【試合詳細】12・25 スターダム後楽園ホール大会 AZM&林下詩美&上谷沙弥vs鹿島沙希&スターライト・キッド&渡辺桃 朱里&小波vs舞華&ウナギ・サヤカ 

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『STARDOM YEAREND CLIMAX 2021』
日程:2021年12月25日(土)
開始:11:30
会場:東京都・後楽園ホール
観衆:725人(超満員札止め/コロナ対策限定人数)

▼3WAYマッチ 15分1本勝負
[STARS]○羽南
6分49秒 足取りエビ固め
[大江戸隊]●フキゲンです★
※もう1人は[COSMIC ANGELS]白川未奈(フリー)

▼タッグマッチ 15分1本勝負
○ひめか/レディ・C
8分44秒 ラリアット→体固め
[大江戸隊]●吏南/琉悪夏

▼6人タッグマッチ 20分1本勝負
[STARS]岩谷麻優/○コグマ/葉月
11分32秒 ダイビング・ボディプレス→片エビ固め
[COSMIC ANGELS]中野たむ/桜井まい(フリー)/●月山和香

▼ザ・サブミッション・アーツ タッグマッチ 20分1本勝負
○朱里/小波
14分48秒 白虎
舞華/●ウナギ・サヤカ

▼因縁沸騰!ブラック・ピーチ初見参 6人タッグマッチ 30分1本勝負
[Queens Quest]●AZM/林下詩美/上谷沙弥
19分34秒 起死回生
[大江戸隊]○鹿島沙希/スターライト・キッド/渡辺桃

“ブラック・ピーチ”渡辺桃が初見参し大江戸隊がQQに快勝!朱里と小波が師弟タッグの絆で勝利!謎の覆面怪人の正体はジュリア&DDM新メンバー!

第1試合


 ゴングが鳴ると、サンタ帽子を被って「メリークリスマ~ス♪」とポーズを決める白川と、その前に立ちふさがって「デース!」とポーズを決めるフキゲン。さらに白川が前に出て、フキゲンがその前に出ることを繰り返す。いい大人達がムキになってポジションを奪い合う姿を、10代の羽南は呆れたような微笑みで見つめる。
 白川と羽南が組み合ってキャッチレスリングを開始するとフキゲンはなんとか参加しようとするがまごまごするばかり。クリーンブレイクの際にフキゲンもポーズを決めて三つ巴を演出。
 フキゲンは2人のドロップダウンをかわしながらロープに飛び、ヤンキー座りからの喫煙ポーズ。白川も張り合って喫煙ポーズを決めると、流れに乗って羽南も喫煙しようとするが、白川が「未成年はダメッ!」と良識ある大人として必死に止める。そんな白川をフキゲンがヘアホイップで投げ捨てロープに振るが、白川はフライングクロスチョップで迎撃。白川の起き上がりに羽南がドロップキックを2連発叩き込んでロープに振るが、白川はコルバタ式河津落としで反撃し、「チャンス~♪」とロメロ・スペシャルも、フキゲンが2人の間に潜り込んで白川に体固め。

 これをキックアウトされると、フキゲンは白川をコーナーに振って「デース!デース!フキゲンデース★」とポーズを決めながら突っ込んでいくが、そのたびに白川がビッグブートで迎撃したためフキゲンが弱っていく。するとフキゲンは羽南にも攻撃を促し、羽南が「デース!デース!羽南デース★」と突っ込んでいき、フキゲンが丸め込みで漁夫の利を狙う。フキゲンは羽南とダブル攻撃を狙うが、白川がランニングネックブリーカードロップで2人まとめて叩きつけ、羽南とのエルボー合戦を制してロープに飛ぶが、羽南は払腰でカウンター。さらにブーメランアタックを発射も白川が回避してオクラホマロール。これをフキゲンが東スポ攻撃でカットし白川に東スポをフルスイングも、その隙に組み付いた羽南がビクトル投げからのエビ固めで3カウントを奪った。

