【試合詳細】8・1 スターダム横浜武道館大会 ジュリアvs岩谷麻優 朱里vs舞華 林下詩美vs上谷沙弥 中野たむvs小波 なつぽいvs渡辺桃 鹿島沙希vsスターライト・キッド ウナギ・サヤカvsAZM

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『5★STAR GP 2021~開幕戦Day-2~』
日程:2021年8月1日(日)
開始:14:00
会場:神奈川県・横浜武道館
観衆:764人(コロナ対策限定人数)

▼3WAYタッグバトル 15分1本勝負
[STARS]コグマ/●羽南
5分11秒 ジャックナイフホールド
[大江戸隊]琉悪夏/○吏南
※もう1組は白川未奈(フリー)&レディ・C

▼5★STAR GP 2021 ブルースターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[COSMIC ANGELS]○ウナギ・サヤカ【2勝0敗=4点】
8分21秒 大儀であった→片エビ固め
[Queens Quest]●AZM【0勝1敗=0点】

▼5★STAR GP 2021 レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[大江戸隊]●鹿島沙希【0勝1敗=0点】
8分46秒 黒虎天罰→片エビ固め
[大江戸隊]○スターライト・キッド【1勝1敗=2点】

▼5★STAR GP 2021 レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Donna Del Mondo]○なつぽい【1勝1敗=2点】
9分44秒 フェアリー・ブリング
[Queens Quest]●渡辺桃【1勝1敗=2点】

▼5★STAR GP 2021 ブルースターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[COSMIC ANGELS]○中野たむ【1勝1敗=2点】
10分45秒 トワイライト・ドリーム
[大江戸隊]●小波【0勝1敗=0点】

▼5★STAR GP 2021 ブルースターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Queens Quest]○林下詩美【1勝1敗=2点】
14分19秒 ハイジャック・ボム→片エビ固め
[Queens Quest]●上谷沙弥【0勝2敗=0点】

▼5★STAR GP 2021 ブルースターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Donna Del Mondo]○朱里【2勝0敗=4点】
16分38秒 流炎→片エビ固め
[Donna Del Mondo]●舞華【1勝1敗=2点】

▼5★STAR GP 2021 レッドスターズ公式リーグ戦 20分1本勝負
[Donna Del Mondo]●ジュリア【1勝1敗=2点】
18分30秒 ドラゴンスープレックスホールド
[STARS]○岩谷麻優【1勝1敗=2点】

朱里が5☆GP開幕2連勝で赤いベルトへリベンジ宣言!ジュリアを撃破した岩谷麻優が二度目の優勝を約束!なつぽいとスターライト・キッドが新技披露!

第0試合

 先発はコグマと琉悪夏と白川。琉悪夏は場外に降り、コグマがクマポーズで「頑張ろうね!」とアピールすると、白川も同じくクマーポーズで付き合うが、コグマはガットショットからロープに振るも、白川がフライングクロスチョップで迎撃。
 白川がポーズをきめてアピールするが、後頭部に吏南がドロップキックからフォールも、コグマがボディプレスでカットしようとするが吏南が避けて白川に直撃。コグマはそのままフォールも2。

 白川がコグマを、レディ・Cが羽南をドロップキックでふっ飛ばし、低空ドロップキックを狙うが、琉悪夏と吏南が髪を掴んで引き倒し、コグマと羽南に顔面ウォッシュを狙うが羽南とコグマはドロップキックで迎撃。
 羽南が吏南を投げようとするが、吏南は切り返して卍固めで捕らえ、そのまま丸め込むもコグマがカット。

 コグマが吏南にエルボー連打からロープに飛ぶが、場外から琉悪夏が足を掴んで倒し、吏南が顔面に低空ドロップキック。
 吏南と琉悪夏がコグマをロープに振るが、コグマは場外に滑り落りて挑発。白川とレディ・Cが背後から走り込み、琉悪夏に白川がが、レディ・Cが吏南に河津落とし。それぞれロメロスペシャルを狙うがコグマと羽南がカットし、白川をコーナーに振り、羽南、コグマと走り込むが、白川が避けて3人まとめて串刺しバックエルボーからまとめてフェイスバスター。白川は羽南をフォールも2。

