小峠篤司がGHCジュニア王座を防衛しNOAHジュニア全員との王座戦をぶち上げ!「ベルトを持ったチャレンジャーとして俺は挑み続けます」

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 31日、東京都・後楽園ホールにてプロレスリングNOAHが『三沢光晴メモリアル2021 in 後楽園ホール~Forever in our hearts~』を開催し、小峠篤司がGHCジュニア王座の2度目の防衛に成功した。

 今大会は2009年に亡くなったNOAHの創設者である三沢光晴さんのメモリアル大会として実施。本来であれば大田区総合体育館にて行われる予定であったが、3度目の緊急事態宣言による影響で延期となり、場所を聖地・後楽園ホールに移しての開催となった。

 第3試合では、GHCジュニアヘビー級選手権試合が行われ、小峠篤司に進祐哉が挑戦。
 序盤はスピードで勝る進が小峠にペースを掴ませず的確なサブミッションで首へのダメージを蓄積させていき、各種DDTで一点集中攻撃を展開しフロント・クラッシュで試合を決めにかかるが、小峠がこれをキックアウトして即座にキルスイッチで反撃する意地を見せる。
 勝負を焦る進の顔面にカウンターのランニングニーをヒットさせ、ムーンサルト・プレスからキルスイッチを狙う小峠だったが、進はトルネードクラッチからのクロスフェイスと反撃。しかし小峠もこれを後転して脱出し顔面へのニーキック、コウモリ吊り落とし、キルスイッチと畳み掛けて3カウント。

 王座防衛を果たした小峠の眼前へNOAHジュニア勢が次々とリングに上って来ると、吉岡世起、タダスケ、日高郁人がマイクを取って次々と小峠へ挑戦表明。小峠は「新しいNOAHジュニアを作るために全員を相手しないといけないと思ってる」として味方である正規軍の面々にも目を向けつつ、「興味あるやつ全員のランブルマッチで勝ち上がってこい!」と挑戦希望者によるランブル戦の勝者を次期挑戦者とする旨を叫んだ。

 なお、この日の第1試合では原田大輔&大原はじめがGHCジュニアタッグ王座の奪取に成功したことから、ジュニアのベルトはすべてNOAHジュニア正規軍が手にすることとなった。
 これについて小峠は「NOAHジュニア正規軍にベルトが全部来たけど、俺ら足止めたら終わりやろ?俺たちはもがき続けなアカンのや。まだまだこんなとこで満足したらアカンと思ってるし、こんなに熱くなってるコイツらとも試合したい。俺はベルトを持ってもチャレンジャースピリットを忘れてない。ベルトを持ったチャレンジャーや。俺は挑み続けます」と想いを語った。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2023年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る