第2試合


 レディ・Cが圧倒的な身長差を生かして手4つを仕掛けるも、吏南は足を踏んで怯ませてリストロック。レディ・Cが取り返すと手首に噛み付いて脱出。レディ・Cが振り払ってロープに飛ぶとエプロンから琉悪夏が一撃入れ、2人でロープに振ってダブルバックエルボー、吏南の低空ドロップキックから琉悪夏のボディプレスと連撃を入れる。
 代わる琉悪夏は喉輪でレディ・Cを苦しめ、吏南にタッチ。
 吏南は払腰からロープにレディ・Cを押し付けながら顔面を踏みつけ琉悪夏にタッチ。
 琉悪夏はレディ・Cを引き起こしてロープに振るが、レディ・Cはビッグブート2連撃で反撃しひめかにタッチ。
 ひめかはショルダータックルで琉悪夏をなぎ倒すが、琉悪夏もすぐに起き上がってショルダータックル。吏南にタッチ。

 吏南はエルボー連打からロープに飛ぶが、ひめかは追走ニーリフト。ひめかがロープに飛ぶと琉悪夏が飛び込んで追走ラリアットを見舞い、吏南がハイドレンジアもレディ・Cがカット。吏南は熨斗紙を狙うが、ひめかが振り払ってバックフリップから逆エビ固め。これをブレイクされるとアルゼンチン・バックブリーカーを狙うが、吏南が回転エビ固めで切り返し、続けてウイングクラッチホールド。
ひめかがこれをキックアウトすると2人でロープに振っていくが、ひめかはダブルラリアット。琉悪夏だけは倒れず耐えるが、ひめかが改めてラリアットを叩き込んで撃退。ひめか&レディ・Cが吏南にダブルブレーンバスターを決め、最後はひめかがラリアットでトドメを刺した。

第3試合


 岩谷とたむが睨み合いながら先発で出ていこうとするが、月山がたむを制して先発を志願。たむは「やれんのか?!」と胸板に強烈なチョップを叩き込み、あまりに痛がる月山を岩谷が心配する。
 ゴングが鳴ると月山がドロップキックで先制も、岩谷はお返しとばかりに見事なドロップキックで反撃し、STARS3人の連携で縦横無尽の連撃から3人でのトリプル低空ドロップキック。ダメ押しに岩谷がサッカーボールキックを叩き込みコグマにタッチ。
 コグマはボディスラムからボディプレス。
 代わる葉月はロープ際で顔面ウォッシュ。
 また岩谷に試合権利が渡ると、岩谷は両手を広げて月山に好きなようにエルボーを打たせていき、ボディスラムからバカタレスライディングキックを狙うがエプロンからたむがミドルキックを叩き込み、岩谷が怯んだところへ月山がドロップキック。桜井にタッチ。
 桜井は岩谷にビッグブートを叩き込むが、岩谷は即座にソバットで反撃。岩谷&コグマが2人で襲いかかるが桜井は上手く2人をロープ際に誘導し、たむが2人にまとめてロープスタナーを見舞い、桜井がダブルのフェイスクラッシャー。たむにタッチ。