 白川は羽南にロメロスペシャル。レディ・Cはコグマをフットチョークで捕らえるが、吏南が白川をフォールするとレディ・Cがこれをカット。

 レディ・Cが羽南をロープに振るが、羽南はブーメランアタックで迎撃しコグマがミサイルキック。羽南はレディ・Cを投げようとするが、レディ・Cが河津落としを狙ったところを琉悪夏が二人まとめてクロスボディで潰してフォールもコグマがカット。

 コグマは琉悪夏にDDT。白川がコグマにローリングエルボー。羽南が白川を腰投げから、吏南が羽南をジャックナイフで丸め込み3カウント。

第1試合

 ウナギが握手を要求し、AZMが握り返すとうなぎがガットショット。AZMはキャッチしビンタを叩き込む。AZMが挑発しうなぎがビンタも、避けたAZMがビンタからロープに飛んで低空ドロップキックからドロップキック。
 さらに首投げからサッカーボールキックを叩き込みフォールも2。

 AZMは背中にサッカーボールキックからコーナーに振り、串刺しドロップキックからフォールも2。

 エルボーの打ち合いからAZMがチョップ。ロープに飛ぶが、ウナギはカウンターのボディスラムから串刺しバックエルボー。さらにロープに飛んで開脚フェイスバスターからフォールも2。

 エルボーの打ち合いからAZMがエルボー連打。さらにラリアットも、避けたウナギがビッグブーツで倒しギロチンドロップ。
 ウナギはコーナーに登るが、AZMがビンタから横に登ると雪崩式脇固め。ウナギはロープに足を伸ばしブレイク。

 AZMはコーナーに登りダイビングフットスタンプからフォールも2。

 AZMは脇固めから羽折リ固め。ウナギはロープに足を伸ばしブレイク。

 AZMはロープに飛んでラ・ミスティカ。これを離すとバズソーキックからアメシスト・ストームを狙うが、耐えたウナギの後頭部にミサイルキックからロープに飛ぶが、ウナギはそんなことより一献くれまいか?で迎撃。
 ウナギはAZMの足をセカンドロープに乗せてのコードブレイカーからこれより我は修羅に入る!を投下しフォールも2。

 ウナギは大ふへん固めを狙うが、AZMはあずみ寿司も2。

 AZMはバズソーキックからロープに飛んでいくが、ウナギは大ふへん固めで捕らえ、そのままカナディアンバックブリーカーからみちのくドライバーへ。続けて大儀であったで叩きつけ3カウント。

<試合後コメント>
ウナギ・サヤカ
「5★STAR GP、2勝目!2日目にして手に入れることができました。5★STAR GP中に、ウナギ・サヤカ、皆さんの予想を遥かに超えてどんどん成長しますので、目を離さないでいてください」

――開幕2連勝は、ご自身の中ではあくまで想定内?
「そうですね!想定内で。まあ相手が、たむさん、AZMさんと続いて、私の中では、すごい育ててもらった人なので。ホントに全てを出し切って出し切って出し切って出し切り尽くしての闘いだったんですけど、自分の中でリングで見えてくる『もっとああしたい、こうしたい』もどんどん爆発していっているので、もっともっとその気持を爆発させていって、もう今回だけじゃなくて毎回新しいウナギ・サヤカの傾奇を進んでいきたいと思います」

――第1試合終了時点、現在トップです
「スゴくないですか?!でも、第1試合目なので、多分、このあと、ね?朱里さんとかもいるし、たむさん……あっ、たむさんは勝ったわ。今日誰がいますか?」

――舞華選手と……
「あっ!舞華もいるんだ!舞華と朱里が当たるんだ!いいつぶしあいですね!」

――どちらかが2連勝になる可能性が高いです
「うっわ!じゃ、その2人のどっちかに並ぶってことですか?!ヤッバ!!これが多分ウナギ傾奇なので。想像は自分でもできてないですけど、てっぺん取ることしか考えてないので、5★STAR GP、てっぺん、キメます!」

第2試合

 ロックアップをスカした鹿島がマスクに手をかけるが、キッドはガットショットも鹿島がロープに振り、キッドは鹿島を側転して避けると髪を掴んで引き倒す。キッドはロープに飛ぼうとするが、鹿島もマスクを掴んで引き倒し、首投げから後頭部をリングに叩きつけていく。
 鹿島はリストを取ってロープを使っての腕攻め。さらに顔面を踏みつけて挑発する。
 これを離すと鹿島はリストを取って捻り上げていき、グラウンドで脇固めも、これを離すと腕へのニードロップから顔面を踏みつける。さらにケンカキック連発も、立ち上がったキッドがエルボー。鹿島は容赦なくケンカキックでロープに押し込み顔面を踏みつける。
 鹿島は踏みつけフォールも2。

