箕浦康太がドリームゲート王座挑戦決定!王者・YAMATOは「若き挑戦者よ!お前のその力で時代を動かして見せろ!」と発破!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 8日、東京都・後楽園ホールにてDRAGON GATE『STORM GATE 2021』が開催され、箕浦康太が9月20日の大田区総合体育館大会でYAMATOの持つドリームゲート王座に挑戦することが決まった。

 この日のメインイベントでは、現ドリームゲート王者であるYAMATOへの次期挑戦者決定戦としてKAIvs望月成晃vsBen-Kの3WAYで時間無制限勝ち残りルールの試合が予定されていた。
 しかし、この日の第2試合で行われた箕浦康太&ジェイソン・リーvsYAMATO&Kagetoraのタッグマッチに於いて箕浦がYAMATOから直接勝利を収め、斎藤了GMをリングに呼び出してメインイベントを自身も加えた4WAYマッチとするよう要求する。
 KAI、望月、Ben-Kもリングに上がってきて箕浦の追加に難色を示すと、斎了GMも一度は箕浦の要求を却下するが、YAMATOが「俺はコイツにKING OF GATE準決勝と今日で2回も負けてる。これじゃチャンピオンとしての顔が立たねえよ」と語り王者権限で箕浦の追加を要求。観衆が大喝采でこれを後押ししたため、斎了GMによって急遽4WAY戦となることが決定された。

 4WAYマッチで行われたメインイベントでは、箕浦の参加に強い反発を示していた望月&KAIが協力して箕浦を袋叩きに。最初はこの様子を静観していたBen-Kだったが箕浦に加勢し、2人を相手に大立ち回りを展開。
 望月&KAIはまずBen-Kを排除することに決め、ダブルブレーンバスターでOTRさせようとするが、寸前で望月がBen-Kに付いてKAIをエプロンに落とし、二角蹴りで失格させる。
 そして、箕浦が望月に加勢しBen-Kをエプロンに落とすと、かつて望月道場の一員であった箕浦が「師範!お願いします!」とコーナーを指差す。望月は再び二角蹴りを狙ってコーナーに飛び乗るが、その瞬間に箕浦が突き落として望月をOTRで失格させる。
 箕浦とBen-Kの一騎打ちとなると、Ben-Kが箕浦の得意とする水車落としを、箕浦がBen-Kの得意とするスピアーを繰り出すなど白熱。最後はBen-Kの旋回式Ben-Kボムをガングで切り返した箕浦がエングラナヘ(※コブラクラッチ式クロスフェイス)で絞り上げると、Ben-Kがガクリと力を失いレフェリーが慌てて試合を止めた。

 見事夢の扉を開く鍵を手にした箕浦の元へYAMATOが現れ、「箕浦康太!俺はお前が勝ち上がってくると確信してたぞ。お前は風を吹かせた。プロレス界には強い人間、プロレスがうまい人間は山ほどいる。だが、風を吹かせられる人間は一握りだ。お前は今夜その1人になった。若き挑戦者よ!次は、お前のその力で時代を動かして見せろ!」と堂々のマイク。
 箕浦は「こうして自分が風を起こして大田区のメインに立つことが出来ます。大田区のメインにただ立つだけじゃなく、俺がDRAGON GATEの未来を創る!次の時代は俺が創る!9・20大田区では、この俺!箕浦康太が主役だ!」と叫び、鍵をYAMATOの眼前に突きつけた。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る