 たむは岩谷にヘッドハンターを叩き込み、レインメーカー式スピンキックを狙うが、岩谷がスクールボーイで切り返しつつつバカタレスライディングキック。互いにハイキックをかわし合い、読み切ったたむがRKOも、岩谷は即座にスリングブレイドで反撃し葉月にタッチ。
 葉月はコードブレイカーを見舞ってからたむをコーナーに振って串刺し攻撃を狙うが、桜井が飛び込んできてビッグブート。さらにたむのトラースキック+桜井のビッグブートの連携から、たむのRKO+桜井のスタナーの合体攻撃。たむは葉月とのエルボー合戦に打ち勝ってロープに飛ぶが、葉月が追走ビッグブートからスワンダイブ式ミサイルキックで反撃。もう一発ビッグブートを狙うが、これをかわしたたむがバックドロップで叩きつけ、側頭部へのスピンキック。葉月も倒れず耐えてビッグブートを打ち返し、バタリと倒れ込んだ両者はタッチへ。
 コグマと月山の対面となると、素早いロープワークを見せる月山に対してコグマはカニバサミで倒して顔面への低空ドロップキック。さらにロープ際でのふみふみから背中へのダブルニードロップ、葉月とのトレイン攻撃、葉月のバッククラッカーからコグマのドロップキック&DDTと流れるような連携が決まり、コグマがコーナートップへ。これをたむがエプロンからコグマの足を掴んで妨害し、桜井が雪崩式スタナーで追撃。アシストを受けた月山が首固めも葉月らがカット。たむは邪魔者を場外に排除して場外プランチャで追い打ちし、コズエン3人でコグマにトリプル踵落とし。さらに月山がクロスアームスリーパー式のババボムを見せるが、ロープへ飛んだところへ岩谷のトラースキック+葉月のビッグブートが突き刺さる。
 岩谷&コグマの合体ボディプレスが決まり、カットに来たたむを岩谷がハイキックで排除。さらにコグマのミサイルキック、STARS3人での岩谷ミサイル、葉月のみちのくドライバーII、コグマのダイビング・ボディプレスが決まり、これで3カウント。

 勝ち名乗りを上げるSTARSの背後から、度々スターダムマットに現れている謎の覆面集団が現れ、STARSを排除した後にコズエンの面々を暴行。
 その主犯格の怪覆面へ岩谷&たむが呉越同舟のダブルのトラースキックを叩き込むと、吹き飛んだ覆面の下の素顔はなんとジュリア。

たむ「オイ!テメェどういうつもりだよ?!こんなことやってどういうつもりだよ?!」
ジュリア「おい!中野たむ!どういうつもりもクソもねーだろ。あぁ?COSMIC ANGELS、もぉーちょっとマトモに試合させろやこのクソ新人ども!フン。来年私はこの2人をDonna Del Mondoの新メンバーに加えます。オメーのユニットCOSMIC ANGELSはひねり潰してやる。それからQueens Quest、大江戸隊、STARS、テメーらもだぞ?アリべデルチ。メリークリスマス!」
たむ「……やれるもんならやってみろよ!楽しみにしてる」

試合後コメント>

COSMIC ANGELS
たむ「謎の覆面女がジュリアだったと……いや、驚きました。でも、COSMIC ANGELSを、そして大江戸隊も、STARSも、全部ひねり潰してやるって言ってましたけど、そんなこと絶対にさせない。逆に!復帰明けのジュリア、返り討ちにして木っ端微塵にひねり潰してやりますよ!ボコボコに!奥歯何本でも折ってやりますよ!……桜井、月山!しっかりしてくれよ?!これから!出来んのか?!」
桜井「はい」
月山「やります」
たむ「え゛っ!?」
月山「やります」
たむ「え゛っ!?!?」
月山「やりまぁす!」
たむ「え゛え゛っ!?!?!?」
月山「やりまあああああああす!!」
たむ「OK!行くぞッ!」
2人「はいっ!」

第4試合


 小波と舞華でゴングが鳴ると、互いに足関節の取り合いから首の取り合いの濃厚なグラウンド戦を展開しクリーンブレイク。ウナギが猛烈にタッチを要求したため舞華がウナギにタッチ。
 ウナギが出てくると小波は背を向けて朱里にタッチしようとするが、ウナギはその背後からビッグブートを見舞いボディスラム。さらにコーナーに振って串刺しバックエルボーを発射も小波が回避し、朱里が突っ込んできて串刺しバックエルボー。師弟トレイン攻撃からダブルドロップキック。
 朱里と小波は軽快にタッチを回しながらウナギにサッカーボールキックを叩き込んでいき、朱里のミドルキック連打に耐えたウナギがボディスラムからギロチンドロップを見舞い舞華にタッチ。
 舞華はショルダータックルで2人を次々となぎ倒していき、ダブルブレーンバスターを狙う師弟をまとめてブレーンバスター。朱里は舞華とのエルボー合戦を制してサッカーボールキックを叩き込み小波にタッチ。