 お互い髪を掴んでいくが、鹿島がチョークでロープに押し込み、ロープに振るがキッドはセカンドロープに飛び乗りブーメランアタック。キッドはロープに飛んで低空ドロップキックからフォールも2。

 鹿島はサミングからロープに飛ぶが、キッドはカニバサミから619。避けた鹿島が二段式の619も避けるとビッグブーツからキッドがもたれかかるロープを蹴り上げていく。
 鹿島はダブルアームスープレックスホールドも2。

 鹿島は投げようとするが、耐えたキッドが腕へのエルボー連発から、コーナーに振って串刺しエルボー。避けた鹿島が串刺し攻撃も、避けたキッドが後頭部に串刺しエルボー。キッドはその場飛びムーンサルトを狙うが、鹿島がスクールボーイからバズソーキック。キャッチしたキッドがそのまま引き倒してその場飛びムーンサルトからフォールも2。

 キッドはコーナーに振っていくが、鹿島はブーメラン式のフェイスバスターで迎撃し、投げ捨てフロントスープレックスからコーナーに登る。だがキッドがロープを駆け上がり雪崩式アームホイップで投げ捨てるが、立ち上がった鹿島がビッグブーツから投げようとするが、耐えたキッドへビッグブーツ。鹿島はダブルアームフェイスバスターからフォールも2。

 鹿島はmy emblemを狙うが、キッドはライトニングスパイラルで切り返し、コーナーに登るとダイビングボディプレス。避けた鹿島が起死回生を狙うが、キッドが切り返すも鹿島も返してフォールも2。

 鹿島はビッグブーツもキッドはゼロ戦キックからキッチャーマンも2。

 キッドはダブルアームDDTで突き刺し、黒虎天罰で突き刺し3カウント。

<試合後コメント>
スターライト・キッド
「同門対決だろうが、私は容赦なくやるだけ。今日のフィニッシュ!黒虎天罰(こっこてんばつ)。この私、ブラックタイガーが全員に天罰を下す。メディアさんたち?ちゃんと書いといてくださいよ?私はこの5★STAR GP期間でハイスピードだけではない力強さ、えげつなさ、もっともっと、黒い虎になっていく姿をみんなに見せてやるから。レッドスターズ……グッバイ♪」

第3試合

 なつぽいが走り込みドロップキックからジャーマンを狙うが、耐えた桃をロープに振るも、なつぽいのクロスボデイをキャッチした桃がリングに叩きつけてフォールするが、ブリッジして抜けたなつぽいがロープに飛んでアームホイップを狙うも、耐えた桃がアームホイップから低空ドロップキックを顔面に叩き込む。

 桃は顔面を踏みつけ、これを離すと胸へのサッカーボールキック。さらにボディスラムからフォールも2。

 桃はキャメルクラッチで捕らえ、これを離すとストンピングからエルボーを落とす。桃は背中へのサッカーボールキック。
 エルボーの打ち合いから桃がストンピング連打。首投げも、着地したなつぽいがソバットからバックラッシュで叩きつけ、ロープに飛んで低空ドロップキック。避けた桃が下から蹴り上げ、串刺し攻撃もなつぽいが避けて串刺しドロップキックから串刺し低空ドロップキック。
 なつぽいはライトニングスパイラルを狙うが、切り返した桃とエルボーの打ち合い。なつぽいがエルボー連打からロープに飛ぶが、桃はミドルキックで迎撃し串刺しドロップキックから串刺し低空ドロップキック。
 さらにブレーンバスターで投げ捨てPKからフォールも2。

