フェロモンズが電流爆破戦でクロニタ軍団を破りKO-D6人タッグ王座を死守!クロちゃんは大仁田厚とのタッグ王座獲りを宣言?

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 DDTプロレスが12月18日、名古屋国際会議場イベントホールで「DRAMATIC EXPLOSION 2021」を開催。猛威を振るうフェロモンズ(男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成"ファンタスティック"夢人)が電流爆破デスマッチでクロニタ軍団(大仁田厚、高木三四郎、クロちゃん=安田大サーカス)の挑戦を退けて、KO-D6人タッグ王座の初Vに成功した。

 試合はのっけから今成が電流爆破イスで大仁田の頭をぶっ叩いた。さらに今成は電流爆破ギター攻撃を狙うも阻止され、逆に大仁田からギターで殴打された。その後、クロちゃんがフェロモンズに捕まると、セクシーシーソーを食い、ディーノの尻にぶち込まれた。そして、フェロモンズがクロちゃんのコスチュームを脱がせて尻を露出させると、そこに高木の顔を突っ込ませるなど、ハレンチな攻撃のオンパレード。それでもクロちゃんはコーナーに乗っていたディーノの尻をめがけて電流爆破バットをフルスイングするも、ディーノは耐えた。するとクロちゃん、大仁田、高木の順に禁断の大放屁を浴びせた。青息吐息の高木に飯野がセクシースピアを見舞うもカウントは2。ならばと飯野はディーノの股間で電流爆破バットにフェロモンをチャージすると、それを高木に一閃。さすがに高木に返す力は残っておらず、屈辱の3カウントを聞いた。

 ディーノは「年内もたないと言われてきたが、気付けばリーチ。年内最大のビッグマッチ、(12・26)代々木を乗り切ればハッピーニューイヤー! 来年も足を突っ込んでテメエらのショー、独り占めにしてやる」と勝ち誇った。

 クロちゃんは「クロニタ軍団、一番弱いヤツが来ちゃったな。オマエの名前なんか、クロニタ軍団に入ってたか。クソ社長! オマエと組んだのが間違いなんだ。ウチらは大仁田厚と2人でベルト獲ってやるぞ!」と高木に通告。しかし大仁田は高木と握手を交わし、完全決裂は回避。

 バックステージで大仁田不在のなか、クロちゃんは「クロちゃんと大仁田でクロニタ軍団だから。あとは誰でもいいんだから。もういらないから。社長のせいで負けたから」と言いたい放題。高木は「タッグベルト狙うって? 私マネージメントしますから。社長なんで、クロニタ軍団のタイトル挑戦を実現させますから。大仁田さんとも話して」と社長権限の行使を宣言。すると、クロちゃんは態度が変わり、「だったらしっかりベルト挑戦、勝てるヤツ用意して」と話した。

 王座を防衛したフェロモンズは12・26代々木での青木真也、堀田祐美子、スーパー・ササダンゴ・マシン組との一戦に勝って“越年”をもくろむ。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る