 小波はミドルキック連打からダッシュミドル。さらに変形コブラツイストから両腕を固めていき、朱里と2人でぶら下がり式腕十字の競演。小波はロープに飛ぶが、舞華がパワースラムで迎え撃ち、ウナギにタッチ。
 ウナギは小波にXファクターからスカルクラッシング・フィナーレ。さらに小波のエルボーをガードしつつ顔面にビンタを見舞っていき、ロープへと飛んでいくが朱里がエプロンからミドルキック。小波の回転エビ固めに朱里がミドルキックを合わせ、小波がフィッシャーマンズ・スープレックス・ホールドから朱里にタッチ。

 朱里はショットガンドロップキックからハーフハッチ・スープレックス。さらにクロスヒールホールドを狙うが舞華が慌ててカット。ウナギはコードブレイカーからギロチンドロップを見舞い、舞華との合体式で大ふへん者・斬。朱里は意地のミドルキック連打からSTOも、舞華がスライディングラリアットで豪快なカット。小波が舞華にミサイルキックを叩き込むが、師弟が2人で反撃しようとしたところをウナギが2人まとめてコードブレイカー、舞華がダブルラリアット。さらにウナギが踵落としからこれより我は修羅に入る!を狙うが、舞華が雪崩式ブレーンバスター。ウナギが朱里に城門突破を見舞い、大儀であったを狙うが、朱里がニーリフトで振り払い、小波がジャーマン・スープレックス・ホールド。師弟のサンドイッチサッカーボールキックの連打から朱里が山折りから白虎。カットに入ろうとする舞華を小波がトライアングルランサーで押さえ、救援を断たれたウナギがギブアップ。
 

 試合後、小波は朱里としっかり握手を交わした後にマイクを取る。

小波「今日は相手になってくれてありがとうな。お前ら2人に出会えて本当によかったよ。メリークリスマス。朱里さん!今日は本当にありがとうございました。朱里さんとはまたリングの上で必ず会いましょう。……NEVER END!」
朱里「小波、今日は本当にありがとォッ!まさか組めるなんて思ってなかったからホントにすごく嬉しかった。12月29日、あと1試合。駆け抜けて、小波。……NEVER END(※2人で抱き合い、互いにロープを上げながらリングアウトして退場)」

<試合後コメント>

朱里&小波
小波「急なタッグマッチ。自分が『組みたい』って言ってから、快く了承してくれてホントにありがとうございました。最後に朱里さんとタッグ組めて、ホントに楽しかったです。両国大会、赤いベルト、あると思うんで、必ず獲ってスターダムの横綱になって後輩たちの大きな壁になってほしいと思います。そのときが来たら、また自分もここのリングに戻ってベルトに挑戦しに行くので、そのときまで忘れないでくださいね?NEVER ENDですよ」
朱里「いや~もう、最高のクリスマスです!ホントに組めると思ってなかったし、12月29日、小波は、全部をスターダムのリングで出して、でも帰ってくるって信じてるし、私が12月29日、絶対赤いベルトを取って、赤いベルトを持ち、小波が挑戦してくる日まで私が持ち続けます。絶対に赤いベルトを獲ります!NEVER END!」