 桃はチキンウィングフェイスロックも、逃れようとしたなつぽいに裏投げから蒼魔刀を突き刺しフォールも2。

 桃はコーナーに登り、セカンドロープから飛び込むがなつぽいはトラースキックで迎撃しフォールも2。

 なつぽいは桃のハイキックを避けて足を刈って倒すと逆エビ固め。桃はロープを掴みブレイク。

 なつぽいはストンピングから低空ドロップキック。さらにライトニングスパイラルからフェアリアルギフトを投下し極楽固め。桃はロープを掴みブレイク。

 なつぽいはフェアリーストレインを狙うが、切り返した桃がハイキックからバズソーキック。フォールも2。

 桃はBドライバーで突き刺し、チキンウィングフェイスロックから投げようとするが、丸め込んだなつぽいが3回転ラ・マヒストラルも2。

 なつぽいはハイキックを避けてフェアリー・ブリングで3カウント。

<試合後コメント>
なつぽい
「5★STAR GP、2戦目!桃さんから勝ちましたぁ~!(※肩にかけたハイスピードのベルトを撫でながら)桃さんは、このハイスピードをかけて挑戦してたのを5年前に見てて、私は、『桃さんとかに勝てる日が来るのかな』ってそのときには思ってたけど、チャンピオンになった今!桃さんから3取ったのは本当に大きいことだと思います!5★STAR GP、まだまだこれからなんで、この調子で登っていきたいと思います!ぽいっ♪」

第4試合

 
 たむが入場するなり小波が襲撃し試合開始。小波がエプロンを走り込んでのサッカーボールキックも、たむはキャッチし場外に落とすとそのまま場外乱闘。
 小波がたむの腕をイスに絡めてそのまま鉄柱に叩きつけ、苦しむたむをイスで叩きつけリングに戻る。

 小波は顔面を蹴りつけ、さらに腕をひねると腕への膝蹴り。踏みつけフォールも1。

 小波は肘を踏みつけていき、たむは痛む腕でエルボーを打ち込んでいくが、小波は受けきりケンカキック。
 コナミはロープに飛んでラリアットも、避けたたむが丸め込むが2。
 たむの水面蹴りをキャッチした小波が蹴りつけてロープに飛ぶが、たむはトラースキックで迎撃。
 場外に転がり出た小波へたむはコーナーからのプランチャを投下。

 リングに戻り、たむが投げようとするが小波が脇固めもたむはロープに足を伸ばしブレイク。

 小波がロープに飛んでスライディングレッグラリアートから、たむの腕を蹴りつけていきボディブロー。
 小波はたむの指を踏みつけロープに飛ぶが、たむはトラースキック2連発で迎撃。
 たむがロープに飛ぼうとするが、小波は髪を掴んで引き倒すとロープに飛んでPK。たむは避けると投げ捨てジャーマンから引き起こそうとするが、小波も投げ捨てジャーマン。両者ダウン。

 たむがジャーマンスープレックスホールドも2。

 たむはコーナーに登るが、小波が殴ろうとするとたむが腕を巻き込もうとするが、切り返した小波がハイキックから正面に登りコーナー上でコブラツイスト。これを離すとデッドリードライブからコーナーに登り、ダイビングハイキックからフォールも2。

 小波はトライアングルランサーで捕らえるが、切り返したたむがバイオレットシューティング。フォールも2。

 たむは投げようとするが、小波が切り替えしてスリーパー。たむはロープに足を伸ばしブレイク。

 たむのバイオレットシューティングをキャッチした小波が再度スリーパーも、逃れたたむがバックスピンキックからどどん.tam。たむはトワイライト・ドリームで叩きつけ3カウント。

<試合後コメント>
中野たむ
「……右腕を破壊されました。大江戸隊は私の色んなものを破壊してくるし、途中意識が飛んじゃって……スリーパーでやっちゃって……なにがなんだか……。(※顔をなでで確認しながら)ちゃんとカワイイですか?(笑)えへへ♪えっと、私、一瞬の隙を突かれて初戦を落としてしまったんですけど、もうこっから先は絶対に負けません!全勝して必ず優勝します!その気持ちしかありません!もし、万が一負けるようなことがあれば、私はその負けた相手全員と今渡しが持っている白いベルトをかけてタイトルマッチしたいと思ってます。もちろん、昨日負けてしまったウナギとも!」

第5試合

 手4つからリストの取り合い。詩美がヘッドロックで捕らえグラウンドとなるが、お互い切り返しあうとドロップキックの相打ち。
 ロックアップから上谷がロープに振っていくが、詩美が担ぐも着地した上谷にラリアット。避けた上谷がロープに飛ぶが、詩美はドロップキックで迎撃する。

 詩美はボディスラムからフォールも1。

 詩美はキャメルクラッチで捕らえるが、上谷はロープを掴みブレイク。

 詩美は背中へのダブルニードロップからフォールも2。

 詩美はストンピングから背中への低空ドロップキック。コーナーでストンピング連打からフォールも2。

 詩美はストンピングからボディスラム連発。フォールも1。

 エルボーの打ち合いから上谷がエルボー連打。詩美はケンカキックを叩き込み、ロープに飛ぶが上谷が追走して側転からバク転していくも、詩美がキャッチしサイドバスター。フォールも2。

