【会見全文】なべやかんがBBJ初の浅草大会を前に「男色ディーノの“金”を噛む」と宣言!コンテスト出場を控えたチェリーが審査委員長の吉田と王座をかけて対戦!

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 16日、都内・ベストボディジャパンオフィスにて、今月19日に浅草花劇場で開催される『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~夏の東京浅草~』についての記者会見が行われた。

 会見に出席したのは、BBW6人タッグ王座を持つ谷口智一CEO、BBW無差別級王座&BBW6人タッグ王座を持つなべやかん、BBW世界スーパーボディ級王座を持つチェリー、メインイベントでチェリーの王座に挑戦する吉田和彦の4名。

 まず、谷口智一CEOが挨拶を行った。

谷口智一CEO
「本日はお足元の悪い中、お集まりいただきありがとうございます。先月7月24日に開催させていただいた3周年大会は大成功の内に終えることが出来、我々の団体も4年目を迎えました。6人タッグ王座も出来まして、さらに勢いを増していくベストボディ・ジャパンプロレスのこれからを皆さん見守っていただけたらと思います。今大会は、初進出となる浅草花劇場で行います。王座戦2つを含む全5試合+エキシビジョンマッチという盛りだくさんの内容となっておりますので、是非ともご来場ください。
 また、感染症拡大により今大会が開催される8月19日も現在緊急事態宣言の発令期間中です。毎度毎度のご案内ではありますが、ベストボディ・ジャパンプロレスとしては感染防止対策を徹底しております。選手・スタッフの体温測定や手指消毒、ご来場いただく皆さんにもご入場の際に体温を測らせていただいた上で手指消毒にもご協力いただければと思います。まだまだご不便をおかけすることになる状況が続きますが、ご来場いただく皆さんが安心してプロレスを楽しんでいただけるような環境を作っていくことをお約束致します」

――谷口CEO、今回はエキシビジョンマッチでの出場になりますが、榎本練習生の相手を代表自ら務めることにした意図について聞かせてください
谷口「榎本さんにはベストボディの公式カメラマンや裏方として以前から団体を支えてくれた方ですし、彼が『選手としてやってみたい』と言ってくれたときに僕は嬉しかったんですよね。練習を見たりする中で、もう年内にはデビューしても良いという段階に限りなく近くなっていると思いますので、僕が相手をして見定めたいと思います」

――現状で榎本練習生に足りない部分はどのようなものがあると思いますか
谷口「うーん、肉体面・技術面はかなり伸びてきているんですけど、課題は精神面ですね。彼は本当に人当たりが良くて周りに好かれるタイプの人間なんですけど、リングに立ってプロレスラーとして闘う上ではその人の良さが悪い方面に作用してしまっていると思うんです。緊張してしまっているのか、遠慮があるのか、思い切りがまだまだかなと。もっと気合、ガッツを出してガンガン来てくれればと思います。ダンカン軍と闘うための正規軍の一員として期待していますので」

――セミファイナルで行われるタッグ選手権試合についてはいかがでしょう
谷口「愛媛プロレスさんには僕らも参戦させてもらったりしてますし、全日本にも上がっているHAYATOくんもウチにレギュラー参戦してくれていますし、非常に良好な関係を築けていると思っています。HAYATOくんも若いし、タオルくんも素顔は分からないけど同じくらい若いと思いますし、若い力でダンカン軍からベルトを奪ってほしいと思いますね。今はすぐ反則したり凶器を持ち出したりセコンドが入ってきたりしてキチンとした厳正なる王座戦が行われていないと思うので、愛媛軍に獲ってもらって、正々堂々のタイトルマッチが出来るベルトにしてもらいたいと思います」

 続いて、出席した選手たちが試合への意気込みを語った。

なべやかん
――やかん選手、今回はぽっちゃり軍vsちびっこ軍という形の対抗戦となりました
やかん「まあ、ちっちゃいおじさんと、ちっちゃいおじさんと、ちっちゃい若者のタッグですよ(笑)僕と小猪木は8月22日って誕生日が一緒なんですけど、僕が51になって、小猪木も今年で50!島谷くん(25歳)の倍ですよ、倍!でも、僕らもただのちびっこじゃないですからね。スピードもスタミナも若さも負ける気しないですよ」

――ぽっちゃり軍もおじさんしかいないのでは
やかん「ホントだ!島谷以外全員おじさんだ!(笑)でも、こっちは燃費の良いおじさんですからね。体の大きさ的に、日本車とアメ車くらいの燃費の差がありますよ」

――ディーノ選手も加わって勢いを増しているぽっちゃり軍相手にどう闘っていきますか
やかん「ディーノさんは……アレでしょ?すぐちんちんというか、ソフトなボールを触ってくるんでしょ?これはね、僕もう対策考えてるんですよ。河村市長じゃないですけど、ディーノの“金”を噛みます!(笑)」

――世界中から批判にさらされてしまうかもしれません……
やかん「最大限の愛情表現なので大丈夫です(笑)」

――今回の会場がある浅草は芸人さんにとって馴染みの深い場所だと思います
やかん「まあ、芸人の聖地みたいなもんですよ。よしえつねおなんかがよくいるんじゃないかな?(笑)そういう意味でも今回は僕らのホームみたいなもんなんで、普通にやったら勝てないかもしれないですけど、ホームでやると強いってのはオリンピック見てて思ったので絶対勝てます!」

