47歳の美魔女占い師レスラーがベストボディ・ジャパン出場を前に審査委員長とベルトをかけて王座戦!「チャンピオンとしてコンテストで優勝したい」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 16日、都内・ベストボディジャパンオフィスにて、今月19日に浅草花劇場で開催される『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~夏の東京浅草~』についての記者会見が行われ、チェリーがチャンピオンとしてベストボディ・ジャパンコンテストで優勝することを誓った。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリングとは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 同団体には各方面から参戦選手が続々と増えていっており、団体独自のシングル・タッグ王座・6人タッグ王座も充実。今大会は4年目に突入して初の大会であり、2つの王座戦を実施するなど充実のカードで臨む。

 チェリーはキャットファイトを経て2004年にDDTでプロレスデビュー。男子団体でのミクスドマッチなどで揉まれたチェリーは“女子プロレス”のカテゴリに収まらない幅広いファイトスタイルを身に着けており、幼少期から続けている柔道や、中井祐樹(パラエストラ東京)の弟子として身につけた柔術のテクニックで真っ向勝負をすることも出来れば、お笑いマッチでも常に存在感を発揮することも出来るユーティリティプレイヤー。2018年にDDTを退団してフリーとなってからは“占い師レスラー”として数多の女子団体に出場。現在最も売れっ子の女子レスラーの1人だ。

 現在、BBJのシングル王座であるBBWスーパーボディ級王座を持つチェリーは、9月26日に開催されるベストボディ・ジャパンコンテストのプロスポーツ部門への出場を宣言。
 「時間が限られていてジムとかに行ってトレーニングをすることが難しいって方も多いと思うんです。だから私は普段のプロレスと柔術の練習とプロテインとかも飲まない普段の食生活の中で身体を作って、コンテスト当日だけ最高の状態なんじゃなくて24時間365日いつでもいい体でいることを目指しています。私は今47歳なんですけど、このやり方で優勝して同世代の女性に『自分なりのやり方で身体を作っていきましょう』ってメッセージをお伝えしていきたいと思います」とその決意を語っていた。

 しかし、今大会ではチェリーの持つ王座の防衛戦が組まれ、「チャンピオンとしてコンテストで優勝する」という目標が達成できなくなる可能性が浮上。しかも、防衛戦の相手の1人はプロレスラーでありコンテストで審査委員長も務める吉田和彦だ。

 吉田は「“無理せず健康的な身体を作る”という考え方が大変素晴らしいと思います。普段から健康的な身体を作っていくということがベストボディ・ジャパンコンテストの理念でもあるので、コンテストもそうですし、その先も頑張っていってほしいと思います」と審査委員長としてエールを贈るものの、「コンテストが順位の付く勝負であるように、プロレスもまた勝負なので忖度はしません。私がベルトを獲ってチャンピオンとして審査して差し上げましょう」とプロレスラーとしてチェリーを挑発した。

 思わぬ強敵が出現して夢の実現に黄色信号が灯ったチェリーはこの試練を乗り越えて王座防衛&コンテスト優勝を果たすことが出来るのか。
 その答えは8月19日のBBJ浅草大会と、9月26日に昭島市民会館で行われる『ベストボディ・ジャパンコンテスト2021ジャンル別&職業別大会』で出ることになる。

『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~夏の東京浅草~』
日程:2021年8月19日(木)
開始:19:00
会場:東京都・浅草花劇場

▼BBW世界スーパーボディ級選手権試合 選手権特別ルール・タッグマッチ
【王者】チェリー(フリー)/【挑戦者】米山香織
vs
【挑戦者】ゴージャス松野(DDT)/【挑戦者】吉田和彦
※通常のタッグマッチ形式で試合を行い、勝利した選手に王座が移動
※第6代王者・チェリーは初防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2022年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る