 詩美はロープに振ろうとするが、逆に上谷が振ってドロップキックで場外に叩き出す。上谷は場外へのスワンダイブクロスボディアタックを投下。
 リングに戻るとコーナーに登りミサイルキック。フォールも2。

 上谷はバク転ダブルニードロップ。立ち上がった詩美とエルボーの打ち合いから、上谷がエルボー連打も詩美はエルボーを避けて背中へのエルボー。ロープに飛ぶが、上谷は追走ニー。上谷がロープに飛ぶが詩美は追走ラリアットからロープに飛んでラリアット。フォールも2。

 詩美はエアレイドクラッシュで叩きつけフォールも2。

 詩美はロープに飛んでいくが、上谷がバイシクルキックで迎撃。詩美はロープに飛ぶが、上谷は追走バイシクルキックからロープに飛んで、お互いラリアットを避けあうと上谷がニールキック。
 上谷はリバースフランケンで突き刺しフォールも2。

 上谷はフィッシャーマンスープレックスホールドも2。

 上谷はスタークラッシャーを狙うが、耐えた詩美がドロップキック。詩美は投げ捨てジャーマンからスライディングラリアットを叩き込みフォールも2。

 詩美はトーチャーラックボムを狙うが、着地した上谷にソバットからロープに飛ぶが、上谷はフラムフライで迎撃しフォールも2。

 上谷はスタークラッシャーで突き刺しフォールも2。

 上谷はコーナーに登るが、詩美がエルボー連打から担ぐが、着地した上谷がフランケンで丸め込むが2。

 上谷はロープに飛ぶが、詩美は担ぐとトーチャーラックボムで叩きつけてフォールも2。

 詩美は旋回式スプラッシュマウンテンで叩きつけ3カウントを奪った。

<試合後コメント>
林下詩美
「5★STAR GP、2戦目だけどまずは1勝!先に1勝挙げたみんなからは一歩遅れてるかもしれないけど、まだまだ全然取り返していけるので、2020年最高の夏女がどんどん残りの試合を勝ち抜いて、今年も最高の夏をお届けします!」

――リーグ戦で上谷選手と日本武道館以来のシングルマッチをしてみていかがでしたか
「上谷は、今日闘ってみて、普段から隣りにいるんですけど、上谷はすごくタフさも強くなったとかプロレスが強くなったとかもあるんですけど、すごく気持ちの強さが前よりもすごく私に直接感じられると思いますね。今まではいっぱいっぱいだった上谷が、今はもっと色んなものに貪欲にプロレスしてるんだなっていうのが、そういう強さを感じます」

――ここからの巻き返しには手応えがある?
「はい、もちろん!昨日は3しっかり取られてしまいましたけど、残りの試合、7試合はもちろん私が全勝して優勝まで駆け抜けていきたいと思います!」

第6試合

 朱里が投げようとするが潰した舞華とグラウンドの攻防。スタンドに戻り、リストの取り合いから再度グラウンドの攻防へ。舞華がヘッドロックからリストの取り合いとなり、朱里がグラウンドに持ち込み逆エビ固めも舞華はロープを掴みブレイク。

 組み合うと朱里が足を刈って倒しフロントネックも、舞華がそのままロープに押し込むが、朱里が中央まで押し返すと舞華が強引に投げ捨てる。だが朱里がタックルでコーナーに押し込み、ガットショットからコーナーに振っていくが、舞華は飛び越えるとアームホイップの応酬から朱里がケンカキック。
 朱里はコーナーに投げ込み串刺し攻撃を狙うが、避けた舞華が走り込むも、朱里は足を伸ばしてカットするとぶら下がり腕ひしぎ。
 これを離した朱里が、走り込んできた舞華をロープをたるませ場外に落とすと、ラリアットも避けて場外でサッカーボールキック。だが舞華もエプロンへのブレーンバスターで叩きつける。

 リングに戻り、朱里がドロップキックでコーナーにふっ飛ばし、串刺しニーからコーナーに登るも舞華がエルボーから正面に登る。だが朱里がエルボーからリングに飛び降りパワーボムを狙うが、耐えた舞華の尻にハイキック。リングに落下した舞華をフォールも2。