チェリー&吉田和彦
――前回大会で正式にタッグ結成となったゴージャス松野選手とのタッグ初戦が王座戦になりました
吉田「いやぁ、本当にビックリです。いつも第1試合とか第2試合に出させていただいていて、王座戦も初めてですし、メインイベントも初めてで、60を前にして人生はじめてのことだらけですよ。でも、松野さんと一緒なの心づよ……不安かな?いや、心強いです」

――今回の変則タッグマッチでは、勝者が王者になる都合上、松野選手はパートナーであり敵でもあります
吉田「以前にも一度松野さんとタッグを組ませていただいているんですけど、そのときも負けているので、今回はタッグとして勝ちたいという気持ちもあるんですよね。だから松野さんの勝利をアシストしつつ、松野さんが3取りそうになったら引っ剥がして私が取ります。せっかくこういうルールなのでね。ルールは守りますよ、私は。フフフ……」

チェリー
――前回大会でスーパーボディ級王座を獲得されましたが、周囲の反応はいかがでしたか
チェリー「本当に色んな方から『おめでとう』って声をたくさんいただきました!中井先生(※柔術の師匠である中井祐樹)からも『おめでとう』って言っていただけたのも嬉しかったですね。ありがたいことに試合数も多いので、各団体にこのベルトを持っていってアピールしています!」

――王座獲得後には9月26日にベストボディ・ジャパンコンテストのプロスポーツ部門に出場することも宣言されました
チェリー「そうなんです。今回防衛しないとチャンピオンとしてコンテストには出られないので、今回しっかり防衛して9月のコンテストに威風堂々とチャンピオンとして出場したいです。なのでベルトはなんとしてでも守りたいと思います」

――コンテストに向けてはどういったトレーニングを積んでいるのでしょう
チェリー「実は、コンテストに向けてはまだ何もしていないんです。日々の生活の中で“ながら”のトレーニングをしながらその日に向けて仕上げていきたいと思っています。コンテスト当日だけ最高の状態なんじゃなくて、24時間365日いつでもいい体でいることを目指しているので、プロレスと柔術の練習をして身体を仕上げていきたいと思っています」

――「コンテストに向けて仕上げる」というより、常にその身体を維持できるようにしたいと
チェリー「そうなんです。今までちょっと身体のことを意識していなかったんですけど、コンテストに出ることを決めてまじまじと自分の身体を見て『ちょっと気を遣ってみようかな』って気持ちになったので、すごくいいきっかけになりました。私は47歳なんですけど、同世代の女性のことを考えると1日に色々やることがある中で、時間が限られていてガッチリとジムとかに行ってトレーニングをすることが難しいって方も多いと思うんです。だから、私は私なりのやり方でやっています。プロテインとかも飲まず、普段の食生活の中で工夫しながらやっていって、そのやり方がコンテストに通用するかどうか試してみます。成功したら、『自分なりのやり方で身体を作っていきましょう』ってメッセージを込めてそのやり方を皆さんにお伝えしていきたいと思います」

――今のチェリー選手の考え方を聞いて、コンテストの審査委員長としてどう思われますか
吉田「大変素晴らしいと思います。“無理せず健康的な身体を作る”という考え方がいいですよね。普段から健康的な身体を作っていくということがベストボディ・ジャパンコンテストの理念でもあるので、コンテストもそうですし、その先も頑張っていってほしいと思います」

――コンテストは応援しても、試合はまた別と……
吉田「フフフ、そうですね。コンテストが順位の付く勝負であるように、プロレスもまた勝負なので。『チャンピオンとしてコンテストに出たい』という気持ちはわかりますが、私がベルトを獲ってチャンピオンとして審査して差し上げましょう」
チェリー「いやいや、負けませんよ!吉田さんにも松野さんにも!(笑)松野さんはコンテストもプロレスも人生も全部先輩ですから強敵だとは思うんですけど、松野さんも優しい方なので私がコンテストに出るって言ったら色んなアドバイスを下さっているんです。とても尊敬していますし、お世話になっているので、この試合では松野さんをやっつけてその恩を仇で返したいと思います!

『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~夏の東京浅草~』
日程:2021年8月19日(木)
開始:19:00
会場:東京都・浅草花劇場

▼エキシビジョンマッチ
谷口智一
vs
榎本高志(練習生)

▼タッグマッチ
政宗(フリー)/遠藤哲哉(DDT)
vs
石井慧介(ガン☆プロ)/唐澤志陽

▼ベストぽっちゃり軍vsベストちびっこ軍 6人タッグマッチ
[ベストぽっちゃりジャパン]男色ディーノ(DDT)/大鷲透(フリー)/伊橋剛太(DDT)
vs
[ベストちびっこジャパン]なべやかん/島谷常寛(フリー)/アントニオ小猪木(西口)

▼BBWタッグ選手権試合~ダンカンプロレス軍vs愛媛プロレス軍~
【王者組/ダンカンプロレス軍団】諸橋晴也(フリー)/鈴木悟(フリー)
vs
【挑戦者組】ライジングHAYATO(愛媛) with キューティエリー・ザ・エヒメ(愛媛)/イマバリタオル・マスカラス(愛媛)
※第4代王者組は初防衛戦

▼BBW世界スーパーボディ級選手権試合 選手権特別ルール・タッグマッチ
【王者】チェリー(フリー)/【挑戦者】米山香織
vs
【挑戦者】ゴージャス松野(DDT)/【挑戦者】吉田和彦
※通常のタッグマッチ形式で試合を行い、勝利した選手に王座が移動
※第6代王者・チェリーは初防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る