なべやかんが王座戦を前にバニーガールの誘惑断ちに自信!「俺は有村昆にはならない」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 21日、都内・ベストボディジャパンスタジオにて、今月28日に新宿FACEで開催される『ベストボディ・ジャパンプロレスリング~SATSUKI 2021~』についての記者会見が行われ、なべやかんがBBW無差別級王座の初防衛に向けて自信を見せた。

 やかんは、元たけし軍団の芸人としても知られているが、パワーリフティングやベンチプレスの大会で数々の優勝経験があり、その経歴を引っさげてBBJプロレス旗揚げとともにプロレスラーデビュー。現在は同団体のエースとして活躍し、昨年8月には宿敵である元TPGのダンカン総帥率いるダンカンプロレス軍団(DPG)から団体の至宝であるBBW無差別級王座を奪還。
 さらに今年3月のDDT後楽園ホール大会にて、“親の七光り軍団”高木三四郎&納谷幸男&力&なべやかんのチームでKO-D8人タッグ王座を戴冠して二冠王となるなど他団体での実績も残している。

 今大会でやかんに挑戦するのは、前回大会で15選手参加の次期挑戦者決定バトルロイヤルを制したライジングHAYATO。
 HAYATOは弱冠22歳にして愛媛県のローカル団体である愛媛プロレスのエースとして君臨。現在レギュラー参戦中の全日本プロレスでは宮原健斗率いる“NEXTREME”の一員として活躍し、2度のアジアタッグ王座挑戦を果たすなど全日本内でも存在感を発揮する選手に。昨年にはベストボディ・ジャパンコンテストのプロスポーツ部門に出場して優勝を果たすなど、全日本の大型選手と戦っていくための肉体改造にも成果を出してきている期待の星だ。

 やかんは156cm&54kg、対するHAYATOは177cm&85kg。身長差にして21cm、体重差にして31kg、そして年齢差にして28歳と身体的なスペック差では大きく水をあけられているやかんは、「東京ではスポーツジムとかも閉まっちゃってて僕は公園でトレーニングしたり走ったりしてなんとかトレーニングしてる中、HAYATOのSNSとか見るとしっかりスポーツジムでトレーニングしてる姿がアップされてるんですよ。これはもう『ロッキー4』で言うロッキーvsドラコですよ!」と3度目の緊急事態宣言によって練習環境にも差がついてしまっていることをぼやく。
 それでもやかんは「僕はもうロッキーになった気持ちで闘っていきますよ。向こうは22歳で疲れ知らずですけど、僕も気持ちの若さで負けるつもりは全然ないですよ。俺のほうが若いってことを見せつけてやるぞ!どんなに強く打たれてもずっと前に進み続けますよ!」と自信を見せた。

 しかしライジングHAYATOには、愛媛プロレス代表でありバニーガール姿のディーバとして試合中にセクシー攻撃で撹乱してくるキューティエリー・ザ・エヒメが付いている。
 かつてエリーの胸に包まれて試合中にも関わらず骨抜きにされてしまったこともあるやかんだが、「なんかね、なぜか吸い寄せられちゃう魔法みたいのをやってくるんで、それに惑わされないように視線をそらさず、HAYATOだけを見て闘いますよ。大体ね、男と男の1vs1の戦いに女が入ってくるなんて許せないですね。アイツがいくら惑わしてきても俺は有村昆にはならない。誘惑なんかに負けないですよ!」と、不倫疑惑で世を騒がせる有村昆を引き合いに出してジョークを飛ばしつつエリー対策にも自信。
 そして「アリコンごめんね(笑)全然仲悪くはないんで許してください(笑)」とフォローを入れて会見を締めた。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る