 朱里はスリーパーも舞華はロープを掴みブレイク。

 朱里はロープに飛ぶが、舞華は追走ラリアットからロープに飛んでラリアットも、朱里は巻き込んで脇固めからアームロックへ。回転して逃れた舞華がラリアットも、避けた朱里へガットショットから投げようとするが、耐えた朱里が強引にネックチャンスリー。両者ダウン。

 朱里は担ぐが着地した舞華のラリアットと朱里のハイキックの相打ち。舞華が朱里の背中にエルボー連打も、朱里はコードブレイカー。舞華はケンカキックからロープに飛ぶが、朱里は延髄斬りを叩き込むが舞華はすかさずスライディングラリアット。両者ダウン。

 手4つからヘッドバッドの打ち合い。両者ダウン。

 朱里は胴絞めチキンウィングも、舞華は強引にブレーンバスターで叩きつけフォールも2。

 舞華は山茶花からフォールも2。

 朱里はミドルキック連打からコーナーに振るが、舞華はショルダータックルで迎撃し、追撃のショルダータックル2連発からラリアットでなぎ倒しフォールも2。

 舞華はスリーパーも朱里はロープに足を伸ばしブレイク。

 舞華は担ぐが着地した朱里が投げ捨てジャーマンからラリアットも、避けた舞華がバックドロップ。
 舞華は朱里をコーナー上に座らせると、雪崩式ブレーンバスターからフォールも2。

 舞華は炎華落としからフォールも2。

 舞華はみちのくドライバーを狙うが朱里が丸め込むも2。

 朱里はランニングニーも舞華がラリアットでなぎ倒しフォールも1。

 舞華はロープに飛ぶが、朱里はハイキックで迎撃しフォールも2。

 朱里はバズソーキックから流炎で叩きつけ3カウント。

朱里「ファイブスターグランプリ、まずは、2連勝しました!初戦から熱く激しい試合で、舞華は昨日、林下詩美に勝利しました。舞華の進化は止まらない。でも、でも!私は負けるわけには行かない!負けるわけにはいかねーんだよ!この、ファイブスターグランプリ、制して、今度こそ!今度こそ赤いベルトを巻く。だから、そのために、進化して、進化して進化して進化して進化して、このファイブスターグランプリ、優勝するそして、朱世界に染め上げる。みなさん、応援してもらえると嬉しいです。みんなサラマポ!ありがとうございました」

<試合後コメント>
朱里
「まず、2連勝しました。始めの勢いが大事だと思っていたので。でも初戦から激しく熱い試合で、結構ボロボロです……。でも、私は負けるわけにはいきません!この5★STAR GP、絶対に絶対に優勝して!今度こそ、今度こそ私が赤いベルトを巻く!そして、天国の母に、ずっとずっと応援してくれてる皆さんに、そして私自身、スターダムを選んでここで輝くために、この5★STAR GP絶対に優勝します!」

第7試合

 なかなか組み合わずにリングを周り、ロックアップからバックの取り合い。ジュリアがグラウンドに持ち込むが、フロントネックの応酬からリストの取り合いへ。
 ジュリアがヘッドロックで捕らえ、ショルダータックルで倒すも岩谷がアームホイップで投げ捨てバックを取る。
 ジュリアもアームホイップで返すとフォールするが、岩谷がブリッジして抜けるとロープに飛んでジャンピングバックエルボー。岩谷は背中にサッカーボールキック連発から顔面を踏みつけていく。
 岩谷は前から後ろからジュリアを蹴りつけていきフォールも2。

 岩谷はロープに飛ぶが、ジュリアはビッグブーツで迎撃し、首投げからスリーパー。そのままキャメルクラッチで捕らえ、髪を掴んでのヘッドシザース。岩谷はロープに足を伸ばしブレイク。

 ジュリアはネックブリーカードロップからフォールも2。

 ジュリアはコーナーに叩き込み串刺し攻撃を狙うが、避けた岩谷がスクールボーイからバカタレスライディングキック。
 岩谷はジュリアのビッグブーツを避けて走り込むが、ジュリアも避けると岩谷がバックをとるも、耐えたジュリアにハイキック。避けたジュリアが走り込むが岩谷は水面蹴りで倒し背中にサッカーボールキック。
 岩谷はロープに飛んで低空ドロップキックを叩き込みフォールも2。

