青木真也がクリスマスプレゼントの“赤いベルト”を持って12・26代々木で堀田祐美子に公開プロポーズ!?

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレス今年最後のビッグマッチ「NEVER MIND 2021 in Yoyogi」(12月26日、東京・国立代々木競技場第二体育館)で行われる、KO-D6人タッグ選手権(王者組=男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成"ファンタスティック"夢人VS挑戦者組=青木真也、堀田祐美子、スーパー・ササダンゴ・マシン)が思わぬ展開に発展しそうだ。

 そもそも、この一戦が組まれた背景にはいささか複雑な事情がある。事の発端は9月26日、東京・後楽園ホールで行われた高木三四郎、青木組VS堀田、渡瀬瑞希組の一戦だった。この試合は堀田がチェーン攻撃からピラミッドドライバーを青木に決めてフォール勝ち。堀田は青木が保持するDDT EXTREME王座への挑戦を表明し、10月12日、後楽園大会で実現することが決まった。

 そのタイトル戦は青木が堀田の凶器攻撃で流血に追い込まれながらも、一瞬の隙を突いたワキ固めで堀田を仕留めて王座を防衛。試合後、青木は「アイツ、ちょっとかわいいからって調子に乗ってたな。色っぽかった。いかれましたよ」と意味深なコメントを残していた。

 実は9・26後楽園大会の直後、ササダンゴが青木から相談を受け、「好きな女ができました。堀田祐美子です」と聞かされていたという。なんとか2人の恋を成就させたいササダンゴは、DDTに代々木で自身を加えた6人タッグマッチを組むよう要望し、フェロモンズとの対戦が決まった。さらにササダンゴはこの一戦をフェロモンズが持つKO-D6人タッグ王座戦にするよう要求し、今林久弥GMがこれを認めた。

 クリスマスが近づいた某日、ササダンゴは青木と極秘ミーティングを開いた。ササダンゴは「青木さん、堀田さんに思いは伝えてる。恋愛対象として。勝利をプレゼントというのもいいけど、青木さんと過ごした形がほしいと思うんです。代々木は1999年3月10日、堀田さんが神取忍に勝って赤いベルト(WWWA世界シングル王座)を獲った思い出の地。堀田さんにとって赤いベルトは大事。6人タッグのベルトもほしいけど、青木さんから堀田さんに赤いベルトをプレゼントとして買ってほしいんです」と指南。

 ササダンゴのアドバイスに納得した青木は2人で赤いベルトを買いに行き、新宿の地下街、歌舞伎町、大久保を歩いてみたが、お目当ての商品は見つからず。結局、某大手通販サイトで探して、“婚約ベルト”として、青木が2つ購入した。ササダンゴは「青木さん、試合のクライマックスで堀田さんに渡すんです」と指示し、青木もうなずいた。

 代々木での6人タッグ選手権は、王座の行方もさることながら、青木の堀田への“公開プロポーズ”にも注目が集まることになりそうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る