自在のサブミッションアーツで逆にカズのスタミナを削りきる。最後は飯塚がグルジア投げからの横三角絞めでタップを奪った。

 河上と伊藤の試合は、互いを強く意識する2人はゴングとともにバチバチとぶつかっていき、観客席になだれ込みながらの殴り合いを制した河上が押して行く展開に。パワーで勝る河上が殴る・蹴るといった純粋な暴力で伊藤をいたぶっていき、伊藤が反撃に転じようとするたびに強烈なエルボーで黙らせるという圧倒的な強さを見せる。河上は投げっぱなしハイジャックボムからサンダーボルトと大技で畳み掛けるが、これを耐え抜いた伊藤がハイキックからのジャーマン・スープレックス・ホールド2連発で試合を決めた。

 試合後、マイクを取った伊藤はトーナメント2回戦で対戦するCIMAに向かって「この勢いであのG-REXのベルトを巻く!その前にCIMA、お前や。2月6日、大阪でお前の首取って22日の後楽園に行くのは俺や!」と宣戦布告。
 試合の解説を務めていたCIMAは、本部席のテーブルの上に立ち上がり「この位置まで上がってこいよ。疾走感のカケラも無い試合しやがって。俺がお前を完全にメテオラで葬ったるからな」とニヤリ。キャリア24年の大ベテランとして気鋭の伊藤を迎え撃つ姿勢を見せた。

 本トーナメントの2回戦は2月6日の大阪大会および11日の名古屋大会で実施。準決勝&決勝戦は、22日の後楽園ホール大会にて行われる。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る