 岩谷はコーナーに登るが、ジュリアはデッドリードライブも岩谷は着地しソバット。岩谷は串刺し攻撃も、避けたジュリアがジョン・ウーからコーナー上でフロントネックロックで釣り上げる。これを離すとミサイルキックからフォールも2。

 ジュリアはSTFで捕らえるが岩谷はロープに足を伸ばしブレイク。

 ジュリアは岩谷をロープにかけて上半身をエプロン側に出し、エプロンから背中を蹴り上げると、エプロンに寝かせて上半身を場外に乗り出させ、場外を走り込んでのビッグブーツを顔面に叩き込み、さらに場外へのネックブリーカードロップ。
 カウント18で岩谷はリングに戻り、ジュリアは後頭部にミサイルキック。フォールも2。

 ジュリアは投げようとするが、耐えた岩谷にビンタからロープに飛ぶも、岩谷はスリングブレイドで迎撃しビンタ。
 さらに投げ捨てジャーマンも、ジュリアは立ち上がると顔面に低空ドロップキック。
 両者ダウン。

 ジュリアがヘッドバッドも岩谷も笑顔を見せヘッドバッド。ヘッドバッドの打ち合いを岩谷が制してドドンパも2。

 岩谷はコーナーに登りフロッグスプラッシュからフォールも2。

 岩谷はコーナーに登りムーンサルトを投下するが、ジュリアは下から三角絞めで捕らえるが岩谷はそのまま潰してフォールも2。

 ジュリアはステルスバイパーで捕らえるが岩谷はロープに足伸ばしブレイク。

 ジュリアはファルコンアローからフォールも2。

 ジュリアはノーザンライトボムを狙うが、岩谷が切り返してツームストンを狙うが、ジュリアも切り返してグロリアスドライバー。さらにノーザンライトボムを狙うが、岩谷が切り返してツームストンパイルドライバーで突き刺す。両者ダウン。

 ジュリアがビッグブーツも岩谷がハイキック。さらにバズソーキックからトラースキック、カカト落としからフォールも2。
 岩谷がムーンサルトを投下し、続けてドラゴンスープレックス。さらに投げようとするが、ジュリアが首固めも2。
 岩谷はトラースキックから二段階式ドラゴンスープレックスホールドで3カウント。

岩谷「横浜武道館のみなさま、こんばんはー!一年に一度の、暑いファイブスター、開幕しました。昨日は、桃に、負けてしまったんですけど、今日は、無事に、無事ではないんですけど、ジュリアに勝ちましたー!このまま、この、勢いのまま、必ず、自分が勝ち抜いて、2年、ファイブスター、2回めの、2回め?2連覇ではないです、2018年?の、ファイブスター、優勝者として、今年も、2021年、必ず、勝ち抜いて、自分が、優勝したいと思います!今日はメインイベント、自分が勝ったので、自分がしめさせていただきたいと思います。本日はほんとにご来場いただきましてありがとうございました。ペイパービュー見てくださっている皆さんもありがとうございました。これからもスターダム突っ走っていくんで応援よろしくお願いします!皆さん、今を信じて明日に輝けって言ったらウィーアースターダムって手でSの字を作ってください。ではいきます!今を信じて!明日に輝け!ウィーアースターズ!ありがとうございました!」

<試合後コメント>
岩谷麻優
「5☆STAR GPまずは一勝しました。昨日、昨日は桃の、とんでもない技に負けてしまって、2連戦、桃とジュリアほんとに、ほんとに追いやられた。去年からか、今年からか、試合時間が20分1本勝負になってて、なんか、あの、20分、あっ5分伸びたんだと思って、ちょっとなんか、あの、なんかあれでしたけど、20分1本勝負で良かったです。15分だったらほんとに全試合がドローになってしまう可能性が高かったと思うので、20分1本勝負で、自分は長期戦のほうが得意なので、追いやられて追いやられて、そこから立ち上がるのが岩谷麻優なんで、今日もボロボロにやられましたけど、ボロボロに、ズタズタにしてくれてありがとうです。本領発揮ができました。ヤバい、呂律が回らない。でも大丈夫。怪我はしてない。私、怪我してない。もちろん、首のダメージとかあるけど、今年の岩谷麻優はいつもと違いますよ。また、必ず優勝して、シングルのベルト、あいつの持つベルトに、挑戦します。そして!また、岩谷麻優の時代、自分の手で切り開きたいと思います。ありがとうございました」

関連記事

サイト内検索

日別

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る