朱里が中野たむとのスターダム二冠王対決を制して5★STAR GP優勝に向け躍進!「ジュリアはあんなおもしれーヤツとずっと闘ってたんだな」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 16日、東京都・後楽園ホールにてスターダム『5★STAR GP 2021』が行われ、朱里が中野たむとの二冠王対決を制して5★STAR GP優勝に向けて弾みをつけた。

 『5★STAR GP』とは毎年8月~9月にかけて行われるスターダムのシングルリーグ戦であり、 今年は過去最高の20選手がエントリー。7月31日の横浜武道館大会で開幕してから全国で闘いを続け、9月25日大田区総合体育館大会での優勝決定戦に向けてリーグ戦は佳境に入っている。

 この日のメインイベントでは、5★STAR GPブルースターズ公式戦として朱里vs中野たむの試合が実施。
 朱里はSWA世界王座&ゴッデス・オブ・スターダム王座(※タッグ王座)、たむはワンダー・オブ・スターダム王座(※白いベルト)&アーティスト・オブ・スターダム王座(※6人タッグ王座)を持つスターダム二冠王同士の対決であり、両者の初シングルということで大きな注目を集めていた。

 朱里は総合格闘技仕込みの鋭い蹴りを、たむはプロレス仕込みの華麗な蹴りを武器に持つ選手であり、試合は序盤から互いの色を出した激しい蹴撃戦が展開。両者の打撃戦はエプロン上の攻防にもつれ込み、たむが朱里をエプロンにジャーマン・スープレックスで叩きつければ、朱里もお返しの場外ジャーマン・スープレックスを炸裂させるなど互角の攻防が繰り広げられる。
 激しいエルボー合戦から朱里がバックブロー3連打を叩き込むが、たむは怯まず雄叫びを上げてバイオレット・シューティング(※変形ランニングニー)を3連打し、見事なブリッジを描くタイガー・スープレックス・ホールド。これを返されるとたむはバイオレット・スクリュー・ドライバー(※変形SSD)を狙うが、朱里はスリーパーホールドで切り返して絞め上げ、意識が薄れるたむに投げっぱなしジャーマン、バズソーキック、流炎(※変形エメラルドフロウジョン)と容赦ないラッシュをかけて勝利を奪った。

 試合後、朱里は「中野たむ!白いベルト、呪いのベルトを持つチャンピオン!今日、初シングルマッチだった!私は今日シングルマッチをやって、また1人面白い相手を見つけたと思ったよ!もっともっと……やり合おうな」とたむに語りかけ、バックステージでは「『ジュリアはあんなおもしれーヤツとずっと闘ってたんだな』って思いました。これから、もっともっとやり合いたいなって思った相手です」と興奮を隠せない様子でコメント。

 そして、公私ともに盟友であり共にタッグ王座を持つパートナーのジュリアが負傷欠場で5★STAR GPをリタイアしたことに触れ、「私は決勝でジュリアと闘いたいと思っていたんですけど、ジュリアにはしっかりと怪我を治してもらって、ジュリアの分まで自分が優勝したい気持ちもすごくあります。私が5★STAR GPを制して、今度こそ今度こそ!チャンスを掴んで赤いベルトを私がつかみ取ります!」と闘志をみなぎらせた。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る