DDT両国大会をテレ東が放送!酒呑童子が遠藤に酒を飲ませ、イサミは総選挙の賞金で大会開催!10.13ハードヒット札幌は山喧引退試合がメイン

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

10月9日、都内のTEC事務所で記者会見が行われた。まずは会見に先立ち、ユニオンプロレスの木高イサミ選手からの発表があるとのこと。

イサミ「先日のドラマティック総選挙で2位となりまして、そこで賞金が30万円出たので、プラスちょっと足して何と主催興行をすることになりました! 新宿FACEを押さえた中で『もう11月17日くらいしか空いてないよ』って言われたんです。月曜日だし、あと1か月くらいしかないっていう(苦笑)」
亜門「結構期間ないですねぇ(笑)」
イサミ「今日、記者会見やるって聞いたんで、『すみません、ぶっ込んでください』って言ったんですけど……。いろいろFACEに問い合わせたら、もうここしかないって言うので、『じゃあ、もうここでやります』って言って決めてきちゃったんで」

総選挙2位の賞金で大会を開催することを発表したイサミイサミは総選挙2位の賞金30万円を利用して11月17日(月)に東京・新宿FACEで自主興行を開催することを発表。『木高イサミのプロレス。〜新宿地上最大武道会(仮)』と題し、席種は最前列(お土産付)、カウンター席、特別リングサイド、リングサイドの4種類。現時点で決まっていることはこれだけで、チケット料金や参戦選手などは決まり次第発表されるとのことだが、11日のユニオン新木場大会からチケットは販売するという。

イサミ「トーナメントをやります」
亜門「参戦選手はまだ?」
イサミ「はい。僕が出ることしか決まっていません。いまからオファーします」
亜門「もちろん縁のある選手に声をかけるって感じですよね」
イサミ「そうですね」

ーートーナメントはシングル? タッグ?
イサミ「シングルのトーナメント。これもまだ僕の頭の中でふわっと浮かんだだけなんですけど、1回戦とかはロープを外してノーロープでやろうかなと。場外に落ちたら負け。もしくはリング内でのギブアップか3カウント」
亜門「天下一武道会みたいですよね(苦笑)」
イサミ「ドラゴンボール? 限りなく近いですね。まだちょっと考え中です」

ーーイメージとしては何人参加を考えていますか?
イサミ「8人から10人……8人+シードが2人いてもいいのかなって。僕、シードでもいいかな」
亜門「主催者自ら!(笑)」

ーーどんな選手を呼びたいとかありますか?
イサミ「やっぱりいろんなところから出てほしいんですけどね。もちろん、僕に縁のある選手もそうだし、カード的にもこの人とこの人がシングルやったらどうなるんだろうっていう期待感をみんなに持ってもらえるようなカードを組みたいんで。例えば知り合いに中国拳法をやっている人がいるので、そういう人たちとか」
亜門「プロレスラーでさえない人が出る可能性もあるんですか!?」
イサミ「も、あるし、空手家とか合気道の達人とかいろんなところから、そういうのに準じたプロレスラーが……まあ結果プロレスラーなんですけど」
亜門「プロレスラーなんですか!(苦笑)」
イサミ「ツっ込んでくれなかったから寂しかったです」

ページ:

1

2 3

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る