18歳の女デスマッチファイター・鈴季すずが男女混合戦で初爆破の大流血!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12日、横浜・鶴見青果市場にてFMWEが『FMWE第3戦バトル・ロワイヤル』を開催。第4試合では木高イサミ&鈴季すずvsアブドーラ小林&世羅りさによる『デンジャラス鬼棒電流爆破ミックスドタッグマッチ』が行われた。

 本来は大仁田厚が認めた18歳のデスマッチファイター鈴木すずが大仁田とタッグを組み、メインイベントとして行われる予定だったこのカード。
 会見にミスターポーゴが乱入した事により、急遽大仁田とポーゴの電流爆破戦がメインイベントとして変更され、参戦選手たちの許可なくこの試合はセミファイナルにされてしまった。

 試合が始まると各選手が鬱憤を晴らすかのような大乱戦に。イサミが小林の脳天にギターを叩き込み流血させると、世羅が有刺鉄線竹刀ですずの顔面を殴り流血させ、小林がすずの顔面にフォークを突き立てる。お返しとばかりにすずが小林の顔面にハサミを刺してさらに流血させ、凶器が乱れ飛ぶ混戦を最後は世羅が電流爆破バットを持って、小林が羽交い絞めにしたイサミとすずにフルスイング。小林ごと爆破した世羅がすずをフォールし3カウントを奪った。

 勝利チームの小林は「今日正直怒ってるぞ!勝手に記者会見でカード変わったんだろう?知らなかったぞ!?大仁田!好き勝手やりやがって!いつまでも大仁田の時代じゃないってのを俺たちが見せなきゃな!令和の時代に合った電流爆破、これから見せていこう!」と意気込み、メイン終了後の大仁田を襲撃。

 ボロボロになったすずは「クソ…誰の足元にも及ばなかった!今日初めて電流爆破やりましたけど、なんなんだよ大仁田厚!ふざけてんのかよ!ナメてんのかよ?!自分勝手すぎるだろ。もうな、お前には“後継者”とも“令和の邪道娘”とも言われたくねーよ!鈴季すずナメんなよ!?」と絶叫すると、現在開催中の電流爆破プリンセス・トーナメントで優勝し、大仁田へ復讐することを宣言した。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る