第5試合


 大江戸隊の奇襲から場外乱闘となる中でゴング。
 最初にリングに戻ったのはキッドとAZM。ハイスピード戦を控える2人は縦横無尽のロープワークの応酬を見せ、目まぐるしいエビ固めのシーソーゲームを制したAZMがスライディングキック。ここにAphroditEの2人も入ってきて3人で集中攻撃も、キッドがAZMの髪を掴んで引き回し、ロープにくくりつけながら顔面を踏みつけて大江戸隊で記念撮影タイム。さらに鹿島がコーナーマットを外して金具がむき出しになったコーナーへAZMを叩きつける。
 代わる桃はケラケラと笑いながらAZMの髪を掴んで引き回し、顔面をヒザでグリグリ踏みつけ、場外に落ちたAZMにエプロンを駆けて空対地サッカーボールキック、コーナーマットでの殴打とやりたい放題してから鹿島にタッチ。
 鹿島はAZMを挑発しながら引き起こすが、AZMがドロップキックを見舞って詩美にタッチ。
 詩美が出てくるとキッドが鹿島の加勢に入るが、詩美は2人まとめでドロップキックで吹き飛ばす。さらに詩美がラリアットを狙うが鹿島がフランケンシュタイナーで切り返し、桃にタッチ。
 桃はミドルキック連打からコーナーで串刺し攻撃を狙うが、詩美はこれをかわしてミサイルキックで一矢報い、上谷にタッチ。
 上谷は桃にドロップキックを発射も、桃はこれを回避して自爆させサッカーボールキックを見舞ってキッドにタッチ。
 キッドはダイビングクロスボディから振り子式コードブレイカー。さらにキッチャーマンを狙うが、上谷は振り払って側転+バク転+ドロップキックから逆エビ固め。上谷はロープに飛ぶが、桃が飛び込んできてドロップキックを見舞い、キッドが619で追撃。さらに鹿島のビッグブート+キッドのドロップキック、キッドのキッチャーマンが炸裂。

 さらにキッドがコーナーに上るが、上谷はデッドリードライブ、串刺しドロップキック、フィッシャーマンズ・スープレックス・ホールドと連撃し、キッドへの恨みを込めたエルボー連打からスター・クラッシャーを狙うが、これを振り払ったキッドは上谷の後頭部へランニング・ダブルニー。両者タッチ。
 桃とAZMの対面となると、桃が突っ込んでいってドロップキック。桃が挑発しながらエルボー合戦へと持ち込み、打ち勝った桃がロープへ飛んだところへQQのトリプルドロップキックが炸裂。AZMはミスティカを狙うが、これを耐えた桃が金具むき出しのコーナーへとAZMを叩きつけ、串刺しドロップキック、串刺しサッカーボールキック、ブレーンバスターと連撃して鹿島にタッチ。
 鹿島はセカンドロープを踏み台にしたフェイスクラッシャーを見舞い、キッドの串刺しダブルニー、桃のミドルキック、キッドのミサイルキック、鹿島のダブルアーム・スープレックスからダブルアーム・フェイスバスターと流れるような連続攻撃。AphroditEがこれをカットし、キッド&桃をドロップキックで場外に排除。さらに上谷がスワンダイブ式場外プランチャで追撃。

 AZMは鹿島にアメシスト・ストームも鹿島がロープブレイク。追撃を狙うAZMだったが、鹿島が金具むき出しのコーナーに自爆させて起死回生。これをAphroditEがカットすると、QQが3人でトリプルミサイルキックを叩き込み、AZMがダイビングフットスタンプ。さらに抵抗する鹿島をあずみ寿司で丸め込むも桃がカット。

 AZMは桃にハイキックを狙うが、桃が「AZMちゃん!」と叫んだことでAZMは迷いが生じて動きが止まる。ニタリと笑った桃はAZMにハイキックを叩き込み、鹿島が起死回生で3カウントを奪った。

 試合後、桃&キッドは、かつて桃&AZMが得意とした腕取り式ダブルサッカーボールキックをAZMに叩き込んで高笑い。

キッド「最後、桃と沙希の……バッチリすぎるゥ~ッ!ナイスゥ!(笑)大江戸隊、イキイキしてるじゃん!楽しそうじゃあん?!Queens Quest、ブラック・ピーチはここからどんどん進化していくから、泣いて逃げ出すんじゃねーぞ?おい、特にAZM。お前、次ハイスピード決まってるのに、もう既にメンタルボロボロだなぁ~?ハッハハハ!(笑)」
桃「ははははぁっ!大江戸隊、楽しいねぇ!いいねぇ~!詩美、そしてAZM。私はお前らのその悲しい~悔しい~、その顔が見れるのが今の生きがいなんだよ。楽しいよ、ホントに。2022年、お前ら待っとけよ。お前らも楽しんだよなぁ?」

