冷静なKO-D無差別級王者・秋山準の前で挑戦者・HARASHIMAが「絶対負けられない。しっかり結果を残します」とベルト獲り誓った!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

CyberFightが5月17日、「CyberFight Festival 2021」(6月6日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)に向け、同所で3大タイトルマッチの調印式を行い、「トリプルメインイベントⅡ」で、秋山準が保持するKO-D無差別級王座に挑戦するHARASHIMAがベルト奪取を誓った。

HARASHIMAは「今回GHCヘビー、KO-D無差別級に出る自分以外の3選手は、新日本、全日本、ノアというメジャー団体で素晴らしい実績を残してきています。僕はもうプロレス界に入った道から何から、全然違いますけど、だからこそそこにも負けたなくて、絶対勝ちたいと思ってます。秋山選手は竹下(幸之介)、遠藤(哲哉)、樋口(和貞)、(男色)ディーノ、たくさんの選手に勝ってきている強い選手です。DDTを昔から知る身として、絶対負けられないと思ってます。あと、『サイバーファイトフェスティバル』、僕のなかではDDT最大のビッグマッチと思ってるので、昔から見てるファンのためにも、しっかり結果を残します」とコメント。ふだんあまり大口を叩かないHARASHIMAが、これほど“勝利”を連発するのは異例ともいえ、半端ない気合の入り具合を垣間見せた。

 対する秋山は「DDTのアイコンの一人、HARASHIMA選手とやって、勝ったらDDT制圧みたいな感じになってますけど、僕も一応所属なので。もちろんHARASHIMA選手に勝つことも大事なんですけど、いい試合をして、『DDTの試合はこういうもんなんだ』ということも見せていきたいと思います。何よりサイバーファイトがこれからもっと上に行けるように、チャンピオンとして責任をもってタイトル戦を務めたいと思います」と話した。

 これまでの前哨戦を闘ってきた印象として、HARASHIMAが「何回も当たってきて、タッグのタイトル戦もやってますけど、非常にうまいし、見せてない部分がまだまだある」と言えば、秋山は「見た目はさわやかな笑顔、ジェントルマンですけど、試合になると割とそういう部分がなくて。負けちゃいけないとか、そういう強い部分が出てくる選手。僕もこういう選手は好きなので。DDTはどうしても、おもしろいとか楽しいとか、そういう部分が強調されると思うんですけど。彼とならガッチリしたプロレス、魅せるプロレスができるんじゃないかと思います」と分析。

 両者には体格差があるが、HARASHIMAは「サイズの違いは感じます。身長、体重、あと骨太さというか、サイズの違いは感じますけど、自分はそういう相手ともいっぱい闘ってきているので。攻め方はいくらでもあるし、相手が大きくて強い分、僕はガッチリ技にいくだけです」と問題とせず。秋山は「HARASHIMA選手にかぎって言えば、やっててそんなに小さいとか、そういう感覚はないですね。そう感じる選手もいるんですけど、HARASHIMA選手にかぎってはそんなに感じない。たぶん彼が一つ一つのことを力強くやってきているからだと思うんですけど。いい勝負になると思います」と話した。

 試合順がGHC戦より先になったことについて、HARASHIMAは「DDT最大のビッグマッチと捉えていて、今までDDTのビッグマッチはKO-D無差別級がすべての大会のメインを務めてきています。今回はそうじゃないけど、そのなかで最高の試合をすればいいと思ってます」と力を込めた。秋山は「僕は昔からメインがどうのこうのはそんなになく。いつも、その日一番の試合をしてやろう、メインを食ってやろうと思ってたので。今回もメインにプレッシャーを与えるような試合をしたいと思ってます。それには僕だけじゃなくて、HARASHIMA選手の力も必要ですし、『これがプロレス』というような試合をしたいと思います」とキッパリ言い切った。

「KO-DがGHCを乗り越えるチャンスでは?」との問いに、秋山は「本当にKO-Dが乗り越えられるとなったら、僕じゃなくて、純粋にDDTから育った選手がチャンピオンになったときだと思うんです。僕はいい試合をして、一番になったら、それはKO-Dがってなると思うんですけど、たぶんそうではないと思います」と語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る