詩美「おい大江戸隊、渡辺桃。お前ら絶対許さないからな。……AZMさん、もうクヨクヨするのやめましょう。悔しくないんですか?!」
AZM「(※涙で声をつまらせながら)……初めから気持ち切り替えるの難しいけど、年内最終戦ハイスピードあるから、桃ちゃん……いや、渡辺桃ォッ!年明け、キッチリ決着付けてやるから覚悟しとけ!」

 その後、年内最後の後楽園ホールのお約束となっている一年の振り返りムービーが流され、大江戸隊を除く選手たちがリング上に集結。

岩谷「本日は、2021年ラストの後楽園ホール、ご来場いただきまして誠にありがとうございます!今日、メインで勝った大江戸隊は帰ってしまったので、今日はせっかくリングに全員いる……大江戸隊以外いるんで、クリスマスなんで、めでたくみんなで締めたいと思います!いいですか?いいですか?皆さんいいですか?(※落ち込んで座り込んだままのQQの面々へ)立ってもらっていいっすか?ごめんね、QQ。ごめんね、大丈夫だよ。大丈夫。本当に本当に、今振り返りのVTRにあったように、2021年本当に色んなことがありました。でも、皆さんがこうやって会場に来て応援してくれるおかげでスターダム、ここまでやってこれました。本当にありがとうございます!年内まだあと1試合、両国大会があるんですけれども、年内最後まで、そして来年からも突っ走っていくんで!今日は頑張ってみんなで締めましょう!今日はWe are STARSで……あっ、ちがっ、We are STARDOMでいいですか?行きます!2021年ありがとう!来年もよろしくお願いします。今を信じて、明日に輝け!We are STARDOM!ありがとうございましたぁ~!」

<試合後コメント>

Queens Quest
AZM「さっきはリングで泣いちゃったけど、もういいです。今年ね、あと最終戦。スターライト・キッドとハイスピードがあるので一旦切り替えて、キッドに集中して、そしてね、年明け桃ちゃんではなく渡辺桃!お前を私がぶっ潰してやるよ」
上谷「渡辺桃……今までは信じられない、信じたくない……そんな気持ちだったけど、心の底からアイツが憎い。まあ私も白いベルトが両国で待っているので、今は一旦切り替えて、両国で白いベルト奪取。それに一本集中して挑んでいきたいと思っています」
詩美「……大江戸隊、渡辺桃。絶対許さないから」


大江戸隊
鹿島「渡辺桃!改めて大江戸隊にようこそ!」
キッド「ようこそぉ~♪今日最後、ナイス連係~!」
鹿島「でもでも?そのさらに最後、キッドと渡辺桃……やってんねぇ、やってんねぇ♪」
桃「ヤっちゃったよ、アレは(笑)」
キッド「アレはなんだっけぇ~?」
桃「なんだっけね、アレ。見たことあるよね?」
キッド「見たことあるやつ、ヤっちゃったよね。あえてAZMにやっちゃったけど。ってことはぁ?」
桃「ってことは?来年と言わずとも今から、私が最初に破壊するのはAZM。楽しみにしとけよお?AZM!」
キッド「なんか、渡辺桃は『来年からだ』みたいなことを言ってたけど、まず私はAZMとハイスピードがあるから、そこでもしっかり破壊の亀裂入れとくからさあ。っていうかさあ、今のままじゃな、AZM。何も残せないまま終わるぞ?これは他のQQメンバーにも言えることだと思う。このまましょぼくれたQQでいたらぁ、何も変わらないし、ウチらに潰されるだけだし、なんならユニットごとなくなっちゃうんじゃね?」
桃「ああ、それもいいねぇ。ま、破壊ってそういうことだけど」
キッド「渡辺桃、これからどんどんヤっちゃってよ~♪」
桃「ヤっちゃいますんで、お前らしっかり見とけよ?」

関連記事

サイト内検索

日別

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る